入試情報 2018年4月入学生向け

HOME入試情報奨学金・教育ローン

奨学金・教育ローン

日本学生支援機構の奨学金制度

経済的に修学が困難である方を対象として、在学中に月々3万円~12万円の貸与を受けることができる制度です。

奨学金には「第一種奨学金(無利息)」と「第二種奨学金(有利息)」があり、選択できるようになっています。

  第一種奨学金
(無利息)
第二種奨学金
(有利息:在学中は無利息、
卒業後は年3%を上限とする利息つき)
入学前の予約申込 入学後の申込 入学前の予約申込 入学後の申込
学力基準 高等学校の1年から申込時までの成績の平均値が3.5以上 高等学校の最終2か年の成績の平均値が3.5以上 高等学校の学習成績が平均水準以上であること 高等学校の学習成績が出身校の平均水準以上であること
家計支持者
収入上限額
(例:4人世帯)
給与所得者
747万円程度
給与所得以外
349万円程度
給与所得者
824万円程度
給与所得以外
392万円程度
(※自宅通学の場合)
給与所得者
1,100万円程度
給与所得以外
692万円程度
給与所得者
1,167万円程度
給与所得以外
735万円程度
(※自宅通学の場合)
貸与月額
(平成28年度実績)
自宅外通学 3万円、6万4千円から
希望する月額を選択できます。
3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から
希望する月額を選択できます。
自宅通学 3万円、5万4千円から
希望する月額を選択できます。
返済期間 貸与終了6ヵ月後から15年程度 貸与終了6ヵ月後から20年程度

在学中の(在学していた)高等学校を通しての予約申込について

本校に入学する前に、奨学金の予約申込ができますので、在学中の(在学していた)高等学校の奨学金担当の先生にご相談ください。
※以下は概要となります。詳細は、必ず在学している(在学していた)高等学校に確認してください。

高等学校卒業後、2年以内の方で大学・短期大学・専修学校に入学したことのない人も申込みできます。

募集時期 申込資格・申込先
募集の時期は年2回、概ね以下の時期に受け付けています。
  • 第1回:4月~6月下旬
    (第一種および第二種)
  • 第2回:10月上旬
    (第二種のみ)
  • (1)平成30年3月末に高等学校又は専修学校(高等課程)を卒業する予定の人
    申込先:在学している高等学校又は専修学校(高等課程)
  • (2)高等学校又は専修学校(高等課程)を卒業後、2年以内の人で、大学・短期大学・専修学校に入学したことのない人
    申込先:出身高等学校又は専修学校(高等課程)
  • (3)高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定に合格した人(大学等へ入学したことがある人は除く)、又は科目合格者で機構の定める基準に該当する人、又は出願者(受験手続きを終えた者)
    申込先:日本学生支援機構
    ※高卒認定(旧大検)合格者の奨学金予約採用申込に関する問い合わせTEL.03-6743-6037

入学後の申込みについて(募集時期は毎年春)

人物及び学業成績優秀で、経済的な理由から修学が困難な人に対して、学校長の推薦を受けた申込者の中から選考の上、日本学生支援機構奨学金が貸与されます。本校からの推薦人数には限りがあります。また、本校から推薦を受けた場合でも、日本学生支援機構において採用されないこともあります。

奨学金の返還
  • ・奨学金は貸与されるものですので、卒業後必ず返還しなければなりません。
  • ・返還手続きは卒業前に奨学金担当者が説明を行います
返還に関するお問合せ先 :
日本学生支援機構 奨学事業相談センター
TEL:0570(666)301(ナビダイヤル) 月~金(土日、祝祭日、年末年始を除く)
http://www.jasso.go.jp

その他の奨学金

地方公共団体の奨学金

※お住まいの地域の制度を利用してください。

地方自治体の奨学金
経済的な理由により学費調達が困難な人の支援を目的に、都道府県・市区町村などの地方自治体が実施する奨学金制度があります。
奨学受給するための必須条件は、ほとんどの場合、本人または保護者がその地方自治体に居住していること。またはその地方自治体の出身であることです(自治体によっては本人と保護者の両者の居住が必要な場合もある)。奨学金の形態は多くの場合、無利子による一定金額の月額貸与で、貸与期間は採用時から卒業するまでの最短修業年限となっています。募集時期は、入学前・入学後いずれのケースもあります。
なお、すべての地方自治体がこの種の奨学金制度を実施しているとは限らず、内容についても個々に異なっている点に注意してください。また、日本学生支援機構や他の奨学金との併用が認められない場合も多いので、早めに詳しい情報を収集しておきましょう。
【問い合わせ】各都道府県庁、各市町村役所

社会福祉法人東京都社会福祉協議会 保育士修学資金貸付制度について

保育士養成施設に在学する方に、修学資金を貸付けて修学を容易にすることにより、保育士の養成・確保に資することを目的とします。
この制度では、保育士養成施設卒業後、都内の児童福祉施設等で保育士業務に5年間継続して従事した場合には、金額返還が免除されます。 ※申し込みは入学後となります。(昨年実績)また、条件、審査がございます。

三幸学園提携教育ローン

ゆるやかな利用資格と簡単な手続きでご利用いただける制度です。
三幸学園では、信販会社と教育ローン契約を結んでおりますので、簡単な手続きで、ご入学に際し必要な学費が申込いただけます。

株式会社オリエントコーポレーション(平成29年1月)

Orico Web学費サポートプラン かんたん・スピーディ

入金方式 オリエントコーポレーションから本学指定口座へ直接振り込みます。
ローン申込対象者(契約者) 本学へ入学または在学する学生の親権者(法定代理人)、安定した収入のある方
※ご契約にはオリエントコーポレーションの審査がございます。
ローン対象費用 本学に入学または進級に必要な学費納付金(入学金・授業料・施設設備費・教材費・実習費・研修費等)
ローンご利用金額 500万円以下(ご利用残高合計額)
※1回のご利用金額は納付書(振込用紙)等の記載金額となります。
お支払回数(期間) 最長150回(12年6ヶ月)
※一部繰上返済可能(3万円以上)。繰上返済手数料は不要です。
分割払手数料率(金利手数料) 実質年率3.5%(固定)
※追加利用の場合、優遇金利適用あり(但し適用できない場合もあります。)
ご返済方法
  • 通常返済 お申込みの翌月からあらかじめご指定いただいた金額をお支払いする方式です。
  • ステップアップ返済 在学中は元金を据え置き、分割手数料のみお支払いいただきます。
    ※卒業後は通常返済となります。
  • 親子リレー返済 学生様が卒業後にご返済を引き継ぐ方式です。
申込方法
  • WEB申込み ※上記バナーからもお申込み可能です。
  • 電話申込み(郵送対応)
お問い合わせ先
株式会社オリエントコーポレーション 学費サポートデスク
TEL:0120-517-325(フリーダイヤル) 営業時間 9:30~17:30
学費サポートプラン『予約受付サービス』のご案内
※受験前から『学費サポートプラン』のお申込みがいただけるサービスです。
http://orico.jp/gakusapo  学校コード 11588639 申込みコード 0623 と入力ください
※〈携帯・スマホ用〉の場合は学校コードのみ入力をお願いいたします。

株式会社ジャックス(平成29年1月)

入金方式 ジャックスから本学指定口座へ直接振り込みます。
ローン申込対象者(契約者) 本学へ入学または在学する学生の親権者(法定代理人)、安定した収入のある方
※ご契約にはジャックスの審査がございます。
ローン対象費用 本学に入学または進級に必要な学費納付金(入学金・授業料・施設設備費・教材費・実習費・研修費等)
ローンご利用金額 10万円以上500万円以下
※1回のご利用金額は納付書(振込用紙)等の記載金額を上限とします。
お支払回数(期間) 最長180回(15年)
※一部繰上返済可能(10万円以上)。繰上返済手数料は不要です。
分割払手数料率(金利手数料) 実質年率3.5%(固定)
※追加利用の場合、優遇金利適用あり(但し適用できない場合もあります。)
ご返済方法 元金据置型残債方式(元利均等返済方式) 「金利固定型」
  • (1)据置返済 標準在学期間(+最長6ヶ月)中は元金据置手数料のみの返済、期間終了後、元利返済(2)へ
  • (2)元利均等返済(ボーナス併用払いもご選択いただけます。)
申込方法
  • (1)WEB申込み ※下記URLからお申込みいただけます。
  • (2)電話申込み(郵送対応)
    ※お問い合わせの際は、納付書をお手元に「三幸学園提携教育ローン」とお付け加えの上ご連絡ください。
お問い合わせ先
株式会社ジャックス コンシュマーデスク
TEL:0120-338-817(フリーダイヤル) 営業時間(平日・土日祝日)祝日 10:00~19:00
ジャックスの教育ローンのご案内
http://www.jaccs.co.jp/yuyu/  申込ID M169 パスワード 07256663 と入力ください

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

「国の教育ローン」は政府系金融機関である日本政策金融公庫が取り扱っている長期、固定金利でご利用いただける教育ローンです。

ご利用いただける方
(独立行政法人日本学生支援機構の奨学金と重複してご利用いただけます。)

ご融資の対象となる学校に入学・在学される方の保護者で、世帯年収(所得)が次表の金額以内の方

お子さまの人数 世帯年収(所得)
1人 790万円(590万円)
2人 890万円(680万円)
3人 990万円(770万円)
  • ※「お子さまの人数」とは、お申込いただく方が扶養しているお子さまの人数をいいます。年齢、就学の有無を問いません。
  • ※「4人以上」の場合はコールセンターへお問い合わせください。
  • ※世帯の年間収入(所得)には、世帯主のほか、配偶者等の収入(所得)も含まれます。
  • ※今年の世帯収入(所得)が、上記の金額以内となる見込のある方(【要件】に該当することになる方を含む)は、ご利用いただける場合があります。
  • ※ご親族などでもご利用いただける場合があります。

左記の金額を超える方

お子さまの人数 世帯年収(所得)
1人か2人 990万円(770万円)

以下の【要件】に1つでも該当する方

【要件】

  • (1)借入申込人またはその配偶者が単身赴任
  • (2)返済負担率【借入申込人の[借入金年間返済額÷年間収入(所得)]】が30%超
  • (3)勤続(営業)年数が3年未満
  • (4)居住年数が1年未満
  • (5)ご親族などに「要介護(要支援)認定」を受けている方がおり、その介護に関する費用を負担
  • (6)ご親族などに「高額療養費制度」、「特定疾患治療研究事業」または「小児慢性特定疾患治療研究事業」による医療費の公的助成制度を利用している方がおり、その療養に関する費用を負担
  • (7)世帯のいずれかの者が自宅外通学(予定)者
  • (8)今回のご融資が海外留学資金
  • (9)世帯年収に占める在学費用の負担率【借入申込人の[今後1年間の世帯全員の在学費用÷世帯の年収(所得)]】が30%超
  • (10)世帯年収に占める「在学費用+住宅ローン」の負担率【借入申込人の[今後1年間の「世帯全員の在学費用+住宅ローン返済額」÷世帯の年収(所得)]】が40%超
お使いみち
(今後1年間に必要となる費用がご融資の対象となります。)

ご融資の対象となる学校に入学・在学するために必要となる次の資金

  • 学校納付金(入学金、授業料、施設設備費など)
  • 住居にかかる費用(アパート・マンションの敷金・家賃など)
  • 受験にかかった費用(受験料、受験時の交通費・宿泊費など)
  • 教科書代、教材費、通学費用、修学旅行費用、学生の国民年金保険料 など
  • (注)1. 入学するために必要となる資金は、入学される月の翌月末までのお取り扱いとなります。
  •    2. お使いみちについてご不明な点は、コールセンターへお問い合わせください。
ご融資額
学生・生徒お1人につき350万円以内
ご返済期間
15年以内
(交通遺児家庭または母子家庭・父子家庭の方または世帯年収(所得)200万円(122万円)以内の方については18年以内。)
元金据置期間
在学期間内
(在学期間内は利息のみのご返済とすることができます。)
(元金据置期間はご返済期間に含まれます。)
ご返済方法
毎月元利均等返済
(毎月の返済額が一定です。)
※ボーナス月増額返済もご利用いただけます。
ご返済の目安
(固定金利 年1.90%の場合 平成28年5月10日 現在)※母子家庭・父子家庭または世帯年収(所得)200万円(122万円)以内の方は固定金利 年1.65%。

毎月元利均等返済の場合

ご融資額 ご返済期間 毎月の
ご返済額
200万円 5年(59回払) 35,600円
10年(119回払) 18,500円
100万円 5年(59回払) 17,800円
10年(119回払) 9,300円

ボーナス月増額返済の場合(ボーナス返済分をご融資額の30%とした場合です。)

ご融資額 ご返済期間 毎月の
ご返済額
ボーナス月の
ご返済額
200万円 5年(59回払) 26,700円 79,000円
10年(119回払) 13,900円 41,300円
100万円 5年(59回払) 13,400円 39,500円
10年(119回払) 7,000円 20,700円
  • ※年2.05%の利率で計算した返済例です。
  • ※このご返済額には、(公財)教育資金融資保証基金の保証料は含まれておりません。
  • ※ボーナス月増額返済のボーナス返済分は最大でご融資額の50%です。
「国の教育ローン」問合せ先
教育ローンコールセンター
TEL:0570-008656(ナビダイヤル)
営業時間 月~金 9:00~21:00 土曜日 9:00~17:00 (日曜日、祝日、年末年始(12月31日~1月3日)はご利用いただけません。)
お客様が加入されている電話でご利用いただけない場合は、03(5321)8656におかけください。
日本政策金融公庫ホームページアドレス


ページトップへ