こども心理学部

HOMEこども心理学部プロジェクト紹介/社会参加

プロジェクト紹介/社会参加

新しいアクティブ・ラーニングのかたち
仲間と一緒だから、踏み出せる。チャレンジしたから、自信になる。私たちの表情が、その証拠です。

プロジェクト紹介 (1)三幸フェスティバル

クラス一丸となって、パフォーマンスで競います。じーんときます。涙がこぼれます。

三幸フェスティバル、略して“三フェス”。
人材育成における最重要プロジェクトの一つです。
1・2年生の学生全員が参加する点が特徴です。学部学年を超えたチームを作り、リーダーを中心として、応援やパフォーマンスの練習に全員を巻き込んでいきます。
チームビルディングやプロジェクトの企画・運営の方法、何より仲間で協力し、結束しあうことから生まれる、素晴らしい創造力を学びます。協働するなかで摩擦や衝突を乗り越えるからこそ、フィナーレを迎える頃には、達成感と感動で、自然と涙がこぼれてしまうのです。
学びの根幹が、“三フェス”にはあります。

保育者や教員、子どもに関わる仕事をめざすあなた。
将来のために、イベント型学習のポイントを学ぼう。
将来子どもたちを指導する立場になるあなた。保育・教育現場には必ず運動会などのイベント型学習の機会があります。ですから、教える側になったとき、子どもたちをうまく指導できるように、“三フェス”での経験と発見を活かしてほしいのです。
仲間同士がどのように役割分担をし、どのような意見交換のプロセスをふめば、よりよいイベントづくりへとつながるのか。どう働きかければ、参加者の気持ちが盛り上がっていくのか。あなた自身の体験と心の変化を通して、指導者としての視点も磨いてください。

学生がぜんぶ企画し、ぜんぶ創り上げます。
一体感のあるパフォーマンスに、先生たちも興奮。
「競技」「パフォーマンス」「応援」の3つの取り組みがあります。特に学年横断編成のチーム対抗「パフォーマンス」は最大の見物。1チーム約100名。企画、演出、衣装まですべて手作り。
何度も練習を繰り返し、動きも気持ちも合わせたパフォーマンスは、会場全体を包み込み、五感を刺激します。また、応援団演舞は圧巻。静寂の中に響き渡る太鼓の音と、鍛え上げた団長の声。
一糸乱れぬ動きと迫力に感動します。観客の拍手の大きさにもびっくりします。

飯田 愛璃さん

委員長の存在感は要らない。
みんなが、この三フェスが、
最高の力を出せればそれでいい。
飯田 愛璃さん
こども保育・教育専攻 4年
茨城県立 土浦湖北高等学校出身

三フェスの実行委員長といえば、歴代のスゴい先輩ばかり。私なんか到底足元にも及ばない。先輩たちを目指すのではなく、自分は自分でいこうと思いました。ワントップではなく、幹部みんなでトップをやろうと提案。主体性が輪になって、チームに波及したように思います。当日のみんなの顔、とてもいい顔でした。「輝望」という今年のテーマ通り、一人ひとりの望みが輝いているように見えた。三フェス、やっぱり好きですね。二十歳前後の人間が泣くくらい本気になれる。大学全体を揺さぶるような躍動がある。他の大学では経験できないことだと思います。

プロジェクト紹介 (2)「未来祭」 地域に愛される大学祭

みんなで手作りする、出店型のエンタテインメント・ビジネスです。

サービス創り、人間がまとまる力。両方を学習できる最大の学び場。
未来祭は、毎年6月の土日に開催。学生やその家族、友人はもちろん、地域の方々、家族連れ、かわいい子どもたちなど、幅広い年齢層の方が来場されます。すべての方々が楽しめるアットホームなおもてなしに満ちた2日間になるよう、学生たちは知恵をしぼり、遊び心を発揮します。
未来祭の1ヶ月前、クラスやゼミ、サークルなどの出店団体は、企画運営費獲得のための企画プレゼンテーションがあり、投票により資金配分が決まるという仕組み。エンタテインメント型のサービスモデルを練り上げ、運営チームをマネジメントし、どう利益を上げるかという収益モデルを築く絶好のトレーニングになります。

池田 蒼さん

全員が活躍して、
完全燃焼できる未来祭を目指そう。
池田 蒼さん
こども保育・教育専攻 3年/
千葉県立 千葉北高等学校出身

1年生の時に実行委員にチャレンジしたものの、「もっとやれることがあったのでは」と消化不良でした。後輩には同じ思いはさせたくないと、今年はステージ部の部長に。目指したのは1年生も主体的に動ける部。一人ひとりが考えてくれた企画は部長の私が会議でプレゼンするのですが、なかなか通らず苦労したことも。私の力不足もあったのに、後で1年生が「ステージ部でよかった」と言ってくれた時は嬉しかったですね。2年間裏方だったので、表からステージを見たことがなかったのですが、最後の後夜祭は、部のみんなのはからいで見させてもらったんです。やってよかった。感動がこみ上げました。

プロジェクト紹介 (3)キャンパスクルー

高校生に大学生活のホンネを伝える、実感伝達者です。

東京未来大学のオープンキャンパスの在学生スタッフであるキャンパスクルー。
「笑顔で高校生を迎えたい。質問にはていねいにホンネで答えて、未来大の良さ、大学生活の楽しさを伝えたい」という、アツい想いで活動をしています。
キャンパスクルーの役割は、高校生と一緒にキャンパスを歩きながら、施設を案内したり質問に答えたりすること。
大学選びは、基準が難しい。だからこそマニュアルではなく、学生本人の実感を伝えることで、高校生に未来大の良さを発見してもらいたいと思っています。

菅野 涼さん

引っ込み思案だった私が副代表に。
人とのふれあいに鍛えられました。
菅野 涼さん
こども保育・教育専攻 4年
東京都立 忍岡高等学校出身

仲のいい子がいないと、机でじっとしているタイプの高校生でした。これだと社会でやっていけない。自分を変えたいとキャンパスクルーに挑戦しました。でも、やっぱり笑顔がぎこちない。まずは、相手が求めているものを的確につかむことを心がけました。落ち着いて話を聞く。すっと手をさしのべる。聞かれたことを覚えておく。対応した高校生に未来祭で話しかけられた時はビックリしました。私を覚えてくれているんだなと。最近、人と話すと世界が広がって、刺激が増えるということを実感しています。まだまだ人前で話すことは得意じゃないので、就職活動も含めて頑張っていきたいです。

プロジェクト紹介 (4)スタートアップセミナー

はじめが肝心。4年間を濃くする新入生研修。

スタートアップセミナーとは、入学時に行われる新入生研修です。
4年間の目標を立て、大学生活をスタートさせます。
「大学=プレ社会人期間」と位置づけ、社会の基礎となる挨拶やマナーを最初に学びます。将来あなたが保育者や教育者はもちろん、どのような仕事につく場合でも挨拶の重要性を知ることは、とても大切です。
挨拶ができない先生が子どもたちに指導するのは難しいですよね。
“スタセミ”はそんな社会の入口です。

髙橋 菜さん

盛り上がらなくても大丈夫。
私も先輩たちに助けてもらいました。
髙橋 菜さん
こども保育・教育専攻 3年
千葉県 私立東京学館浦安高等学校出身

オープンキャンパスで対応した高校生が未来大に入学してくれることになり、入学後もその子をサポートしたいなという気持ちから、スタセミスタッフに。私が新入生の時も先輩には随分助けていただきました。グループワークなどやったことないので、話も盛り上がりにくい。そんな時、サッと助けてくれる先輩。すごいなと。今年は私がスタッフとして新入生に伝えました。私も人見知りだったけど、大丈夫だよと。担当したクラスの子たちが、今でも話しかけてくれたりするのは嬉しいですね、来年もやりたいなとやる気がムクムク。高校生の頃の私が知ったら、びっくりすると思います。

社会参加

社会は、大きな教室です。社会活動はすばらしい先生です。
積極的に社会活動に参加すること。これも学びの柱の一つです。足立区との地域連携ボランティアで親子参加型のイベントを企画したり、産学連携プロジェクトでは、地元企業と一緒にコラボ商品を開発したり。学生たちはあちこちで具体的アクションを起こしています。

FIELDWORK 01こどもみらい祭

小学3・4年生を対象に、お祭りの運営を通じて、経済を学ぶ場を提供。

足立区の小学校と連携し、小学生約90名が2ヶ月間経済を学び、自分たちのお店を出店するという地域連携プロジェクト『こどもみらい祭』。事前準備として、小学校に行き、仕入れ・売上・利益の仕組みなども指導。子ども視点を意識して、準備や工夫をすることで、教えることの難しさや楽しさを体験することができます。

菊地 真衣さん

落書きし放題のタクシーから駄菓子屋まで。
来場者数、前年比120%の大盛況でした。
菊地 真衣さん
こども保育・教育専攻 3年
福島県立 福島南高等学校出身

地域の企業や団体にお店やブースを出していただく外部企画の担当でした。今年は、落書きし放題のタクシー、パン販売、ネイルサロン、竹細工などの昔あそび、駄菓子屋さんと盛りだくさん。準備期間も短い中で、パソコンに不慣れな1年生が企画書をつくるところからサポート。協力くださる企業・団体への訪問もよい勉強になりました。当日は前年比120%増の大盛況。楽しそうな子どもたちの姿、1年生が現場を引っ張っている姿。ついニッコリ微笑みたくなる景色が広がっていました。

FIELDWORK 02クリスマスフェスタ

子どもたちと一緒に楽しむクリスマスを企画。

東京未来大学開学当時から続く伝統イベント『クリスマスフェスタ』。親子で楽しめる参加型のコンサートや、クリスマスの手作りワークショップなどを開催しています。事前予約制のコンサートは口コミで広がり、数日で予約が埋まるほどの人気ぶり。数年前からは、ワークショップなどの別企画も運営するように。学生にとっては、地域の方とのふれあいの中で、日々の学びを活かす実践的な場でもあります。

赤堀 秀明さん

今年のテーマは「こびとたちのパーティー」。
秘密のおもちゃ工場が
舞台の台本、書きました。
赤堀 秀明さん
こども心理専攻 3年
千葉県 私立秀明八千代高等学校出身

公演部として劇の台本制作・舞台監督を担当。高校時代、演劇部だったので慣れているのですが、子ども向けは初めての経験。子どもが理解できる流れなのか、セリフなのか、こまやかな配慮が必要です。演者も普通の大学生なので、演技しやすい台本であることも重要。それでも事前に発声練習とかやったりするんですよ。この日のためにみんなで地道に練習を重ねました。今年のテーマは、こびとたちのパーティー。秘密のおもちゃ工場の物語を書きました。子どもたちの笑顔、地域の方々の笑顔。たくさんの笑顔があふれるこの場所は、幸せにあふれた心温まる空間です。

FIELDWORK 03 Chigo Cefe(チゴカフェ)

四季折々、親子の楽しみを盛り込んだ、地域貢献イベントです。

チゴカフェは、こども保育・教育専攻のゼミ生が中心となって活動。地域の親子を招いて年に2〜3回イベントを企画運営しています。来場者に喜んでもらえるように、創作活動や音あそび、ゲーム、料理など、四季を感じる企画を手づくりで運営。日頃の学びを実践する場になっています。

山﨑 侑さん

地域の親子と一緒にチャレンジ。
好きな色でつくるキラキラ宝石せっけん。
山﨑 侑さん
こども保育・教育専攻 4年
東京都立 本所高等学校出身

今回は「宝石せっけん」と「米粉蒸しパン」づくりにチャレンジ。子どもたちが楽しく作れて難しすぎず、かつ達成感もあって、安全に配慮した企画にするにはどうしたらいいか。様々な工夫をこらしました。ヤケドしないか、子どもたちがじっと待てるか、時間内で終わるかなど、細かいシミュレーションも。当日は幅広い年齢の子どもたちが来てくれて嬉しかったですね。保育所では年長さんになると小学校を視野に入れつつ保育するので、小学生の実態を知っておきたかったのです。保育実習で会えるのは6歳までの子どもなので、Chigo caféは貴重な経験です。

FIELDWORK 04カタリ場

高校生の心に火を灯す、カタリ場。誰かのための一歩が自分を変える一歩に。

「高校生の心に火を灯す」ことを目指すNPO法人カタリバと東京未来大学の特別プログラム。未来大生が高校に出向き、高校生と交流。高校生に自分について語ってもらうことで、意欲を引き出し、将来の行動へと動機付ける。主体的な一歩を踏み出すきっかけをつくります。

池田 麻梨花さん

励ましているようで、
逆に励まされている。
どんどん夢中になる、カタリ場の魅力。
池田 麻梨花さん
こども心理専攻 3年
千葉県立 船橋二和高等学校出身

積極的になれなかった自分を変えようと参加を決意。高校に出向く前の研修で、まず自分たちでカタリ場をやってみるのですが、最初はとても怖かった。でも、話してみるとみんな熱心に聞いてくれるんです。演出せずに、カッコ悪い部分も含めてありのままを話そうって思えるように。それが、高校生のきっかけになってくれるならいいなと。でも、友人間のいざこざや家庭の不協和音などの話を聞きながら思うことは、私の方こそ頑張らなきゃということ。NPO法人カタリ場のオフィスで自然や都会などの環境が子どもに与える影響について学んだり、様々なインプットができるのも魅力の一つです。



ページトップへ