こども心理学部

HOMEこども心理学部プロジェクト紹介/社会参加

プロジェクト紹介/社会参加

新しいアクティブ・ラーニングのかたち
仲間と一緒だから、踏み出せる。チャレンジしたから、自信になる。私たちの表情が、その証拠です。

プロジェクト紹介 (1)三幸フェスティバル

クラス一丸となって、パフォーマンスで競います。じーんときます。涙がこぼれます。

三幸フェスティバル、略して“三フェス”。
人材育成における最重要プロジェクトの一つです。
1・2年生の学生全員が参加する点が特徴です。学部学年を超えたチームを作り、リーダーを中心として、応援やパフォーマンスの練習に全員を巻き込んでいきます。
チームビルディングやプロジェクトの企画・運営の方法、何より仲間で協力し、結束しあうことから生まれる、素晴らしい創造力を学びます。協働するなかで摩擦や衝突を乗り越えるからこそ、フィナーレを迎える頃には、達成感と感動で、自然と涙がこぼれてしまうのです。
学びの根幹が、“三フェス”にはあります。

保育者や教員、子どもに関わる仕事をめざすあなた。
将来のために、イベント型学習のポイントを学ぼう。
将来子どもたちを指導する立場になるあなた。保育・教育現場には必ず運動会などのイベント型学習の機会があります。ですから、教える側になったとき、子どもたちをうまく指導できるように、“三フェス”での経験と発見を活かしてほしいのです。
仲間同士がどのように役割分担をし、どのような意見交換のプロセスをふめば、よりよいイベントづくりへとつながるのか。どう働きかければ、参加者の気持ちが盛り上がっていくのか。あなた自身の体験と心の変化を通して、指導者としての視点も磨いてください。

学生がぜんぶ企画し、ぜんぶ創り上げます。
一体感のあるパフォーマンスに、先生たちも興奮。
「競技」「パフォーマンス」「応援」の3つの取り組みがあります。特に学年横断編成のチーム対抗「パフォーマンス」は最大の見物。1チーム約100名。企画、演出、衣装まですべて手作り。
何度も練習を繰り返し、動きも気持ちも合わせたパフォーマンスは、会場全体を包み込み、五感を刺激します。また、応援団演舞は圧巻。静寂の中に響き渡る太鼓の音と、鍛え上げた団長の声。
一糸乱れぬ動きと迫力に感動します。観客の拍手の大きさにもびっくりします。

佐久間 美紀さん

涙のリベンジ達成。
本気でぶつかって掴んだ最高のフィナーレ。
佐久間 美紀さん
こども保育・教育専攻 3年
埼玉県 私立花咲徳栄高等学校出身

昨年の黄団の応援団演舞の途中、太鼓が止まってしまった。それ、私なんです。
とても悔しかった。絶対にリベンジしたい。今年は思い切って団長に立候補しました。目指したのは、全員が楽しめる三フェス。
人に求める前に、まず私から動こう。リーダーとは交換ノートを作成して想いを共有。気持ちや意見を丁寧に聞きました。
だから準備中、緩んだ空気になった時は焦りました。嫌われる覚悟で、ビシッと厳しく指導。長所を生かすためにも、ダメなところはダメだと言ってあげなきゃその人のためにならないからです。人はみんな完璧じゃない。でも、完璧じゃないからこそ、力を合わせる醍醐味がある。優勝もできたし、みんなの力に感動できた。言うことなしの最高の一日でした。

プロジェクト紹介 (2)「未来祭」 地域に愛される大学祭

みんなで手作りする、出店型のエンタテインメント・ビジネスです。

サービス創り、人間がまとまる力。両方を学習できる最大の学び場。
未来祭は、毎年6月の土日に開催。学生やその家族、友人はもちろん、地域の方々、家族連れ、かわいい子どもたちなど、幅広い年齢層の方が来場されます。すべての方々が楽しめるアットホームなおもてなしに満ちた2日間になるよう、学生たちは知恵をしぼり、遊び心を発揮します。
未来祭の1ヶ月前、クラスやゼミ、サークルなどの出店団体は、企画運営費獲得のための企画プレゼンテーションがあり、投票により資金配分が決まるという仕組み。エンタテインメント型のサービスモデルを練り上げ、運営チームをマネジメントし、どう利益を上げるかという収益モデルを築く絶好のトレーニングになります。

森田 さつきさん

私に部長が務まるなんて思ってもいませんでした。
周囲に支えてもらいながらの、初チャレンジ。
森田 さつきさん
こども保育・教育専攻 3年
茨城県 私立つくば秀英高等学校出身

未来祭実行委員会の広報装飾部部長。自信がなかったものの、CAの先生の応援や、委員長からの「私がサポートするから大丈夫だよ」という後押しもあり、やってみようと決意しました。
メンバー17名。1・2年だけの若いチームをまとめるのは大変でした。去年の部長にアドバイスをもらったり、班をつくって効率的に進めたり。活動方針としては、切り替えを大事にしました。装飾部は絵を描いたり、切ったり貼ったりの作業が多いので、おしゃべりに夢中になることもしばしば。アットホームはいいけど、非効率は良くない。メリハリを意識して取り組みました。
「未来色」というテーマに合わせて会場全体をカラフルに彩った装飾。当日、家族や友人にも大好評でした。
来年もチャレンジしたい気持ち、ムクムク大きくなっています。

プロジェクト紹介 (3)キャンパスクルー

高校生に大学生活のホンネを伝える、実感伝達者です。

東京未来大学のオープンキャンパスの在学生スタッフであるキャンパスクルー。
「笑顔で高校生を迎えたい。質問にはていねいにホンネで答えて、未来大の良さ、大学生活の楽しさを伝えたい」という、アツい想いで活動をしています。
キャンパスクルーの役割は、高校生と一緒にキャンパスを歩きながら、施設を案内したり質問に答えたりすること。
大学選びは、基準が難しい。だからこそマニュアルではなく、学生本人の実感を伝えることで、高校生に未来大の良さを発見してもらいたいと思っています。

中尾 美紅さん

心はつながる。会話のヒントは必ずある。
高校生とのあたたかい時間を
大事にしています。
中尾 美紅さん
こども心理専攻 2年
神奈川県立 荏田高等学校出身

親しみやすいのに、あいさつもしっかり、説明もわかりやすい。私もこんな風になりたい。
キャンパスクルーを目指そうと決めたのは高校生の時。でも、実際やってみると、全然ダメでした。話を引き出せない。弾まない。
頑張ろうとしたら、逆に空回り。悩みました。数をこなす。他のクルーの技を取り入れる。学びをノートにメモし続ける。とにかくできることは全部やりました。すると「先輩に会いに来たよ」といってくれる高校生があらわれた。
大勢に対しては上手じゃないけど、一人と丁寧に向き合うことはできる。やっと見つけることができた自分の強みです。

プロジェクト紹介 (4)スタートアップセミナー

はじめが肝心。4年間を濃くする新入生研修。

スタートアップセミナーとは、入学時に行われる新入生研修です。
4年間の目標を立て、大学生活をスタートさせます。
「大学=プレ社会人期間」と位置づけ、社会の基礎となる挨拶やマナーを最初に学びます。将来あなたが保育者や教育者はもちろん、どのような仕事につく場合でも挨拶の重要性を知ることは、とても大切です。
挨拶ができない先生が子どもたちに指導するのは難しいですよね。
“スタセミ”はそんな社会の入口です。

坂田 香織さん

新入生の不安な気持ちを溶かしたい。
私とおなじような人の力になりたい。
坂田 香織さん
こども保育・教育専攻 3年
茨城県立 取手第一高等学校出身

第一志望に落ちてしまったこともあり、どこか前向きになれていなかった入学当時の私。
でも、友人たちが頑張っている姿に刺激されました。1年生にも私とおなじような人がいるかもしれない。少しでも力になれれば。
スタセミスタッフに挑戦する動機になりました。とにかく、笑顔で積極的に話しかける。いつの間にか、前に立つことも怖くなくなっていました。どこにいるかではなく、そこで何をやるかが大切。自分自身にとって大きな学びになりました。
未来大に入ってよかった。挑戦してよかった。今はボランティアや海外など学外の活動にも興味津々です。

社会参加

社会は、大きな教室です。社会活動はすばらしい先生です。
積極的に社会活動に参加すること。これも学びの柱の一つです。足立区との地域連携ボランティアで親子参加型のイベントを企画したり、産学連携プロジェクトでは、地元企業と一緒にコラボ商品を開発したり。
学生たちはあちこちで具体的アクションを起こしています。

社会参加 (1)こどもみらい祭

小学3・4年生を対象にお祭りの運営を通じて、経済を学ぶ場を提供。

足立区の小学校と連携し、小学生約100名が2ヶ月間経済を学び、自分たちのお店を出店するという地域連携プロジェクト『こどもみらい祭』。
事前準備として、小学校に行き、仕入れ・売上・利益の仕組みなども指導。
子ども視点を意識して、準備や工夫をすることで、教えることの難しさや楽しさを体験することができます。

堀 有沙さん

楽しんでもらうことは、こんなにも楽しい。
こどもみらい祭のあたたかい舞台裏。
堀 有沙さん
こども保育・教育専攻 3年
茨城県 私立つくば秀英高等学校出身

高校生の時までは、行事の時は「楽しませてもらう」側の人間だった私。今回、広報・装飾係のリーダーになったことで、「誰かに楽しんでもらう」ために頑張る楽しさというものを覚えました。大事にしたことは、私たち一人ひとりも楽しむこと。今年のテーマは「こども公民館」だったので、「あたたかい公民館にしたいね」など、それぞれの想いやイメージを重ねながら、アイデア出しや制作をおこないました。
制作会社の方と打ち合わせをして、ポスター制作を依頼したり、プチ社会人のような経験も。社会に出る日が楽しみになってきました。

社会参加 (2)クリスマスフェスタ

地域の子どもたちと一緒に楽しむクリスマスを企画。

東京未来大学開学当時から続く伝統イベント『クリスマスフェスタ』。
親子で楽しめる参加型のコンサートや、クリスマスの手作りワークショップなどを開催しています。事前予約制のコンサートは口コミで広がり、数日で予約が埋まるほどの人気ぶり。数年前からは、ワークショップなどの別企画も運営するように。
学生にとっては、地域の方とのふれあいの中で、日々の学びを活かす実践的な場でもあります。

八津尾 友香さん

今年のテーマはギフト。子どもたちだけでなく、
一緒にがんばる仲間にも、心を込めたギフトを。
八津尾 友香さん
こども保育・教育専攻 3年
茨城県立 藤代紫水高等学校出身

昨年の劇では元気な猫役をやりました。終わった後、子どもが「猫のお姉さんだ!」って声をかけてくれたんです。嬉しいですよね。
地域の子どもたちの冬の小さな思い出になってくれたらいいな。そんな想いを込めて、夏の暑い時期から準備しています。
今年のテーマは「ギフト」。3年生が2年生のためにサプライズギフトとして手作りの名札を贈ったのですが、見返りを求めずにお互いを思いやる行為が、地域連携推進委員会らしいなと思いました。
クリスマスフェスタも11回目を迎えました。仲間同士を思いやる心もよき伝統としてつないでいきたいなと思います。

社会参加 (3)足立区くらしフェスタ

足立区が主催する地域の方向けのイベントで子ども向けワークショップを開催しました。

東京未来大学では、ゼミ単位でも足立区と連携した様々な取り組みをおこなっています。今回は、足立区くらしフェスタという地域の物産を販売したり展示をおこなう地域のイベントで、こども保育・教育専攻のゼミが合同で子ども向けのワークショップを開催。
子どもたちを中心に大勢の来場者に、身近なものを使ったおもちゃづくりの楽しさを体験してもらいました。

山下 千穂さん

3歳児と小学6年生ではできることが違う。
子どもの発達にあわせて、応援とサポートを。
山下 千穂さん
こども保育・教育専攻 4年
東京都 私立東京立正高等学校出身

私の担当は牛乳パックでつくる車のおもちゃブース。大切にしたことは、必要以上に手助けをしないこと。子どもたちからつくる喜びを奪わないこと。3歳から小学6年生までいろんな年齢のお子さんがきたので、サポートの仕方は様々。「できる?」と聞いて自信がなさそうな子は見守りつつ手助けを。手の動きが未発達な小さな子は、ハサミなどの危ない作業はこちらで。
ご家族がスマホで撮影している場合には自分が入らないようによけたりも(笑)。
完成したらハイタッチで子どもたちと喜び合いました。
たくさんの笑顔にふれあえて、子どもとの関わり方も学べる。ダブルで嬉しい活動でした。

社会参加 (4)カタリ場

高校生の心に火を灯す、カタリ場。誰かのための一歩が自分を変える一歩に。

「高校生の心に火を灯す」ことを目指すNPO法人カタリバと東京未来大学の特別プログラム。未来大生が高校に出向き、高校生と交流。
高校生に自分について語ってもらうことで、意欲を引き出し、将来の行動へと動機付ける。主体的な一歩を踏み出すきっかけをつくります。

薗部 楓さん

苦手だと思っていることは、思い込みかもしれない。
チャレンジしたから見えてきた、新しい私。
薗部 楓さん
こども心理専攻 4年
栃木県立 さくら清修高等学校出身

人と話すことが苦手。でも、何か人の役に立つことをしたいと考え、思い切って参加を決めました。
高校に出向く前の研修では、自分たちでカタリ場をやってみるのですが、緊張しました。でも、私の話をちゃんと聞いてくれる人がいて安心して話せるように。本番もやっぱり緊張しましたが、「今日は緊張してます!」と先に宣言。
すると、少しだけ気持ちが楽に。高校生も緊張しているようだったので、自分から積極的にいこうと頑張りました。
場が温まると、話も大盛り上がり。自分でもびっくりです。今は未来大就活アカデミーで就活対策にチャレンジ中です。



ページトップへ