こども心理学部

HOMEこども心理学部プロジェクト紹介/社会参加

プロジェクト紹介/社会参加

新しいアクティブ・ラーニングのかたち
授業やプロジェクトだけではなく、ふだんの会話や触れあいもすべて。一方通行はなく、相互参加型です。

プロジェクト紹介 (1)三幸フェスティバル

クラス一丸となって、パフォーマンスで競います。じーんときます。涙がこぼれます。

三幸フェスティバル、略して“三フェス”。
人材育成における最重要プロジェクトの一つです。
参加したい人だけが参加する、単なるイベントでは断じてありません。
学生全員が参加する点が特徴です。全員参加となると、どうしても個々のモチベーションに差が生まれます。気持ちが乗っていない学生には、学部学年を超えたチームメイトが話しかけ、応援やパフォーマンスの練習に全員を巻き込んでいきます。チームビルディングやプロジェクトの企画・運営の方法、なにより人同士が協力し結束しあうことから生まれる、すばらしい創造力を学びます。協働するなかで摩擦や衝突を乗り越えるからこそ、フィナーレを迎える頃には、達成感と感動で、自然と涙がこぼれてしまうのです。
人生において、このような感動のドラマをじぶんたちの手で生み出すチャンスは社会に出るとなかなか得られません。学びの根幹が、“三フェス”にはあります。

保育者や教員、子どもに関わる仕事をめざすあなた。
将来のために、イベント型学習のポイントを学ぼう。
将来子どもたちを指導する立場になるあなた。保育・教育現場には必ず運動会などのイベント型学習の機会があります。ですから、教える側になったとき、子どもたちをうまく指導できるように、“三フェス”での経験と発見を活かしてほしいのです。
仲間どうしがどのように役割分担をし、どのような意見交換のプロセスをふめば、よりよいイベントづくりへとつながるのか。
参加者たちにどう働きかければ、当事者として気持ちが盛り上がっていくのか。充実感と達成感を味わうためには、どのような心がまえで参加すればいいのか。あなた自身の体験と心の変化を通して、指導者としての視点も磨いてください。

学生がぜんぶ企画し、ぜんぶ創り上げます。
ダンスパフォーマンスには、先生たちも興奮。
「競技」「パフォーマンス」「応援」の3つの取り組みがあります。チームごとに独自のユニフォームをつくる。演技内容を考える。校内で汗を流しながら、応援の練習を繰り返す。荒川の土手で動きを合わせるうち、意見が衝突して熱くなることも。遠慮なく意見できる関係だからこそ、合間にいっしょに食べるごはんがおいしい。学年横断編成のチーム対抗「パフォーマンス」は最大の見物。1チーム約100名。企画、演出、衣装まですべて手作り。会場全体を包み込み、五感を刺激するパフォーマンスを披露。こだまする応援の太鼓と、色とりどりの応援合戦。迫力に感動します。観客の拍手の大きさにもびっくりします。

梅田 彩月さん

パッとしない練習風景が一変。
驚異の挽回を見せた
パフォーマンスの舞台裏。
梅田 彩月さん
こども保育・教育専攻 3年
東京都 私立神田女学園高等学校出身

総勢107人をまとめるパフォーマンスリーダーは、つまずきの連続でした。まず、みんなに練習に参加してもらうことに苦戦。参加しやすいように楽しい練習を目指したのですが、メリハリがなくなり、時間がないのにダラダラしたり、途中で帰る人が出る始末。やる気がある人のやる気までそぐハメに。そこで、最低限守ってほしいことをみんなにメッセージ。通し練習では無駄口をしない、きちんとあいさつをしよう、などです。それでも変化はイマイチ。最後の最後は、ガチンコで話し合わなきゃだめだ!と考え、全員集合してガッツリ議論。すると、いろんな意見が。意見をどうまとめるのか、コンセプトとブレないのかなど、判断軸を持つことの重要性を学びました。イマイチだった仕上がりも、本番前に急上昇。自分たちでも驚くほどの驚異の挽回です。人前で泣くのが嫌いな私ですが、本番当日には感極まってしまい、涙を抑えるのに必死でした。

プロジェクト紹介 (2)「未来祭」、地域に愛される大学祭。

みんなで手作りする、出店型のエンタテインメントビジネスです。

サービス創り、人間がまとまる力。両方を学習できる最大の学び場。
未来祭は、毎年6月の土日に開催。学生やその家族、友人はもちろん、地域の方々、家族連れ、かわいい子どもたちなど、幅広い年齢層の方が来場されます。すべての方々が楽しめるアットホームなおもてなしに満ちた2日間になるよう、学生たちは知恵をしぼり、遊び心を発揮。子どもたちが歓声をあげて喜んでくれる模擬店やゲームイベントを企画するなど、あたたかいコミュニケーションを心がけます。
未来祭の1ヶ月前、クラスやゼミ、サークルなどの出店団体は、企画運営費を調達するために、協賛企業や教職員に向けて企画の魅力をプレゼンテーション。投票により資金配分が決まりますから、各団体とも準備に目の色が変わります。エンタテインメント型のサービスモデルを練り上げ、運営チームをマネジメントし、どう利益を上げるかという収益モデルを築く絶好のトレーニングになります。

吉田 文香さん

未来祭に3年間の想いをこめて。
ラストは副実行委員長にチャレンジ。
吉田 文香さん
こども保育・教育専攻 4年
東京都 私立桜丘高等学校出身

1年生の時は、実行委員として先輩方についていくのに必死。ゴミ箱の設置や衛生面の対応など、目の前の仕事に没頭。成長の手応えが嬉しくて夢中になりました。2年生の時は、自分たちで企画をつくる面白さにハマってしまいました。本部としてミスコンや前夜祭、キッズダンスなどをプロデュース。後輩を引っ張ることの楽しさと難しさも経験しました。そして、3年生では副実行委員長に。幹部として全体を見渡す大きな視野、自分ではなくみんなが頑張るためのリーダーシップが求められることに。私のようにコツコツタイプで、派手じゃないリーダーも集団をリードできること。何よりも想いのパワーが大事であること。勇気をもらえる学びがたくさん得られました。未来祭を通じた3年間の学びは、私の大切な財産です。

プロジェクト紹介 (3)キャンパスクルー

高校生に大学生活のホンネを伝える、実感伝達者です。

東京未来大学のオープンキャンパスの在学生スタッフであるキャンパスクルー。「笑顔で高校生を迎えたい。質問にはていねいにホンネで答えて、未来大の良さ、大学生活の楽しさを伝えたい」という、アツい想いで活動をしています。キャンパスクルーの役割は、高校生と一緒にキャンパスを歩きながら、施設を案内したり質問に答えたりすること。大学選びは、基準が難しい。だからこそマニュアルではなく、学生本人の実感を伝えることで、高校生に未来大の良さを発見してもらいたいと思っています。

篠崎 みずきさん

キャンパスクルーに憧れて入学しました。
発展途上ですが、
自分なりの強みの発見が嬉しい。
篠崎 みずきさん
こども保育・教育専攻 2年
東京都立 本所高等学校出身

親しみやすいのに、あいさつもしっかり、説明もわかりやすい。私もこんな風になりたい。キャンパスクルーを目指そうと決めたのは高校生の時。でも、実際やってみると、全然ダメでした。話を引き出せない。弾まない。頑張ろうとしたら、逆に空回り。悩みました。数をこなす。他のクルーの技を取り入れる。学びをノートにメモし続ける。とにかくできることは全部やりました。すると「先輩に会いに来たよ」といってくれる高校生があらわれた。大勢に対しては上手じゃないけど、一人と丁寧に向き合うことはできる。やっと見つけることができた自分の強みです。

プロジェクト紹介 (4)スタートアップセミナー

入学前3日間の“スタセミ”で、心の壁をこわそう。

スタートアップセミナーとは、入学式直前に3日間行われる新入生研修です。4年間の目標を立て、大学生活をスタートさせます。「大学=プレ社会人期間」と位置づけ、社会の基礎となる挨拶やマナーを最初に学びます。将来あなたが保育者や教育者はもちろん、どのような仕事につく場合でも挨拶の重要性を知ることは、とても大切です。挨拶ができない先生が子どもたちに指導するのは難しいですよね。だから私たちは、学生の人間的成長に責任を持ちます。“スタセミ”はその入口です。

長沼 尚輝さん

成長をさえぎってしまう壁を
壊してあげられる先輩になりたい。
長沼 尚輝さん
こども保育・教育専攻 3年
神奈川県立 弥栄高等学校出身

自分が新入生の時のスタセミの第一印象は、実はあまりよくなかった。初日に乗り遅れた感じがして、クラスに溶けこめなかった。でも、先輩方がそんな僕に気づいて話しかけてくれた。2日目に「実ははっちゃけるタイプでしょ?」と突っ込んでくれて。そこからです、殻を破れたのは。一年後、自分が運営サイドに立つと、そんな当時の気持ちが役に立ちました。大学生活の船出を決める大事な3日間。ここで、自分のプライドや殻を脱ぐことができると、その後の吸収力が全然違います。自分が先輩にしてもらったように、その壁を壊してあげられる人になりたい。人前に出るのが嫌なタイプだったのに、自分の変化に自分でも驚いています。

社会参加

社会は、大きな教室です。社会活動はすばらしい先生です。
積極的に社会活動に参加すること。これも学びの柱の一つです。地域のご家庭に働きかけ、親子参加型イベントで交流の喜びを提案。また、足立区との地域連携ボランティアや企業連携プロジェクトでは、保育や福祉、企業の第一線に入り込み、現場が抱えている課題について解決策を考えるなど、学生たちはあちこちで具体的アクションを起こしています。

社会参加 (1)Chigo Cafe(チゴカフェ)

四季折々、親子の楽しみを盛り込んだ、地域貢献イベントです。

チゴカフェは、こども保育・教育専攻の先生たちが中心になって活動しています。
地域の親子を招いて季節ごと年に3~4回イベントを企画運営しています。学生はボランティアスタッフとして、親御さんやお子さんに喜んでもらえるように、創作活動や音あそび、ゲーム、料理など、四季を感じる企画を、手づくりで運営。サークル的な集まりではなく、毎回参加したい学生を募集する自由かつ主体的なプロジェクトです。

松嵜 遥さん

まずは私がワクワク楽しもう。
実習では味わえない、親子とのふれあいの中で。
松嵜 遥さん
こども保育・教育専攻 4年
東京都 私立日本体育大学荏原高等学校出身

子どもだけでなく、親子とふれあう。実習では保護者の方と関わる機会が少ないので、とても貴重な経験です。今回のテーマは、アクリルタワシの指編みと、カルメ焼き。私が目指したことは、とにかく参加してくださる親子に楽しんでもらうこと。そのために、まずは自分が楽しむことだと考え、ワクワクした気持ちで取り組みました。一方で、子どもたちの安全面・衛生面での配慮など、冷静に周囲を見つめる目も必要。主観と客観、どちらも鍛えることができ、楽しみながらスキルアップできます。

社会参加 (2)産学連携プロジェクト

未来大とナルミヤ・インターナショナルのコラボ。子ども服を共同開発しました。

未来大生9名が、人気子ども服メーカーの株式会社ナルミヤ・インターナショナルと“子ども服”を開発。アイデアからデザイン、社員の方々へのプレゼンなど、計5回打ち合わせ。
1つ1つ自分たちの想いをカタチにしました。
コラボしたのは「kladskap」という人気ブランド。「襟に保冷剤を入れて熱中症予防になる」「移動可能なお魚型ポケットが子どもの好奇心を刺激する」といった未来大生子どもTシャツ。2015年5月に販売開始するやいなや同ブランドの人気商品に。これらを企画した一連の取り組みは、テレビや新聞などでも紹介されました。

吉野 佳苗さん

堂々のデビュー!
保冷剤ポケット付きの世界で一つの子ども服、 私たちがつくりました。
吉野 佳苗さん
2016年度 こども心理学部卒業生
東京都立 小松川高等学校出身

私たちのグループのアイデアは、保冷剤ポケット付きの子どもTシャツ。襟をセーラーにするというアイデアにたどり着くまでが大変でした。
子どもの安全性や快適性など、いろんな観点でのチェックが必要だったからです。私はドンドン意見を言うタイプではなく縁の下の力持ちタイプ。
あまり自信を持てずにいたのですが「モノを作るためには、吉野さんみたいな人もいないとできないんだよ」と言ってもらえた。
就職活動前にこんなに貴重な経験ができて本当によかったです。

社会参加 (3)こどもみらい祭

小学3・4年生を対象にお祭の運営を通じて、経済を学ぶ場を提供。

足立区の小学校と連携し、小学生約100名が2ヶ月間経済を学び、自分たちのお店を出店するという地域連携プロジェクト『こどもみらい祭』。
事前準備として、小学校に行き、仕入れ・売上・利益の仕組みなども指導。
子ども視点を意識して、準備や工夫をすることで、教えることの難しさや楽しさを体験することができます。

町田 明佳音さん(左) 西野 拓真さん(右)

来場者1000人達成。
フィナーレでのお手紙企画、大好評でした。
  • 町田 明佳音さん(左)
    こども心理専攻 4年
    東京都立 篠崎高等学校出身
  • 西野 拓真さん(右)
    こども心理専攻 2年
    東京都 私立朋優学院高等学校出身

今年のフィナーレでは、子どもたちから保護者の方々にお手紙を書いて渡すというサプライズ企画を準備しました。アンケートには「まさかうちの子が…」という驚きの声もちらほら。心理学を学ぶ私たちが企画するからには、子どもたちや保護者の方々の見えない心もきちんと汲み取って、満足していただける場にしたい。そんな狙いが当たってガッツポーズです。今年は来場者1000人達成。昨年比140%の数字に、地域からの期待の大きさも実感。これからも大切に育てていきます。

社会参加 (4)クリスマスフェスタ

開学当初から続く、伝統イベント。
地域の方々と一緒に楽しむクリスマスを企画。

東京未来大学開学当時から続く伝統イベント『クリスマスフェスタ』。親子で楽しめる来場者参加型のコンサートや、クリスマスを先取りしたワークショップなどを開催しています。事前予約制のコンサートは口コミで広がり、数日で予約が埋まるほどの人気ぶり。数年前からは要望を受けて、ワークショップなどの別企画も運営するように。学生にとっては、地域の方とのふれあいの中で、日々の学びを活かす実践的な場でもあります。

広瀬 茉奈美さん

10年目を迎えた今年も、満員御礼。
参加型の魅力を活かし、パワーアップ。
広瀬 茉奈美さん
こども保育・教育専攻 3年
千葉県立 検見川高等学校出身

昨年まではプロの演奏家をお呼びしていたコーナー、今年は自分たちで企画することが決定。10年目を迎える伝統のイベントだからこそ、地域の方からの期待も高い。ワークショップの作品を使おうとか、自分たちの強みを活かせる企画にしようと頑張りました。私は装飾係のリーダー。装飾にも「参加型」で楽しんでもらえる仕掛けを施しました。昨年よりも大規模になり大変でしたが、仲間との連携プレーで大成功しました。

その他の、社会参加活動

足立区が期待。「地域ボランティア」 足立区の保育所や幼稚園で行うボランティアや、小学校での授業支援などに参加。地域と共に学ぶ機会を、数多く用意しています。
「海外留学」で視野を拡大 米国短期留学では、英語力向上だけではなく、現地の学校でボランティアをしながら異文化理解を深めます。
「海外インターンシップ」の実施 アメリカやベトナムでのインターンシップに参加し、さまざまな価値観に触れ、視野を広げましょう。


ページトップへ