こども心理学部

HOMEこども心理学部リアルボイス

リアルボイス

東京未来大学は、ホンネで語りあう大学です。

月館 日南

体が小さいなら、大きく動けばいい。
失敗したなら、うんと学べばいい。
第一志望も、第二志望も不合格。受験が失敗続きで、消極的になってしまった高校時代。そんな自分を変えたくて、未来大へ。
体が小さいので、三フェスのパフォーマンスや先輩の卒業式での合唱では、大きく見えるように頑張りました。最近、怖がりで自信がなかった自分が変わってきた。片道2時間の通学路、毎日ウキウキしています。
月館 日南
こども保育・教育専攻 3年
東京都 私立国本女子高等学校出身

髙梨 賢一朗

いよいよお別れです。
子どもたちからのサプライズ。
当日までの気づかないフリ、大変でした。
3年間通った、足立区の辰沼小学校。
教育実習で担当した4年生の子どもたちとも、3年目の付き合い。
みんなからの手紙、一生の宝物にします。
髙梨 賢一朗
2017年度 こども心理学部卒業生
東京都 私立大原学園高等学校出身

小池 詩音

キッズコーチの資格に、趣味ではじめた演劇。
ビックリするほど役立つ心理学。
仕草やさりげない行動にも、意味がある。心の動きが表れる。
キッズコーチの資格をとったり、劇団で演劇やってみたり、心理学が予想以上にいろんな所で役に立つと実感してビックリ。
相手のことがよりわかるようになったら、自分がすべきこともわかるように。行動するのが楽しくなってきた。これからチャレンジする就職活動も楽しみです。
小池 詩音
こども心理専攻 4年
静岡県 私立常葉大学附属常葉高等学校出身

鈴木 千秋

小学校の教員採用試験。挑むために、立ち止まってみた。
3年生の8月から、小学校の教員採用試験に向けて猛勉強中。
ボランティアに、実行委員に、キャンパスクルーの代表…。
何でもやりがたりの私が、勉強一本の生活になって思うことは、私は人の相談にのったり、人とつながることが好きなんだということ。
ロケットのような勢いで駆け回っていた頃にはわからなかった、立ち止まったからこそわかる、新しい自分が見えてきた。
鈴木 千秋
こども保育・教育専攻 4年
福島県立 いわき総合高等学校出身

蔦 美由季

言葉がなくても
表情で話すことができる。
教えてくれたのは子どもたちです。
実習で笑顔をほめていただきました。
子どもたちの言葉にならない声も。視界に入っていない時の安全も。
ぜんぶを汲み取って、守ってあげられる先生になりたい。
蔦 美由季
こども保育・教育専攻 4年
千葉県立 柏の葉高等学校出身

佐野 周冴

高校野球みたいな熱狂、この大学にはあります。
未来祭クラス委員に、三フェス実行委員。
苦楽を共にしてきた仲間と、涙を流すような熱い瞬間があった。
死ぬほど頑張ったけど届かなかった夢もあった。
うまくいかなかったことも含めて、無駄なことなんて一つもなかった。
いまは将来のための就活アカデミーで、100本ノック頑張っています。
佐野 周冴
こども心理専攻 4年
茨城県 私立つくば国際大学東風高等学校出身

渕上 京花

やらずに後悔する方が100倍ダサい。
「やらなかったら、一生後悔するよ」友人の言葉にハッとした。
立候補なんて、ダサいと思っていた。
でも、やらずに後悔する方が100倍ダサい。
未来祭を終えて、「京花さんが実行委員長でよかったです」と言ってくれた後輩がいた。やってよかった。でも、ここで燃え尽きるのは超ダサい。
私の人生の本番は、これからだから。
渕上 京花
こども保育・教育専攻 4年
栃木県立 栃木商業高等学校出身

馬場 あかね

明るく、元気、前向きニンゲン。
なんでもソコソコできるけど
それじゃ、足りない。
先生は、私の強みも弱みもぜんぶお見通しです。
自分の目標や成長の振り返りなどを書き込むポートフォリオというシートがあります。私の書き込みに、スペースいっぱいにコメントを書いてくれるCAの先生。見るたびに、力が湧いてくるから不思議です。
馬場 あかね
こども保育・教育専攻 2年
千葉県 私立東京学館浦安高等学校出身

山﨑 侑

絵本えらびは、楽しい。
子どもたちがワクワクするのは、もっと楽しい。
絵本を出すタイミング。
季節感の演出方法。
集中して見てもらうための工夫。
絵本は奥深い。だから、もっと知りたい。もっと上手になりたい。
山﨑 侑
こども保育・教育専攻 3年
東京都立 本所高等学校出身

久保田 有結

理想論だと笑う人もいるかもしれない。
それでも目指した、755人の三フェス。
仲間にまみれてワイワイ頑張るのが好きだった。トップはそうはいかない。
自分でなんでもやりたくなっちゃうタイプ。それじゃ、755人は引っ張れない。
自分を変えようとすればするほど、自分じゃなくなる気がして怖かった。毎日、泣きながら帰宅した。「去年の有結さんと違いますね」後輩の言葉にハッとした。自分じゃない誰かに無理になろうとしなくていい。私は私を生きていく。
久保田 有結
こども心理専攻 4年
栃木県立 佐野高等学校出身

飯田 愛璃

自信がない人間なので、
リーダーの器じゃないと思っていました。
突然やることになった三フェスパフォーマンス部の部長。リーダーとしての正解がわからずに、最初は戸惑うばかり。でも、先頭でグイグイ引っ張れなくても、人の気持ちを汲み取るタイプのリーダーでもいいんだって気づいた。今はもっと自信をつけたい。余裕のある大人になりたい。
負けず嫌いの私が、動きはじめた。
飯田 愛璃
こども保育・教育専攻 3年
茨城県立 土浦湖北高等学校出身

村上 光樹

優しくしてあげる、の
「あげる」ってなんだ?
「子ども臨床心理学」の授業で、障がい児について学んでいて気になったこと。
この言葉には、ちょっとした上下関係の意識が潜んでいること。
深く考えるとはどういうことなのか、最近少しずつわかってきた気がします。
村上 光樹
こども心理専攻 2年
岩手県 私立盛岡中央高等学校出身

比嘉 花音

将来は園長先生になりたい。
自分の好きな園をつくるって、楽しいと思うんです。
どんな園にしようか、時々、母に話しています。
比嘉 花音
こども保育・教育専攻 3年
東京都立 豊島高等学校出身

日木 紋

三井住友銀行のインターンシップに参加して、
自分の力をもっと試してみたくなった。
自分を人見知りだと思っていた。でも、初対面の相手にも意見を言える。
日本全国の名だたる大学や経済学部の学生にまじって、事業計画書や決算書も扱うような実践的ワークに取り組む5日間。やってみなくちゃわからない。
小さな自信がつきました。金融業界にも興味が出てきた。「この人だったら任せられる」と信頼される社会人になりたい。
日木 紋
こども心理専攻 4年
東京都 私立錦城学園高等学校出身

新井 芽梨香

児童相談所で働きたい。
心理を学んで、夢が目標になった。
高校の家庭科の授業で、児童相談所の存在を知りました。
子どものそばで成長を見守る保育士さんも魅力的だけど、悩みをケアする児童相談所の方が自分らしいかもしれない。目指すのなら、しっかり学びたいと考え未来大へ。
心理学を学ぶと、人の心を理解することの難しさを実感します。要領がいいタイプではないので、努力あるのみ。
公務員試験に向けた準備もはじめました。
新井 芽梨香
こども心理専攻 3年
東京都 私立大東文化大学第一高等学校出身


ページトップへ