HOME大学教育と社会との接続に関する調査実施報告について

大学教育と社会との接続に関する調査実施報告について

このたび、東京未来大学では日頃よりお世話になっている福祉保育に携わる園所・施設等の採用ご担当者様に向けて、アンケート調査を実施させて頂きました。

ご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました。

 

この場をお借りして、アンケート調査結果の概要を公表いたします。

 

変化が大変激しい時代の中で、本学がこれからもより一層社会からの要請とご期待に応えられるよう、皆様から頂戴致しました貴重なご意見を真摯に受け止め、学内諸改革に反映させ、より社会に貢献する意欲と姿勢を持った人材を輩出してまいりたいと存じます。

 

1.調査概要

■調査目的:主に基礎力の視点から、卒業生の輩出先である幼稚園・保育園・福祉施設が求める能力並びに卒業生の印象を明らかにする

■調査対象:東京未来大学の卒業生採用実績のある幼稚園・保育園・福祉施設

■調査方法:回答依頼文章を封書にて送付。Web/FAXで回答

■調査期間:2021年5月7日~2021年6月1日

■発送数:427施設

■集計対象数:135施設

■回収率:31.6%

 

2.調査結果概要

アンケート結果から、現場において特に必要とするスキルが、本学卒業生には身についており、高く評価されていることが分かりました。

 

特に「強み」となっているスキルは、

「誰に対しても和やかに接し、相手(同僚や保護者等)の話を真剣に聞くことができる」

「責任感を持ってやり遂げることができる」のコミュニケーション力、セルフコントロール力でした。

 

詳細はこちら(PDF)をご確認ください。

 

一方で、目立った課題は該当なしという結果でしたが、記述式でご回答いただいた内容の中には、身に着けた方がよいスキルにもご教示いただいておりました。今後、より社会に貢献する意欲と姿勢を持った人材を育成してまいりたいと存じます。

https://www.tokyomirai.ac.jp/shien/index.html

PAGETOP