モチベーション行動科学部

HOMEモチベーション行動科学部学び方の特徴

学び方の特徴

「理論」と「実践」2つの学び方で。
人間どうしをポジティブにつなぐ。社会で役立つ『心理学』を学ぼう。
モチベーション行動科学部の学び方はユニーク。少人数の『参加型授業』で“理論”を学び、『プロジェクト体験』という“実践”を通じて、心を躍らせながら、頭だけではなく全身で吸収することができます。考える。動く。この2つがあるからこそ、学びは楽しい。他大学にはない学びの本質と醍醐味が、本学にはあります。

大学での学びは「教室」だけでするもの。そう思い込んでいる人は、びっくりします。 アタマで学ぶ「理論」と カラダで学ぶ「実践」。 この2つが、モチベーション 行動科学部の学びです。

1.心理学の理論
人間どうしの関係を
どうよくするか
なぜ人はそう行動するのか
動機はなにか
2.経営学の理論
どうしたらチームは成長し発展するか どう仲間をまとめれば、仕事がうまくいくか
なぜ、人はその商品を選ぶのか
3.教育学の理論
人をどう伸ばすか
チームをどう元気にするか
自分を育てるための方法とは
1.学園祭(未来祭)
プロジェクト
クラスで企画して運営もする
2.三幸フェスティバル
200名近いメンバーが
一丸となり競う
3.インターンシップ
ビジネスの現場に触れる
4.地域や企業との
連携プロジェクト
地域活性を考える
企業の新商品を企画する

理論の学びと、プロジェクトの実践。この2つがあるから、本学部の学生は、頭だけではなくカラダでも学ぶのです。
人とどんな関係を、どうつくれば、モノゴトがスムーズに進むのか。
なにをやれば参加者みんながよろこぶのか。
それを身につけたあなたは、きっと社会でイキイキと活躍できます。

【センパイの体験レポート】「理論と実践」ってすごい。こんなに成長できましたよ。~理論を学ぶ。実践してみる。2つを並行しておこなうと、驚くほど自分を伸ばすことができる。3名の先輩の体験レポートを通じて、成長の足どりを知ってください。~

心理系ゼミ 関 瑞季さんのケース

BEFORE
心理学を学んでみたい。
高校時代に角山先生の出張授業を受けて心理学に興味を持つ。モチベーションとは行動の源泉。自分のこれからに活かせるのではないかと考えこの学部へ。
AFTER
心理を活かせる一般企業も視野に。
関 瑞季さん
関 瑞季さん 4年
東京都立 足立西高等学校出身

理論

教育福祉論
教育や福祉に関する文化の違いや、貧困、多文化共生などを学ぶ授業。昔の日系移民の苦悩を描いた映像では、自分が生きる環境の「あたりまえ」について深く考えさせられた
教育福祉論
社会・集団・家族心理学A(社会)
テスト前につい掃除してしまうのは、自分にハンデを課すことで失敗した時の言い訳をつくっているという「セルフハンディキャッピング」という概念で解明。心理学の奥深さに触れた授業。
心理的アセスメント
バウムテストなど実際に心理カウンセラーが使うテストを使用したりしながら、アセスメントを学ぶ授業。自己理解も深まる。
心理的アセスメント/プレゼンテーション
プレゼンテーション
人前で話すことが苦手だったが、毎授業ごとの1分間スピーチで克服。話すことが楽しいと思えるように。プレゼン大会では司会にも挑戦しました。

実践

アルバイト
子どもと関わる経験を積むために、親子向けのカフェでアルバイト。キッズスイミングのアルバイトも。思ったことをなんでも口にする子どもの素直さに新鮮な発見の連続。
カタリバ
3年生の10月から半年間、NPO法人カタリバのインターンシップへ。DVや不登校など自分が想像していなかったような過去を持つ中高生と対話。最初は緊張したがだんだんと話ができるように。
三幸フェスティバル
パフォーマンスリーダーを経験しチームをまとめる難しさと醍醐味を実感。周囲の友人や先輩方のサポートを得てやり遂げることができた。
三幸フェスティバル

【山極和佳ゼミ】臨床心理士でもある山極先生。学びにリアリティがあります。

これからについて一言子どもの内面に向き合う仕事は、生半可な気持ちではできない。インターンシップや授業で学んだことを強く実感するように。心理を活かす仕事をイメージしていましたが、リーダーに挑戦してみたり、人前に立ち話す経験を重ねながら一般企業への就職も考えるようになりました。

経営系ゼミ 中村洸樹さんのケース

BEFORE
夢中になれることを見つけたい。
高校時代はやる気のある積極的なタイプではなかった。大学で何を学ぶかも決めきれなかったので、いろんなことを学べるほうが、自分のやりたいことを見つけられるかもしれないと考えこの学部へ。
AFTER
キャリアや人生設計について勉強したい。
中村 洸樹さん
中村 洸樹さん 4年
東京都 私立 聖学院高等学校出身

理論

キャリアカウンセリング論*
キャリア心理学の基礎理論を中心に学ぶ授業。実際に自分自身のライフプランを描くなど自分を重ねながら考える授業なので、自己分析が深まる。
キャリアカウンセリング論
コミュニティ心理学*
学校や家庭に関する社会問題を取り上げグループワークなどで議論していく授業。具体的な策を考える際にも、やる気のなかった過去の自分を思い起こしながら、真剣に取り組めた。
健康・医療心理学
職場のメンタルヘルスについての考え方や心の問題を抱えた人への援助方法を学ぶ。数年後の自分を想像しながら学ぶのでイメージしやすく、社会に出る前の準備運動にも。
*マークの授業は2018年度実績

実践

地域連携
足立区の製菓メーカーと共同で雷おこしの商品開発。商店街のお祭りでは試食品のアンケート調査も実施。商店街のお茶屋さんからも声がかかり、お茶とセットのギフト商品も販売することに。地域の絆と可能性の大きさを実感。
地域連携
インターンシップ
あえてこれまで興味のなかった業種を知ろうと野村證券のインターンシップへ。時代やマーケットをどう読むかという中長期の視点や鋭い洞察力が必要だと学んだ。
インターンシップ
合同ゼミ
都内の製菓メーカーの30%は足立区の企業であるという事実から、お菓子の会社マップをつくろうと立ち上がったプロジェクト。ボイスレコーダーを手に店舗取材に駆け回る。ほしい情報を得るためのインタビューの方法など試行錯誤。

【森下一成ゼミ】常識にとらわれずに新鮮な気づきをくれる森下先生。

これからについて一言大学に入るまではあまり勉強しない生徒でした。自分の人生に向き合う意識も薄かった。火をつけてくれたのは、面白い授業と面白い先生方。将来のことを「しなければならない」ではなく「やりたい」と前のめりで考えられるようになったことが一番嬉しい。今はキャリアカウンセラーの資格に興味があります。

教育系ゼミ 阿部みずきさんのケース

BEFORE
先生という職業に憧れがある。
先生という職業に憧れがあるものの自分に適性があるのかわからない。心理・教育・経営を幅広く学べて一般企業への就職も柔軟に考えられる未来大へ。
AFTER
BtoB※のビジネスに 興味が出てきた。

※BtoBとは…BtoBとはBusiness to businessの略で、法人顧客向けのビジネスを指します。
ちなみに、一般消費者向けのビジネスはBtoC(Business to Consumer)と呼ばれます。

阿部 みずきさん
阿部 みずきさん 4年
千葉県立 国分高等学校出身

理論

異文化コミュニケーション
マイノリティ、世代、性別、出身地などの違いも「異文化」であるととらえ、コミュニケーションの様々な問題を学ぶ。自分の視野がいかに狭かったかを実感する。
クリティカル・シンキング
たとえば50代男性と20代女性では「ブランド物」という言葉を聞いてイメージするものが違うために会話にギャップが生じる。こうした事例を通して、情報を正しく、客観的に、論理的に解釈する思考を学ぶ。
クリティカル・シンキング
地域マネジメント論
授業課題として足立区の商店街のお祭りに参加。どんなお客様が商品に興味を持ってくれるか考えながらお菓子を販売。
社会教育とシティズンシップ
人が学ぶのは学校だけではない。社会教育の基礎を学ぶ授業。教育基本法や日本の教育の歴史にも触れ、歴史を知ることの重要性を感じるように。

実践

インターンシップ
ブライダル企業ではマナーや礼儀の大切さ、学校・企業向けの専門商社ではニーズを汲み取り提案する面白さを実感。
インターンシップ/プレゼンテーション大会
プレゼンテーション大会
1年次、クラス代表で発表。プレゼンの基礎を学ぶことができた。
スタセミスタッフ
面倒くさがりな自分を変えようと思って挑戦。人と人をつなげることに喜びを感じる自分を発見した。
地域連携推進委員会
こどもみらい祭やクリスマスフェスタを企画運営する100名規模の組織。メンバーのモチベーションの違いを理解しながら、引っ張ることが重要だと実感。

【田中真奈美ゼミ】明るく、楽しく、厳しく、私たちを育ててくれる田中先生です。

これからについて一言1年生の夏からインターンシップに参加し、教職に必要な授業も受講。2年生までは教職と一般企業とで迷っていましたが、次第に一般企業にシフト。商品・サービスに誇りを持てる安定した組織で働きたいと思うように。知名度に関わらずいいものを扱う会社など、BtoB※ビジネスの会社に特に興味が出てきました。


ページトップへ