モチベーション行動科学部

HOMEモチベーション行動科学部授業紹介

授業紹介

モチベーションに関するこれまでの研究に基づいて、
「心理・コミュニケーション」「経営」「教育」の3分野を複合的に学びます。
日常や仕事などあらゆる場面でみられる「モチベーション(やる気、意欲)」について多角的に学びます。
組織やコミュニティが抱える課題の解決に役立つ実践的な理論と知識を身につけるために、多種多様な科目を開設しています。

解決型の授業

たとえば恋のモヤモヤ

大好きなあの人の前にいると
いつもドキドキして
顔が赤くなっている気がする。
この気持ち、
バレていないかな!?

あの子とはクラス替えで
知り合ったばかり。
告白しても大丈夫かな?
どうやって気持ちを伝えたら
うまくいくんだろう?

磯 友輝子先生

「コミュニケーションの心理学」磯 友輝子先生
私の授業では、対人関係のなりたちや私たちが何気なく行っているコミュニケーションについて学びます。人はなぜその言葉、ジェスチャー、人との距離、視線を選ぶのか。それはまた、どんな印象を与えるのかを心理学の視点から探ってみましょう。人とのコミュニケーションのとり方に、気づきを得ることができますよ。

たとえばやる気のモヤモヤ

「意志が強い」
そう思っている人ほど、
誘惑に弱いって、ホントですか?

やることリストも
計画も完ぺき!
なのに…
やる気が全く起きない
どうした!?ジブン?

角山 剛先生

「モチベーション論Ⅰ・Ⅱ」角山 剛先生
私の授業では、モチベーション=やる気をコントロールする方法を伝授します。夢や目標のために勉強したり努力したりしなきゃいけないのに、まったくやる気が出ない。チームをいい方向に動かしたいのに、どうふるまえばいいかわからない。そんな悩みを抱えるあなたのために、心理学を通じて乗り切るための方法を教えます。

たとえば買い物のモヤモヤ

すでに「買ってしまった」のに、
CMにひきつけられてるパパ。
どうして?

買う予定はなかったのに、
店内を一周したら
カゴいっぱいに商品を
入れていた私。
コワイよ~。

渡邊 隆之先生

「消費者の行動と心理」「マーケティング」渡邊 隆之先生
現代社会に生きる私たちには、さまざまな欲求、ニーズがあります。ですが、自分自身が何を欲しいのか、よく分からないことが実は多いのです。ニーズを発掘し、創造するために、企業はあの手この手で新商品を開発したり、新しい広告手法にチャレンジしたり。なぜ消費者はそれを選ぶのか、なぜ企業はそのようなメッセージを発信するのか。その隠された背景や理由を、刺激的に学びましょう。

たとえば集団のモヤモヤ

クラス替えで
アノ子と違うクラスに。
すごく仲がよかったのに
なんだか話しかけづらくなった。
なんでだろう?

みんなで話しあえば
いいアイデアが出ると思ったのに、
ありきたりの発想ばかり。
なにがいけなかったの?

埴田 健司先生

「社会・集団・家族心理学B(集団)」埴田 健司先生
人は一人の時と集団でいる時とで判断や行動が変わることがよくあります。たとえば、周りの人の意見に流されて自分の意見を変えてしまったり、みんなと一緒に勉強する時のほうがはかどったり。仲のよかった人と違うクラスになったとたんに、なんだか疎遠に感じることも。集団における人の判断や行動の法則性を学んで、集団のモヤモヤを晴らしましょう。

たとえば勉強のモヤモヤ

勉強しないから、
何がしたいかわからない。
勉強したら、したいことが
見えてくるんだって。
ほんとうかなあ?

イケメン男子と同じクラスだと、
はりきって勉強しちゃうワタシ。
ダメ女子でしょうか?

小林 寛子先生

「教育・学校心理学A」小林 寛子先生
人が学ぼうと思う動機にも、いろいろあります。知りたいという充実志向。将来の仕事に活かしたいという実用志向。また、ご褒美をもらうためという報酬志向や、友達につられてという関係志向もあるでしょう。報酬志向や関係志向のような学習内容とは関係のない動機も、学習を始める良いきっかけとなります。学習を始めてみればそのおもしろさに気づき、新たな学びたい動機も出てくるかもしれません。

ページトップへ

モチベーション行動科学部のカリキュラム

モチベーションに関するこれまでの研究に基づいて、「心理・コミュニケーション」「経営」「教育」の3分野を複合的に学びます。

カリキュラムの概要と4年間の流れ

心理学を中心として学び、さらに経営学・教育学を学びます。自分の興味や希望進路に合った履修が可能です。組織やコミュニティが抱える課題の解決に役立つ実践的な理論と知識を身につけるために、多種多様な科目を開設しています。

[ 一般教育科目 ]

  • 教養科目群
  • スポーツ科目群
  • 情報処理科目群
  • 外国語科目群
  • 憲法

[ 専門教育科目 ]

専門教育科目

[ キャリア科目 ]

  • 主体的な進路選択、キャリアプランに応じた履修
  • 就職活動に向けたキャリア指導

[ ゼミ・演習 ] 基礎演習・専門演習・卒業研究

1年次から4年次の演習ステップ

学内で学ぶ(基礎)

学外で学ぶ(応用)

1年次:基礎演習Ⅰ・Ⅱ

モチベーション行動科学を研究する意義を理解する。研究の基礎となる能力(問題把握・論文読解)を身につける。

2年次:基礎演習Ⅲ・Ⅳ

心理・経営・教育の各領域における研究方法・研究成果と社会とのつながりについて、実践を通して学ぶ。

3年次:専門演習Ⅰ・Ⅱ
<ゼミ配属>

  • 心理
    領域
    ゼミ
  • 経営
    領域
    ゼミ
  • 教育
    領域
    ゼミ

4年次:卒業研究

各自の問題意識に基づいて卒業研究を完成させ、発表する。

春学期 秋学期
基礎演習Ⅰ 基礎演習Ⅱ
モチベーションの観点から社会を見つめなおす。(生活の中で起こるモチベーションの問題を意識、調べ学習を行う) 研究と社会とのつながりを理解する。(基礎演習Ⅰで明らかとなった問題に研究がどのように関われるのかを、論文講読を通して学ぶ)
春学期 秋学期
基礎演習Ⅲ 基礎演習Ⅳ
心理・経営・教育の研究意義と方法を学ぶ。 心理・経営・教育の研究成果と社会とのつながりを学ぶ。
春学期 秋学期
専門演習Ⅰ 専門演習Ⅱ
各ゼミに分かれ、卒業研究に向けて専門的な学びを深める。フィールドワークや産官学連携活動等を通じて、社会とつながる研究を志す。
春学期 秋学期
卒業研究
学内で理論を学び、学外で実践を通して学ぶ。

複数の教員が演習を担当。
心理・経営・教育、に触れる。

学内で理論を学び、学外で実践を通して学ぶ。

Close Up! [基礎演習Ⅰ・Ⅱ]学び方のイメージ

  • 1
    グループ課題の設定

  • 2
    教員による専門分野の情報提供

  • 3
    グループで文献・資料研究

  • 4
    複数の研究室訪問・教員からのアドバイス

  • 5
    さらなる文献・資料収集

  • 6
    レポート作成

  • 7
    発表

卒業論文テーマ例

  • プリンセス思考が若年層女子の結婚様式に与える影響
  • マーケティング視点から見る織田信長の政策
  • ディズニーブランド構築と接客力~世界観の創出と人材育成~
  • 大学生の購買行動に関する心理学的研究 -先行情報が商品イメージに与える影響について-
  • 大学生の友人関係満足感とコミュニケーション能力および自尊感情との関連性
  • 各国のオリンピックの特徴と経済成長との関係性 -2020東京オリンピックに向けてどう活かすか-

ページトップへ

モチベーション行動科学部の授業紹介

今までにない人材を育てるために、今までにない授業を実践しています。

開設授業科目一覧

年次 1年次 2年次 3年次 4年次
一般教育科目 教養科目群 自然科学 生命科学/化学/数学/天文学/物理学/脳科学      
人文 哲学/言語学/宗教学/文化人類学/文学 ・歴史学    
社会 経営学/政治学(国際政治を含む)/社会学/経済学/法律学(国際法を含む)/会計学      
スポーツ科目群 ・体育実技A(体育実技Ⅰ)
・体育実技B(体育実技Ⅱ)
・レクリエーション論
・レクリエーション援助技術
・体育理論
   
情報処理科目群 ・情報科学概論
・情報処理基礎Ⅰ(機器操作を含む)
・情報処理基礎Ⅱ
・情報処理応用A
・情報処理応用B
・ワープロ総合演習
   
外国語科目群 ・英語Ⅰ
・英語コミュニケーションⅠ
・リスニング
・英語Ⅱ
・英語コミュニケーションⅡ
・アカデミック・リーディング
・アカデミック・リーディング&ライティング
・中国語/韓国語
・フランス語/ドイツ語
・ビジネス英語  
憲法 ・日本国憲法      
専門教育科目 心理・コミュニケーション
科目群
・心理学概論
・心理学研究法
・社会・集団・家族心理学A(社会)
・心理学統計法
・臨床心理学概論
・発達心理学
・心理学実験
・社会・集団・家族心理学B(集団)
・モチベーション論Ⅰ
・心理学的支援法
・学習・言語心理学
・感情・人格心理学A(人格)
・量的解析法
・知覚・認知心理学
・モチベーション論Ⅱ
・コミュニケーションの心理学
・心理的アセスメント
・心理調査課題演習(フィールドワーク)
・心理調査概論
・質的分析法
・感情・人格心理学B(感情)
・福祉心理学
・産業・組織心理学
・クリティカル・シンキング
・社会・集団・家族心理学C(家族)
・健康・医療心理学
・ストレスマネジメント論
・コミュニケーション・スキル
・ポジティブ心理学
・心理演習
・エイジングの心理学
 
経営科目群 ・暮らしと流通
・国際政治
・企業と管理
・マーケティング
・経営学概論
・国際法
・地域と社会
・グローバルビジネス
・経営戦略
・売場の科学
・消費者の行動と心理
・簿記
・多文化共生社会論
・国際経済
・人間の行動と都市
・人的資源管理
・企業と社会的責任
・公共サービス論
・まちづくり論
・ビジネスプランニング
 
教育科目群 ・日本史Ⅰ/日本史Ⅱ
・倫理学
・コンピュータと人間の接点
・地域教育支援論
・教育・学校心理学A
・異文化コミュニケーション
・教職論★
・教育学概論
・国際理解教育論
・外国史Ⅰ/外国史Ⅱ
・教育課程論
・道徳教育の指導法★
・教育の方法及び技術
・コンピュータネットワーク
・海外文化交流
・生涯学習論
・教育制度論
・特別活動の指導法★
・地域史論
・NPOと市民活動
・コーチング
・地理学Ⅰ(地誌を含む)
・人文地理学
・教育福祉論
・クラスマネジメント論★
・社会教育とシティズンシップ
・地理学Ⅱ
・生徒・進路指導論★
・教育相談
 
キャリア科目 ・プレゼンテーションⅠ
・プレンテーションⅡ
・カレッジ&キャリアスキルズA
・カレッジ&キャリアスキルズB
・キャリアモデル・ケーススタディ
・地域連携Ⅰ/地域連携Ⅱ
・キャリアデザインA
・キャリアデザインB
・キャリア形成論
・事例で学ぶビジネス
   
演習科目 ・基礎演習Ⅰ
・基礎演習Ⅱ
・基礎演習Ⅲ
・基礎演習Ⅳ
・専門演習Ⅰ
・専門演習Ⅱ
・卒業研究
他学部開講科目 ・少年非行の心理学
・障害者・障害児心理学
・神経・生理心理学 ・司法・犯罪心理学
・教育・学校心理学B
 
課程外科目   ・社会科教育法Ⅰ
・社会科教育法Ⅱ
・公認心理師の職責
・社会科・公民科教育法Ⅰ
・社会科・公民科教育法Ⅱ
・介護等体験
・関係行政論
・人体の構造と機能及び疾病
・精神疾患とその治療
・教育実習事前事後指導
・教育実習Ⅰ
・教育実習Ⅱ
・教職実践演習(中・高)
・心理実習

★印は教職課程履修者のみ(履修制限あり) ※カリキュラムは変更する場合があります。

ページトップへ

授業 Pick up!

モチベーションの高め方の理論
「モチベーション論」
目標設定とモチベーションとの関係、内発的動機づけなどを理論的に学習。日常生活の中でモチベーションを強化する方法など、モチベーション・マネジメントの方法を身につける。
人生が充実する思考と行動
「ポジティブ心理学」
人生をより充実させ、心身ともに健康で生きるための思考や行動とは何かを学ぶ。感情の仕組み、対人関係のあり方、コミュニケーション技法などを通じて、心理学的な視点から考察する。
表現力と論理的思考力を養う
「プレゼンテーション」
就職活動や社会人生活に不可欠なコミュニケーション能力の向上をはかる。実践的なプレゼンテーションを通じて、自己の意思や考えを伝える力、話を深く聴く力を磨く。また、ディベートを通じて、論理的に自分の考えを主張する力を養う。1年次必修のキャリア科目であり、半期15回の授業の集大成として、プレゼンテーション大会がある。

プレゼンテーション大会

アイデア、理論、表現力。
学生の数だけ、いろんなプレゼンがある。
プレゼンは高校でも経験していたので、少しだけ自信はありました。
しかしクラスメイトのプレゼン内容にびっくり。未来大の校舎の大改造計画(!)など奇想天外なプラン。でも、それくらいの大きな発想で考えることは私にはできないこと。すごいと思いました。
本番はモチベだけでなくこども心理学部の学生たちも一緒。ここでもまたびっくり!ふんわり投げかけるような言い方なんです。すっと心に入ってくる。制限時間内にいかにテンポよく主張を伝えるかを考えていた私。いかに伝えるかではなく、いかに聞いてもらえるか。プレゼンにおいて最も大事なことを学んだ瞬間でした。

薄井 沙奈さん
薄井 沙奈 さん
2年 / 茨城県立 水戸第二高等学校出身



ページトップへ