モチベーション行動科学部

HOMEモチベーション行動科学部研究体制・活動報告

研究体制・活動報告

将来に向けたモチベーションの研究体制

今後ますます求められるモチベーション教育のニーズに応えるため世界的な教育・研究機関を目指し準備を進めています。

モチベーション研究所
モチベーションの研究の場として、東京未来大学学内に設置された研究機関です。
国内外の研究者が集い、最新のモチベーション研究を推進し、モチベーションに関するあらゆる知見を蓄積・発信していきます。
URL:http://www.imsar.jp/

「公認モチベーション・マネジャー」資格
モチベーション行動科学部を卒業すると、「公認モチベーション・マネジャー」資格が取得できます。この資格は一般社団法人モチベーション・マネジメント協会が認定する資格で、モチベーションに関する知識、技術、経験によって段階的に用意されています。「やる気」を生み出すプロであることを証明する国内唯一の資格です。
URL:http://www.mm-a.jp/

ページトップへ

活動報告

2012年度公開シンポジウムを実施しました

世の中の半分の高校生は「自分には能力がない」と感じています。 「ママ友を作るためには…」と頭を悩ませてしまう子育て世代が多くいます。「今後年齢を重ねて、安全に安心して暮らせる社会になるのだろうか…」と考えてしまう方が多くいます。そのような不安や悩み、世の中の問題に対して、「高校生のための自己肯定力の醸成」「子育て世代のコミュニケーションスキル」「高齢社会における幸福感」の3つのテーマから、会場参加型のシンポジウムを開催します。聴衆意見もとりいれつつ、足立の魅力を引き出し、地域活性化に向けた提言を導き出していきます。
詳細はこちら

2011年度公開シンポジウムを実施しました

『学ぶ意欲、働く意欲、明日への意欲』~モチベーションの探求と実践へのアプローチ~
日時: 2011年6月18日(土) 13:00~16:00
会場: 日経ホール 
参加: 無料
詳細はこちら


ページトップへ