東京未来大学

オープンキャンパス開催中! 詳細はこちら

デジタルパンフレット

入学案内等の資料を
Web上でめくって見ることができます。

入学案内 パンフレットを見る

入学案内 パンフレットを見る

東京未来大学の特長FEATURES

あなたを動かすしくみがある。
社会が求める人財を育てる24の
「しくみ」があります。

6つのテーマ、24のしくみが、
整っています。

知識だけではなく、『人間力』が豊かな“人財”を育てたい。そこで、具体的な育成テーマにもとづく『しくみ』を設けました。しっかりとした計画と体系があってこそ、人は育ちます。
「隣にあの人がいてくれたらなあ」「あの前向きな姿勢がチームに元気をくれる」と期待される人。自然とまわりにやる気に満ちた仲間が集まってくる人。そんな“人財”へと、あなたを育てます。最上のスキルは、人に慕われる人間力だと考えます。

THEME1

大学4年間を
濃く生きる

  • エンロールメント・
    マネジメント
    入学前から卒業後まで。生涯にわたり学生の人生をサポート。
  • TFU人材育成
    プログラム
    学業とプロジェクト。両輪で走るからこそ、生きた学びに。
  • スタートアップ
    セミナー
    あいさつからチームビルディングまで。入学前に学ぶ社会人への第一歩。
  • 担任のいる
    クラス制
    居場所があるから、安心できる。自由に学べる。

閉じる

THEME2

柔軟な思考力・
学力を養う

  • 3分野の複合学習
    心理・コミュニケーション、経営、教育。異なる分野の学びが視野を広げる。
  • 興味・関心を
    伸ばす学問領域
    好きが見つかる。夢中になるための扉と階段がある。
  • アクティブ・
    ラーニング
    頭も心も体も動かす。主体的に学べる体験型授業。
  • 「大学基礎講座」
    「成功の法則」
    1年次必修の授業で自立的な成長のための土台づくりをする。

閉じる

THEME3

企業・組織で
役立つスキルを学ぶ

  • チームマネジメント
    (三幸フェスティバル)
    人・組織・物事を動かす難しさと面白さを体感する。
  • 経営・事業運営
    (未来祭)
    予算獲得のプレゼンテーションからスタートするというリアリティ。
  • 企画・広報
    (キャンパスクルー)
    オープンキャンパスで大学の魅力をPR。語る力・伝える力を鍛える。
  • 課題解決
    (プレゼンテーション大会)
    企業に対して企画提案。社会で通用する実践力を磨く。

閉じる

THEME4

自分らしさを
伸ばし就職する

  • 1年次からはじまる
    就職支援
    半期に一度の個別面談を通じて、学生の可能性を伸ばす成長プランを。
  • 計画的な就職活動のための
    キャリアガイダンス
    自己分析から業界研究まで。「働く」を意識する日常を。
  • 未来大
    就活アカデミー
    就職活動に本気で取り組みたい学生向けの“就活塾”
  • 資格取得
    サポート
    学部で目指せる資格から+αの資格まで。未来への堅実なステップアップ。

閉じる

THEME5

大人とふれあい
深く対話する

  • キャンパス
    アドバイザー制度
    なんでも相談できる大学生活の伴走役。
  • 少人数ゼミ
    教員との会話の濃さが違う。学びの充実度が違う。
  • 1・2年生向け業界研究
    「キャリアカフェイベント」
    様々な業界で活躍する社会人の方に、実際に働いてみないとわからないことを聞く。
  • 人材育成に
    コミットする教員陣
    学生の成長を本気で考え行動する教員しかいません。

閉じる

THEME6

フィールドを
飛び出して
挑戦する

  • インターンシップ
    1年次から、有名大手企業や、地元企業で就業体験。
  • 地域連携プロジェクト
    足立区を中心とした近隣地域と連携しイベントなどを企画・運営。
  • 産学連携プロジェクト
    たとえば、地元企業とタッグを組み、ヒット商品を目指す。
  • 海外留学プログラム
    年齢や国籍を越えた異文化体験で視野を広げる。

閉じる

キャンパスアドバイザーを
中心とした3方向からの
サポート体制

キャンパスアドバイザー(CA)は、
あなたの長所と伸ばし方を知っている。
そんな成長パートナーをめざしています。
授業中心の「教学」と、「プロジェクト」の両輪を回し続けることで学生の人材育成を行っています。
プロジェクトを通じて、小さな成功体験をくり返し、少しずつ自信をつけていく。仲間と助け合うなかでチームワークの大切さを知る。一歩踏み出して挑戦することが、またひとつ自分を成長させる。
  • 学生一人ひとりの強みや可能性を見つけ、それぞれに合った成長機会の提供・サポートを行う。

  • 半期に一度、個別面談を実施。この半期での目標、挑戦したいことなど、本人の成長計画を一緒に考える。

  • 学修の過程や成果などを記録・蓄積する「ポートフォリオ」。1・2年次は必修授業を通じて毎週作成。これにより、PDCAサイクルをまわす習慣づけができます。

続きを読む

PAGETOP