こども心理学部
こども心理学科

こども保育・教育専攻

こども保育・教育専攻では保育士幼稚園・小学校の先生をめざせます
保育士と幼稚園教諭、小学校教諭の免許だけじゃない。心理学の知識も手に入ります。

こども保育・教育専攻 
小幼履修モデル

小学校教諭をめざせます。3年間、おなじ小学校で現場体験できます。
そんな大学は、ほとんどありません。

Point【本学独自のカリキュラム】50時間 小学校学習支援ボランティア

現場で実践力を磨ける、ボランティア・実習カリキュラムです。2年次より足立区の小学校で計50時間以上、子どもたちに学習サポート役として向き合います。そして4年次の教育実習も、同じ学校。同じ環境で長く学ぶチャンスを得られるので、〈現場での実践〉と、〈大学で得た理論〉を融合させ検証する機会も豊富。最長3年間、子どもたちの成長を見続けられるという喜びを味わえるのも、本学ならではの特徴です。

Topics週に1 度のキャリアガイダンスで、教員採用試験対策を実施。
筆記試験対策、小論文・面接対策で苦手を克服。

3年次から毎週1回キャリアガイダンスを実施。教員採用試験の傾向をとらえ、試験に向けてのポイントを学びます。また、二次試験対策として、小論文や面接対策も実施するなど、試験に向けての準備を計画的に進めていくので安心です。

【Voice】

この春から先生になる先輩のみなさん
東京未来大学で小学校教諭をめざしてよかったと思うことは?

未来大でよかったVOICE 1
50時間ボランティア

馴染んだ環境での教育実習。中身に集中できる。

大学2年生の時からボランティアで通った小学校での教育実習。実習最終日は子どもたちが泣いて帰らないので校門までお見送り。クラスと良い信頼関係が作れたことが自信に。

未来大でよかったVOICE 2
心理学

子どもの発達に関する心理学の専門知識が役立つ。

「この子は他の子より自己肯定感が低いように感じるから、少しでもできたらほめてあげよう」など大学の授業で学んだ発達心理学の知識が、ボランティアや実習本番でも役に立ちました。

花里 知紘さん

花里 知紘さん
2020年度こども心理学部卒業生
埼玉県 私立淑徳与野高等学校出身

東京都
小学校
教諭

教育実習最終日にもらった子どもたちからのプレゼント。一生の宝ものです。

未来大でよかったVOICE 3
保育・教職センター

元・小学校の校長先生によるマンツーマンの個別指導。

合格できた最大の理由は、元・小学校校長の長谷川先生による直接指導。週1で小論文を添削していただき、都度オンラインで細かいフォローも。繰り返し何度もやっていただいたので、メキメキ力がつきました。

未来大でよかったVOICE 4
少人数クラス

2年次から一緒だから頼もしい。おなじ夢を目指す仲間の存在。

サッカー一筋で、勉強は得意じゃない。だから正直、試験対策は苦労しました。頼もしかったのはおなじ夢を目指す仲間の存在。2年から4年までおなじクラスなので距離も近い。励まし合いながら頑張れました。

工藤 俊平さん

工藤 俊平さん
2020年度こども心理学部卒業生
埼玉県 私立狭山ヶ丘高等学校出身

東京都
小学校
教諭

面接や小論文に関する指導をメモしたノート。ポイントを具体的かつ的確に教えていただいたのですぐ実践できました。

実習

一時的ではなく、3年間という長い時間をかけておなじ現場を経験するからこそ、身につく学びがあります。
2年次にはじまる50時間学習支援ボランティアから、4年次の教育実習まで。最長3年間おなじ小学校でリアルな教育現場を経験することができます。子どもたちや先生方との長期的な関係を築くからこそ、奥深い視点が得られる。落ち着いて自分自身を成長させることができることも、大きなメリットです。
いつもの授業も避難訓練も。すべての瞬間に学びと発見があります。
大学2年生の春から、ボランティア生として足立区立花畑小学校に通っています。授業がはじまってもノートを出していない子どもに働きかけたり、彫刻刀の持ち方が危ない子がいたら注意してあげたりするクラスの補助の役割。学べるのは授業だけではありません。避難訓練では一瞬で緊張感のある空気をつくる先生の姿に圧倒されました。言葉ではなく、態度だけでも非常事態なんだと伝えることができる。避難経路の確認や、先生がクラスにいない場合を想定した指導を見ると、学校は命を預かっている場所なんだと気が引き締まる思いがしました。
私の場合はいろんなクラスの補助に入るので、いろんな先生の教え方を学べることも大きなメリット。たとえば、一年生にはイチから説明して、やる気を引き出すためにあまり注意しないけど、二年生ではできていなかったら注意するなど、教え方にも学年によって違いがあります。板書の方法も教科書では学べないですよね。大事なところは赤、めあては青など、大学で模擬授業をおこなう時に参考にしています。ボランティアを通して感じることは、やっぱり子どもが好きだということ。そして子どもたちと信頼関係を築ける先生になりたいということ。ボランティアに行く火曜日は先生になりたい気持ちがぐっと高まります。

久松 未侑さん

久松 未侑さん
こども保育・教育専攻4年
茨城県 私立土浦日本大学高等学校出身

小幼履修モデルの場合

小学校教諭一種免許状、幼稚園教諭一種免許状の取得希望者

  • ※実習指導(事前・事後)も各実習の前後に行い、実習での知識・技術の習得、振り返りを行います。

PAGETOP