こども心理学部

HOMEこども心理学部リアルボイス

リアルボイス

東京未来大学は、ホンネで語りあう大学です。

山口 遥

ほめられると、嬉しい。
嬉しいと、もっとやっちゃう。
成績も目立たない普通の生徒、平凡に過ごした高校時代。未来大にきて180度変わりました。プレゼン大会、三フェス応援団、いろんなことをやってみた。CAの先生から、新鮮な視点を持っているねなんて言ってもらえた。インターンシップでは、表現力をほめてもらった。本当ですか?嘘じゃないですか? 嬉しいことばかりで、もっともっとやりたいなと思っている今日この頃です。
山口 遥
こども心理専攻 3年
埼玉県立 草加南高等学校出身

坂寄 瞳

ホップ、ステップ、公立保育士。
実習先の公立保育所から声をかけてもらって、アルバイトをやってみました。自分からグイグイ行くタイプじゃないんですけど、学内のプロジェクトのリーダー役など、先生やまわりの人から声をかけてもらったことは何でもやってみた。どんなに大変でも、案外へこたれない自分に気づいた。公立保育士にチャレンジする自信、ついてきました。
坂寄 瞳
こども保育・教育専攻 4年
東京都立 王子総合高等学校出身

中尾 美紅

熱くなる人、カッコ悪いと思っていました。
何もしない人のほうが断然カッコ悪いのに。
三フェスの実行委員として応援団の裏側をサポート。ルールを守れない。足並みが揃わない。ボロボロの黄団に対して、熱い想いがこみ上げてきて、思わず泣きながら怒ってしまった。同時に、巻き込む力が足りない自分に気づいた。熱くなる人ってカッコ悪いと思っていたけど、熱くならなきゃ自分の課題も見えなかった。巻き込む力、もっと鍛えたいです。
中尾 美紅
こども心理専攻 3年
神奈川県立 荏田高等学校出身

鈴木 美帆

心理学の教科書には私のことが書いてある。
社会心理学で学んだ同調。まわりばかり気にして、自分をなくしがち。それ、私だ。過去は変えられないのに、それにとらわれがちな青年期の心理。それも、私だ。「ストレス・マネジメント論」の授業で、楽観的な人の方が、負荷が少ないと聞いた。悲観的になりがちな私は真逆だ。じゃあ、どうする? 心理学を学んで、自分のチャレンジの仕方が見えてきました。
鈴木 美帆
こども心理専攻 4年
私立屋久島おおぞら高等学校出身

馬場 あかね

幼稚園のころ泣き虫だった私、懐かしの母園へ。
幼稚園に行きたくないと玄関先で泣きじゃくるような子どもでした。それでも笑顔で迎え入れてくれた先生の優しさ、今でもよく覚えています。幼稚園実習で先生と再会。「泣き虫だったあかねちゃんが、先生になるなんて…」と今度は先生が涙。先生みたいな懐の大きな先生を目指したいです。
馬場 あかね
こども保育・教育専攻 3年
千葉県 私立東京学館浦安高等学校出身

村上 光樹

なにかが壊れる瞬間は、生まれる瞬間でもある。
プレゼン大会、三フェス実行委員、スタセミスタッフ、キャンパスクルー、インターンシップと、いろんなことをやってみた。話すことは得意だと思っていたけど、人に嫌われたくなくて、曖昧な物言いになりがちだとか、弱点がボロボロ。授業の影響で、本もよく読むようになりましたが、いろんな考え方や知識と出会うたびに、自分の小ささを実感します。大学4年間という限られた時間、悔いなく学びたい。
村上 光樹
こども心理専攻 3年
岩手県 私立盛岡中央高等学校出身

小松 雛子

「たら」「れば」と言い訳して、
成長できない人って私のこと?
このままじゃいかんぞと奮起して、三フェス実行委員にチャレンジしたら、大変なことが盛りだくさん。愚痴をこぼしまくっていたある日、CAの先生の授業を聞いてドキッとした。「『たら』『れば』『のに』を多用して人や環境のせいにして成長できない人って私のことじゃん」と。そうだ、私は自分を変えるためにこの大学に来たんだった。目が醒めました。
小松 雛子
こども心理専攻 3年
東京都 私立東海大学付属高輪台高等学校出身

梶 美紗都

自信がないからできないんだって、思い込んでいました。
ホントは逆なんだよね。
人前が苦手で引っ込み思案な高校生でした。キャンパスクルーとして、自分とおなじように自信がない高校生の話を聞いたりしながら、考え方が変わりました。自信がないからできないんじゃなくて、チャレンジするから自信がつくんだなって。最近、就活の模擬面接で意外と話せることに気づいて、自分でもビックリしています。
梶 美紗都
こども心理専攻 4年
東京都立 大崎高等学校出身

比嘉 花音

かわいいだけじゃない。だから子どもは面白い。
小さな頃から幼稚園の先生になりたかった。理由はかわいいから。でも、実際に子どもと関わるようになって変わってきた。気持ちをうまく言葉にできない子どもの気持ちを汲み取る。一歩先を読んで働きかける。すると思いがけない反応を返してくれたりする。子どもの可能性って面白い。子どもと関わる仕事って奥深い。小さな子どもともふれあいたいなと思うようになり、保育士志望にシフト。いま早く働きたくて、ウズウズしています。
比嘉 花音
こども保育・教育専攻 4年
東京都立 豊島高等学校出身

赤荻 里菜子

「しなさい」より「どうしたい?」のほうが、
やる気が出るよね。私もそうだもん。
小学校ボランティアで、2年生クラスの補助をしています。やんちゃ盛りの子どもたちですが、言葉のかけ方一つで変わるんです。大人の都合で型にはめるのではなく、子どもの主体性を引き出して、のびのびさせてあげられる先生になりたいです。
赤荻 里菜子
こども保育・教育専攻 3年
茨城県 私立土浦日本大学高等学校出身

瀧本 和花

このくらいでいいや、
なんて妥協する私は、もう過去の私です。
ココ一番という時にお腹が痛くなってしまうタイプの人間です。高校の吹奏楽部の全国大会もそうだったけれど、未来大にきて、プレゼン大会とかココ一番が次々とやってくるので、頻繁にお腹が痛くなっています(笑)。でも頑張りたい。みんなが見てくれる。先生も全力で応援してくれるから。
瀧本 和花
こども保育・教育専攻 2年
神奈川県立 湘南台高等学校出身

込山 萌

インターネットじゃ、学べないことがある。
世の中には自分で体験しないとわからないことがたくさんあると実感しています。手足の不自由な子どもたちと5泊6日のキャンプで山中湖へ。ある車いすの子が「サッカーをやりたい」とつぶやいた。でも、私は何をしてあげたらいいかわからなかった。もっと知識があれば、願いを叶えてあげられたかもしれない。自分の未熟さがすごく悔しかった。それから、授業を受ける姿勢が変わった。学んで損することはない。今、大学院進学を考えています。
込山 萌
こども保育・教育専攻 3年
私立中央国際高等学校出身

森田 さつき

居場所があるから、挑戦できる。
いつも誰かとくっついているタイプの子、いるじゃないですか。それ、昔の私です。未来祭で部長やったり、キャンパスクルーやってみて変わった。難しい場面に直面した時、私がなんとかするから任せてって前へ。以前はそんなこと絶対できなかった。踏み出せたのは、信頼できる先生や友人がいるから。居場所があるから。「森田さんに憧れて入学しました」と言ってくれる後輩ができてビックリしています。
森田 さつき
こども保育・教育専攻 4年
茨城県 私立つくば秀英高等学校出身

山田 哲也

子どもだから、童謡?
ポップスやロックでも面白いかもしれない。
子どもだから、子ども用。本当にそれでいいのかなと。保育の常識をギモンをもって見つめ直すことが好きです。子どもの前だけ装うのも嫌い。大人が仮面をかぶると子どもも仮面をかぶるようになる。正直な自分で子どもに向き合える人になりたい。
山田 哲也
こども保育・教育専攻 4年
東京都 私立京華商業高等学校出身

山﨑 侑

おはよう。いただきます。
子どものリズムで、充実の一日を。
走りたい。遊びたい。食べたい。眠たい。子どもにはリズムがあります。心と体のリズムを読み取りつつ、規則正しい一日の流れに乗せてあげること。これ、すごく難しいんです。実習先で自然にやっている先生を見て、こんな先生に私もなりたいと思うように。まだまだ、修行が必要です。
山﨑 侑
こども保育・教育専攻 4年
東京都立 本所高等学校出身


ページトップへ