こども心理学部

HOMEこども心理学部教員紹介今井 康晴

教員紹介

今井 康晴(Yasuharu Imai)

今井 康晴

経歴

明星大学大学院心理教育学科教育学専攻博士前期課程修了
広島大学大学院教育学研究科博士課程後期単位取得満期修了

学位

教育学(修士)

専門分野

教育学、保育学、教育課程

研究キーワード

ブルーナー、保幼小連携、子育て支援

主な担当科目

保育原理、保育・教職実践演習、教育実習Ⅰ

座右の銘

成功の反対は失敗ではなく、「やらない」こと

趣味

料理、日本酒

研究業績

著書 太田光洋他『子育て支援の理論と実践―保育を基礎とした家庭支援と相談援助―』(保育出版会、2016年)
佐藤康富他『新しい保育原理』(大学図書出版、2016年)
佐々木由美子他『保育・福祉職のための就活ガイド』(大学図書出版、2017年)
近藤俊明他『子ども学への招待』(ミネルヴァ書房、2017年)
田中正浩他『教育の質を高める教育原理』(大学図書出版、2017年)
論文 今井康晴「ブルーナーの保育論に関する一考察 -『イギリスの家庭外保育』(Under Five in Britain)を中心に-」日本幼児教育学会『幼児教育学研究』第15号(2008年)43-52頁
今井康晴「小学校体育科における「運動遊び」に関する一考察 -保幼小連携を視野に入れて-」日本幼児教育学会『幼児教育学研究』第17号(2010年)20-28頁
今井康晴「ブルーナーの遊び論に関する一考察」世界新教育学会『教育新世界』No.61(2013年)38-48頁
今井康晴他「保育者養成校の地域連携に関する一考察」日本幼児教育学会『幼児教育学研究』第22号(2016年)
堀越紀香他「保育者養成校における『幼小接続』に対する学生理解の実態として」保育教諭養成課程研究会『保育教諭養成課程研究』(2015年)13-26頁
学会発表・報告、
その他の研究業績
堀越紀香ほか「保育者養成校における『幼小接続』に対する学生理解の実態として」保育教諭養成課程研究会(2015年、口頭発表)
今井康晴他「保育者養成校における地域連携に関する研究」日本幼児教育学会(2015年、口頭発表)
今井康晴「ブルーナーの児童福祉論に関する一考察」日本保育学会(2015年、口頭発表)
白川佳子他「保育者養成校における『幼小接続』に対する学生理解の実態(その2)」保育教諭養成課程研究会(2016年、ポスター発表)
東京未来大学特別研究費「幼小接続に関する歴史的研究」(2015-2016)
学会等および
社会における主な活動
日本ペスタロッチー・フレーベル学会事務局幹事(2013-2016)
日本ペスタロッチー・フレーベル学会編集幹事(2013-2016)
朝霞ひだまりの森保育園園内研修講師(2014-)
第53回埼玉県保育研究大会講師(2016)
埼玉県私立保育園連盟講習会講師(2017)


ページトップへ