こども心理学部

HOMEこども心理学部心理専攻心理学って奥深い!

心理専攻

心理学って奥深い!

1・2年次に様々な領域の心理学を幅広く学びます。
3・4年次の学びは、知識のインプットだけでなく、実践的な学びが多いことも特徴の一つです。
「発達心理学」「臨床心理学」「認知心理学」「社会心理学」の中から1つ選び、
4年次の卒業論文作成に向けて興味のある研究テーマを深めていきます。

[ 発達心理学 領域 ]

親子・子育ての心理学
妊娠、出産、そして、誕生から大人になるまでの一生涯を研究対象とする学問です。各ライフステージで起こりうる問題について、そのメカニズム、個人的要因、社会的要因などを検討。発達に関連する事象であれば研究対象となり得るので、研究テーマは多岐に渡ります。

赤ちゃんの心理、子どもの心理。
ココロって、どう成長するの?

Keyword
親子関係/子育て/発達障がい/コミュニケーション/ 支援/ ひきこもり/人材育成/
スクールカウンセリング/働く人のメンタルヘルス/スポーツメンタルトレーニング

学生VOICE
藤後悦子ゼミ

粟井 風夏さん

発達について考えると、長い人生が見えてきた。
大学1年の時に姪っ子が生まれて、発達心理学に興味を持つように。商業モール内の子ども施設でのアルバイト、発達段階を見極めてぴったりの遊びを提案できた時、学びが役立っているなと実感します。今は卒論に向けて親子関係について調査中。授業で実際にお子様が引きこもりになったお母様に話を聞かせていただいたりして、発達を考えることは人生を考えることだと思うように。視野が広がったことで、人材系の仕事にも興味が出てきました。
粟井 風夏さん
こども心理専攻 4年/宮城県 私立仙台育英学園高等学校出身

卒論
テーマの
  • 青年期の孤独感がもたらすそれぞれの“居場所”の獲得について
  • ペット飼育経験の有無が家族機能に与える影響について
  • 小学生にゲームが与える影響
  • スポーツファンとアニメファンにおけるファン心理の違い~没入と一体感願望の観点から~

[ 臨床心理学 領域 ]

こころのケア・カウンセリングの心理学
人のこころの問題を心理学的理論・方法を用いて援助・研究するための学問です。さまざまなこころの問題の実態や意識、および、その関連要因についての研究、アセスメントや支援法などについての研究を行います。病院などの医療機関から、現在は学校や企業など活動範囲が広がっています。

カウンセリングで
どんな
効果がある?

Keyword
心理療法/心理アセスメント/コミュニティ援助/不登校/いじめ/うつ/不安/トラウマ/
パーソナリティ障害/病院臨床/親子関係/愛着

学生VOICE
井梅由美子ゼミ

津田 和奏さん

一人っ子なので、きょうだいの心理に興味津々。
友人とうまく会話ができず、自分の力不足だと思っていたけれど、後々「あの子は発達障がいだったのかもしれない」とわかることがあります。臨床心理学では具体的な事例を学ぶことが多いので、物事を客観的に見て整理する癖がついて自分の行動も変わりました。一人っ子なので、第一子と第二子の母親への愛着の違いなどに興味があったのですが、論文を読んで解決したので、卒論は一人っ子の自己形成について調べているとこ ろです。
津田 和奏さん
こども心理専攻 4年/東京都立 翔陽高等学校出身

卒論
テーマの
  • 部活動における対人関係と自尊感情との関連について
  • 恋愛相手と結婚相手に求める特性に関する研究
  • 児童期のいじめ経験と大学生活との関連
  • 家族関係が大学生のコミュニケーション・スキルに及ぼす影響

[ 社会心理学 領域 ]

人とのつながり・コミュニケーションの心理学
社会環境・対人環境が個人の認知・行動にどのように影響するのかを、実証的に研究する学問です。自己やコミュニケーションなどの個人を対象にする研究から、小集団関係、文化等の集団を対象にする研究まで、様々なテーマを深めることができます。

みんなと
違う意見を
言いにくいのは
なぜ?

Keyword
対人印象/パーソナリティ/自己概念/文化/集団/対人関係/しぐさ・装い/苦手意識/
コミュニケーション/説得/社会的スキル/承認欲求/対人ストレス/友人関係/恋愛

学生VOICE
日向野智子ゼミ

鈴木 美帆さん

男同士と女同士、仲直りしやすいのはどっち?
対人関係やコミュニケーションなど、苦手分野を克服できるかもしれないと社会心理学に興味を持ちました。「ストレス・マネジメント論」の授業では、楽観的に考える人の方が負荷が少ないという研究結果が。悲観的になりがちな私は真逆。性格は変わらないけど、対処の仕方は学べます。卒論のテーマは対人葛藤。男子はケンカしても仲直りしやすいけど、女子はこじれると関係修復が難しいという仮説を立てたりしながら進めています。
鈴木 美帆さん
こども心理専攻 4年/私立屋久島おおぞら高等学校出身

卒論
テーマの
  • SNS依存と対人依存の関係
  • だてマスクと対人不安
  • 異性からの容姿に対する主観的他者評価と異性不安との関連
  • 男性の眉毛における印象形成

[ 認知心理学 領域 ]

見る・覚える・考える心理学
知覚(見る、聞くなど)、記憶(覚える)、思考(考える)など、知的な働きのメカニズムを研究する学問です。「記憶」では、覚える、忘れるなどの現象を扱います。「創造性・熟達化」では、新しいものを考えて作る、そのプロ(熟達者)になる過程などを考えていきます。

ガヤガヤした場所でも自分の名前が呼ばれたことに気づくのはなぜ?

Keyword
五感/イメージ/記憶/知能/創造性/情報処理/思考/問題解決/熟達化/学習

学生VOICE
横地早和子ゼミ

佐藤 彩音さん

色やデザインが心に与える影響って面白い。
高校生の頃、漫画『ピーナッツ』に出てくる少年ライナスがいつも毛布をもっているのが気になって、調べると心理学の愛着の一種だと知りました。何かに執着することで安心感を得ている。興味が深まりました。大学に入ると、錯覚や五感などに興味を持つようになり認知心理学のゼミへ。色にも心理作用があると学び、初対面の人と会う時はやわらかい色の服を着ようなど意識するように。卒論は「テンポが作業効率に与える影響」について調べています。
佐藤 彩音さん
こども心理専攻 4年/東京都 私立駒込高等学校出身

卒論
テーマの
  • 自動販売機の色がペットボトルの購買行動に与える影響 
  • 印象形成において顔の表情の与える影響
  • 大学生のファッションに対する価値観
  • 色の違いでパッケージに与える印象の違いについて


ページトップへ