モチベーション行動科学部
モチベーション行動科学科

プロジェクト紹介

東京未来大学の学びは、教室にとどまらない。
プロジェクト体験も教育の一環です。
仲間と意見しあいながら、プロジェクトを築く、動かす。企業や地域社会と連携しながら、新しい価値を創造し、発信する。
ときにはキャンパスどころか日本を飛び出して、海外で経験を積む。
体験型の学びには、アタマだけではなく、カラダで吸収できるダイレクトな手ごたえがあります。

PROJECT 1
スタートアップセミナー

新入生研修で、社会で生きる基礎を学ぼう。
入学時に行われるスタートアップセミナーでは、企業の新人研修をベースにしたオリジナルプログラムで、あいさつの仕方からプレゼンテーションやチーム運営の手法までを、社会へ近づく第一歩として学びます。チーム対抗ゲームなど、自然に盛り上がる刺激的な内容です。それを運営側として支える重要な役割がスタセミスタッフ。2~4年の先輩たちが新入生の緊張を和らげ大学生活のスタートをサポートします。

深瀬 優花さん

新しい環境への不安な気持ち。
わかるからこそ力になりたい。
深瀬 優花さん
3年 東京都 私立東京高等学校出身

大学で変わりたい。でも何を頑張ればいいのかわからない。友達できるかなとか、新しい環境への不安もある。私自身、自信のない新入生だったので、スタセミにすごく助けられました。次は自分がスタッフとして新入生の力になりたいと参加を決意。リーダーになったので全部自分でやらなきゃと焦ったりもしましたが、やっていくうちに適材適所でメンバーに任せた方がいいなと思うように。私は盛り上げるのは自信ないけど、人に寄り添うことならできる。互いに補い合って協力しようと。ちゃんとサポートできたか不安でしたが、新入生に「優花さんの顔を見ると安心します」と言ってもらえた時は嬉しかったです。

PROJECT 2
三幸フェスティバル

フィナーレでは達成感で涙が。この経験を生涯の宝に。
東京未来大学の人材育成における最重要プロジェクトの一つ“三フェス”。全員が本気で参加し、学部学年を超えたチームメイトが、チーム対抗の「競技」「パフォーマンス」「応援」のパートで結束します。協働するなかで生まれる山や谷を乗り越えるからこそ、フィナーレでは達成感と感動で自然と涙がこぼれます。社会に出て仲間を巻き込み楽しく働くためにも、プロジェクトを企画・運営する醍醐味を味わってください。

小張 美咲さん

誰かについていくだけの自分を変えたい。
副団長にチャレンジしました。
小張 美咲さん
3年 千葉県 私立昭和学院高等学校出身

先頭に立つリーダーたちにただついていくだけだった昨年の三フェス。そんな自分を変えたいと思って挑んだ、応援団副団長としての今年の三フェス。しかしながら、本番2週間前にチームがバラバラになる窮地に。無力さを痛感しました。支えてくれたのは、団長やパフォーマンスリーダーなど周囲の仲間たち。もともと決断力がなく、メニューひとつ決めるのも迷うタイプ。でもここでは逃げないと決めました。巻き返しを狙った青団は、当日最高のパフォーマンスを発揮。びっくり仰天の優勝でした。でも、副団長としての私は正直60点。反省の数は伸びしろだと考えて今後に活かしていきたいです。

PROJECT 3
未来祭

お客様満足を追求して利益創出。事業づくりのトレーニング。
大学祭「未来祭」は地域密着型イベントです。地域の方々や家族、知人など参加者に広く楽しんでもらうために、イベントや模擬店を企画。未来祭1ヶ月前 、1・2年生は大学から[企画運営費]を獲得するために、協賛企業や教職員に企画内容を提案する「未来祭企画プレゼンテーション」があります。サービスモデルを練り上げ、運営組織をマネジメントし、どう利益を上げるかを考えぬく。事業化の絶好のトレーニングになります。

入江 奈々さん

おとぎ話に心理学のエッセンスを。
錯覚を使った展示ブースの舞台裏。
入江 奈々さん
3年 鳥取県立 倉吉北高等学校出身

アリスやシンデレラなどのおとぎ話の世界の中で、錯覚などの認知心理学を体験できるブースを企画しました。たとえば、パネルの間に立つだけで、アリスのように落下している風の写真を撮ることができる。インスタ映えも日々の学びもアピールできるし、手応え十分な企画。しかしながら、企画が決まった時には残された日数がわずかという大ピンチ。加えて、モチベの4クラス合同でスタンプラリーという前代未聞の企画も。当日に間に合わせることが第一だけど、今までなかったような面白いこともやりたい。妥協せずに高い目標を追いかけるみんなの姿、モチベらしいなと思いました。当日は大盛況。賞もいただきました。パワフルな仲間たちのおかげです。

PROJECT 4
雷おこし商品開発プロジェクト [産学公金連携]

中村 洸樹さん

足立区の製菓メーカーと未来大生がつくった
斬新な雷おこし。コラボギフトも大好評。
中村 洸樹さん
4年 東京都 私立聖学院高等学校出身

足立区の製菓メーカーである篠原製菓との共同プロジェクト。コンセプト企画、サンプル製作、テスト販売、パッケージ開発。一連のプロセスを経て完成したのは、こしょう味、甘酒味、うなぎのタレ味というユニークな雷おこし。地域のイベント等で販売されるようになると、注目される機会も増えて、引き合いもぐっと増加。商店街のお祭りに参加したことをきっかけに、お茶屋さんから「ほうじ茶とセットのギフトつくりませんか?」なんてご提案もいただき商品化。先日、北千住の商業施設で約300個を完売しました。立ち上げ時から関わっていた先輩方が卒業するので、次は僕たちが引っ張る番。未来大の新しい伝統として育くんでいけたらいいなと思っています。

PROJECT 5
こどもみらい祭 [地域連携プロジェクト]

露木 絹悟さん

地域の小学生と未来大生でつくりあげる
子どもが主役のフェスティバル『こどもみらい祭』。
露木 絹悟さん
3年 神奈川県 私立湘南学院高等学校出身

足立区の小学校と連携し、小学生約90名が2ヶ月間経済を学び、自分たちのお店を出すという地域連携プロジェクト「こどもみらい祭」。事前準備として、小学生には仕入・売上の仕組みなどを指導します。今年のテーマは「おもちゃ箱」。落書きし放題のタクシーなど企業と組んだ目玉企画も盛りだくさん。僕は未来大生が企画するブースのリーダーに。限られた予算と時間の中で「紙コップ飛行機に貼るシール、買うと高いから手作りしようか」など、創意工夫を。ハサミで怪我しないかなどオペレーションも入念に確認。当日、僕らのブースには親子連れの大行列。ニコニコの笑顔が並んでいました。喜んでもらえると、次はもっと頑張ろうと思える。人と地域の好循環を肌で感じました。

PROJECT 6
キャンパスクルー

杉田 百合夢さん

高校生を笑顔で迎える。親身になって相談にのる。
東京未来大学の魅力を伝えるキャンパスクルー。
杉田 百合夢さん
4年 千葉県立 市川昴高等学校出身

オープンキャンパスの在学生スタッフであるキャンパスクルー。高校生とのふれあいが楽しくて1年生から続けてきました。しかし、代表としてオープンキャンパス全体を管理・運営する立場になったことで高校生とのふれあいが減ってしまい、気持ちがグラグラ。「代表の背中をみんなが見てるんだよ」と副代表から一言。やっと目が覚めました。リーダーと面談して、課題や問題意識を吸い上げ、私たちのあるべき姿をもう一度見つめました。教室を覗くと、キラキラした笑顔で高校生を迎えいれる1年生クルーたちの姿が。私の仕事はこの風景を支えることなんだとハッとしました。後日「来てよかったをすべての人に。“イロトリドリ”」という手書きのカードを全員に配布しました。立派なリーダーではないけれど、キャンパスクルー一人ひとりの気持ちをつなげて、オープンキャンパスを通じて高校生に伝えていきたいです。

PROJECT 7
カタリ場

𠮷成 翔梧さん

高校生の心に火を灯す、カタリ場。
本音を受け止めることで、自分も成長できます。
𠮷成 翔梧さん
3年 千葉県 松戸市立松戸高等学校出身

「高校生の心に火を灯す」ことを目指すNPO法人カタリバと東京未来大学の特別プログラム。僕自身、高校生の時に参加したことがありましたが、サポート役での参加はまた違った醍醐味がありました。名前が示す通り、自分の過去を「語る」場面があるのですが、初対面の人の前でそう簡単に話せるものではありません。話しやすい空気を作るのも僕らの大事な役割です。「親は大学に行けと言うけれど、本当は消防士になりたい」と勇気を出して告白してくれた生徒がいました。自分で自由に進路を決めた僕とは違う。でも違うからこそ、わかることもあると気づきました。高校生との会話は、発見の連続です。中高の教員免許の取得に興味があるので、もっと積極的に携わっていきたいと思っています。

PAGETOP