HOMEモチベーション行動科学部の学生3名が「英国エディンバラ公国際アワード」のブロンズ賞を授与されました。

モチベーション行動科学部の学生3名が「英国エディンバラ公国際アワード」のブロンズ賞を授与されました。

平成27年度「青少年体験活動奨励制度」(主催:一般社団法人 教育支援人材認証協会/文部科学省委託事業)において、
モチベーション行動科学部の学生3名が認証を受けるべく、木内菜保子准教授(こども心理学部)の指導の下、
体験活動に取り組んでまいりました。

その結果、2016年3月に文部科学省より「青少年体験活動奨励制度」修了証(アワード)が、
また、連携する「英国エディンバラ公国際アワード」のブロンズアワード(賞)が授与されることになりました。

9月27日、モチベーション行動科学部長・角山剛教授より学生3名に対して、
「英国エディンバラ公国際アワード」修了証と記念バッジの授与が行われました。

160927授与式1
▲写真左から、モチベーション行動科学部長・角山剛教授、モチベーション行動科学部3年・蒲谷瑞季さん、
同3年・加瀬大和さん、同3年・稲田知明さん、学生たちのアドバイザーを務めた木内菜保子准教授(こども心理学部)




【受賞学生】モチベーション行動科学部3年 稲田知明さん
            同           3年 加瀬大和さん
            同           3年 蒲谷瑞季さん

【主な体験活動の内容】
<ボランティア体験>ビブリオバトルを通して、様々な人の交流の場を作る(社会貢献事業)
<教養体験>書評をするために多くの本を読みこみ知識をつける
<自然体験>日本の山岳地帯について学ぶため、高尾山登山
<運動体験>体力増強のため、1日30分以上のウォーキング



◆青少年体験活動奨励制度とは◆
青少年の体験活動を後押しするために文部科学省が平成25年度から試行している制度。14~25歳の青少年を対象に、「自然体験、運動体験、ボランティア体験、教養体験」という4領域の体験活動について、総合的に一定期間継続することで、その達成を記念する修了証が文部科学省から授与される。
http://www.japan-youth-award.net/index.html


◆「英国エディンバラ公国際アワード」との連携◆
上記制度は、国際的な活用も視野に入れているため、国際的な体験活動の評価制度であるイギリス発祥の「英国エディンバラ公国際アワード」との連携をしており、平成27年度は、青少年体験活動奨励制度に参加し、活動を修了することで、「英国エディンバラ公国際アワード」のブロンズアワードが同時取得できるようになっている。
 

PAGETOP