モチベーション行動科学部

HOMEモチベーション行動科学部学び方の特徴

学び方の特徴

「理論」と「実践」、2つの学び方で、
人間どうしをポジティブにつなぐ。社会で役立つ『心理学』を学ぼう。
モチベーション行動科学部の学び方はユニーク。少人数の『参加型授業』で“理論”を学び、『プロジェクト体験』という“実践”を通じて、心を躍らせながら、頭だけではなく全身で吸収することができます。考える。動く。この2つがあるからこそ、学びは楽しい。他大学にはない学びの本質とダイゴ味が、本学にはあります。

大学での学びは「教室」だけでするもの。そう思い込んでいる人は、びっくりします。 アタマで学ぶ「理論」と カラダで学ぶ「実践」。 この2つが、モチベーション 行動科学部の学びです。

心理学の理論
人間どうしの関係を
どうよくするか
なぜ人はそう行動するのか
動機はなにか
教育学の理論
人をどう伸ばすか
チームをどう元気にするか
自分を育てるための方法とは
経営学の理論
どうしたらチームは成長し発展するか
どう仲間をまとめれば、仕事がうまくいくか
なぜ、人はその商品を選ぶのか
学園祭(未来祭)
プロジェクト
クラスで企画して運営もする
三幸フェスティバル
200名近いメンバーが
一丸となり競う
インターンシップ
ビジネスの現場に触れる
地域や企業との
連携プロジェクト
地域活性を考える
企業の新商品を企画する

理論の学びと、プロジェクトの実践。この2つがあるから、本学部の学生は、頭だけではなくカラダでも学ぶのです。
人とどんな関係を、どうつくれば、モノゴトがスムーズに進むのか。
なにをやれば参加者みんながよろこぶのか。
それを身につけたあなたは、きっと社会でイキイキと活躍できます。

心理系ゼミ所属 蒲谷瑞季さんのケース

BEFORE
将来の仕事に役立つかも。
高校時代にエステティシャンの資格を取得。心まで満たすプロになりたいと心理学に興味を持つ。起業を考えると経営の知識も必要。どちらも学べるこの学部へ。
AFTER
学外での活動の中で
美容系以外の選択肢も考えるように。
蒲谷 瑞季さん
蒲谷 瑞季さん 4年
私立 屋久島おおぞら高等学校出身

理論

コミュニケーションの心理学
人が後ろから歩いてきた時、何メートルの近さだと不快に感じるのか、など日常に潜むコミュニケーションの仕組みを学びます。
ポジティブ心理学
「幸福感調査で、なぜ日本と韓国は低い数値が出やすいのか」など、具体的なテーマについて、論文を調べ、自分の結論を出すという実践的な授業。
マーケティング・リサーチ
「ドリルを買う人が求めているのは、ドリルというモノではなく、穴を開けるコトだ」という考えにハッとする。目的からブレないマーケティングの重要性を学ぶ。
組織心理学
小さな条件を飲むことで、大きな交渉ごとを進めやすくするセールスマンの手法など、驚きの発見がいっぱい。社会心理学をベースとした授業。

消費者の行動と心理

実践

NPO団体Book Link
書評ゲームの普及を中心とした団体「Book Link」の活動で、行政や地域住民の方と関わる。立場の違う様々な人との対話には心理コミュニケーション系の学びが役立った。2016年、英国エディンバラ公国際アワードのブロンズ賞を受賞。現在、法人化に向けて準備中。
NPO団体Book Link
ポップコーンプロジェクト
ポップコーン屋さんのマーケティングを支援するプロジェクト。授業で学んだ「アンゾフの成長マトリックス」の理論でとるべき戦略を分析。プレゼンの授業で学んだパワーポイントで資料に。統計で学んだエクセルは3000件ものPOSの購入データの分析に役立った。

埴田先生は、いつも課題を的確に指摘してくれます。

リアルな仕事現場、コミュニケーションの現場を体験しているからこそ、シーンを想像しながら学ぶことができた。美容系の職業以外の選択肢も面白いことに気づいてしまい、うれしい悩みのタネに。

経営系ゼミ所属 佐藤らんかさんのケース

BEFORE
就職のために学んでおきたい。
一般企業で働くためには業界研究が大事。そのために経営を学べるこの学部へ。興味を持っていた心理学も学べて、教員免許も取得できるということも後押しに。
AFTER
ブライダルや映画など、
発想力をいかせる業界やイベント業界にも興味。
佐藤 らんかさん
佐藤 らんかさん 4年
神奈川県立 横浜桜陽高等学校出身

理論

リーダーシップ論
リーダーシップを学ぶことは、いろんな人のタイプを学ぶことでもあるんだと発見。
グループワークを円滑に進めるスキルに。
社会科教育法
50分の模擬授業を自分で考え、実施。
中高の教員免許取得のためには必須なので、頑張った。

コミュニケーションの心理学

ポジティブ心理学

経営組織論
仕事の現場で、どのように物事を推進していくのかイメージしながら受講。インターンシップで役立った。

実践

インターンシップ
SMBC日興証券のインターンシップでは、世界的な経済・金融情報の通信社への見学ツアーも。グループワークでは授業の内容が役立った。他にも、ブライダル、教育関係、外食など、様々な業界のインターンシップに参加。
インターンシップ
CMコンテスト
CAの先生からすすめられて、東北で開催されたCMコンテストに参加。企画の仕事に興味を持つ。
三幸フェスティバル
実行委員として、オープニングとフィナーレの演出企画を担当。イベント関係の仕事に興味を持つ。
学生団体 We Can!
学生の就活を支援する団体。就職への意識を高めようと参加。2年生向け見学ツアー、3年生向け就活決起会など、自分自身のためにもなる活動がたくさん。
三幸フェスティバル 学生団体 We Can!

郭先生は、興味のある業界のことを、様々な視点から教えてくれます。

発想や想像力をほめてもらう機会が多く自信になった。逆に計画性が足りないので、そこは克服中。今はゼミでブライダル業界の研究に一生懸命。
将来はバリバリ働く女性になりたい。

教育系ゼミ所属 志多伯玲美さんのケース

BEFORE
子どもが好きだから。
この学部を選んだ理由は、スクールカウンセラーになりたかったから。繊細な子どもの気持ちを理解してあげたいと考え、心理も教育も学べるこの学部へ。
AFTER
カウンセラーよりも企業で頑張る方が、
私らしいかも。
志多伯 玲美さん
志多伯 玲美さん 4年
私立 飛鳥未来高等学校出身

理論

グループ・ダイナミックス
悩んでいる人を助けたいという気持ちがあるので、集団心理に興味が。「そもそも悩んでいる人をつくらない組織とは?」と、具体的に考えるきっかけに。
コーチング
人と関わる時、組織を動かす時、いろんな時に必要なスキル、コーチング。大学内外の様々な活動で役立った。
ストレスマネジメント論
ストレスを抱えている人をどうすれば助けてあげられるのかなど、具体的な解決策まで学べる。
自分の身近な出来事にあてはめて考えると理解が深まる。

実践

三幸フェスティバル
イベントの土台である運営部を担当。実行委員も組織なので、全体のモチベーションがさがることも。そんな時、どうするか。組織運営の難しさと醍醐味を知る。
三幸フェスティバル
キャンパスクルー
オープンキャンパスで高校生と対話し、相手の希望や悩みを引き出し、受け止める。
人と関わる仕事が好きであることを再確認。
三幸フェスティバル
インターンシップ
2年次は、CAの先生にオススメされて、地域密着型の不動産会社へ。賃貸物件紹介前のヒアリングでは、話の引き出し方のスキルの重要性を実感。3年次は教育業界のインターンシップへ。教育熱が高まる。

自由にのびのびさせてくれるけれど、厳しいときはビシっと厳しい田中先生です。

大学の内外問わず様々なフィールドを経験したことで、自分にフィットする道が明確に。親からも変わったねと言われるくらい、アクティブな自分にも気づけた。
将来は教育系の企業で働いてみたい。


ページトップへ