モチベーション行動科学部
モチベーション行動科学科

プロジェクト紹介

東京未来大学の学びは、教室にとどまらない
仲間と意見しあいながら、プロジェクトを築く、動かす。企業や地域社会と連携しながら、新しい価値を創造し、発信する。
体験型の学びには、アタマだけではなく、カラダで吸収できるダイレクトな手ごたえがあります。東京未来大学では、プロジェクト体験も教育の一環です。

PROJECT 1
スタートアップセミナー

スタートアップセミナースタートアップセミナー

新入生研修で、社会で生きる基礎を学ぼう。
入学時に行われるスタートアップセミナーでは、企業の新人研修をベースにしたプログラムであいさつの仕方からプレゼンテーションやチーム運営の手法までを、社会に近づく第一歩として学びます。運営側として支える重要な役割がスタセミスタッフ。新入生たちの緊張を和らげ大学生活のスタートをサポートします。

保坂 ひよりさん

不安な気持ち、わかります。だからこそ温かくサポートしたい。
保坂 ひよりさん
3年 神奈川県 私立英理女子学院高等学校出身

新入生の時に優しい先輩に助けてもらった思い出のスタセミ。自分も先輩みたいになりたいと思い参加を決意。1日目終了後にはスタッフで集合して、新入生一人ひとりを次の日どうサポートするのか細かく話し合うんですよ。話せる人もいれば、引っ込み思案な人もいる。昨年の自分を思い出すとつい熱が入ります。後日、後輩が「ひより先輩!」と声をかけてくれた時は嬉しかったですね。こうしてつながる先輩と後輩の絆は、未来大の良き伝統です。

PROJECT 2
キャンパスクルー

キャンパスクルーキャンパスクルー

高校生に大学生の本音を伝える。未来への階段をサポートする。
オープンキャンパスの在学生スタッフであるキャンパスクルー。笑顔で高校生を迎え入れてキャンパス案内をしたり、学業や大学生活について様々な質問に答えたりと、大学の顔として活動。相手の気持ちを汲みとるコミュニケーション力やプレゼン力を磨く絶好の機会でもあります。

高橋 翔さん

プレゼンの授業で習ったことを、高校生と話す時に実践しています。
高橋 翔さん
3年 神奈川県 私立橘学苑高等学校出身

キャンパスクルーに興味をもったのは高校生の時。でもいざ自分がやるとなると難しい。先輩からは「笑顔がぎこちないよ」と言われました(涙)。できることは全部やろうとプレゼンの授業で習った傾聴の方法をすぐ実践。目を見る、うなずく、相づち。言葉はないけど立派なコミュニケーションなんですよね。最近、オープンキャンパスじゃなくても掲示物が剥がれていると直したりと日常的に環境整備を心がけている自分に気付きました。これからは人を巻き込む力を鍛えたいです。

PROJECT 3
三幸フェスティバル

三幸フェスティバル三幸フェスティバル

フィナーレでは達成感で涙が。この経験を生涯の宝に。
東京未来大学の人材育成における最重要プロジェクトの一つ“三フェス”。学部学年を超えたチーム対抗の「競技」「パフォーマンス」「応援」で本気をぶつけて競いあいます。山も谷も乗り越えるからこそ達成感と感動で自然と涙がこぼれるフィナーレ。協働する楽しさと難しさ、仲間を巻き込みプロジェクトを企画・運営する醍醐味を味わうことができます。

笹部 海希子さん

仲良くなるとより力を発揮できる?140人の一致団結力を活かそう。
笹部 海希子さん
3年 東京都 私立大東文化大学第一高等学校出身

昨年の悔し涙を取り戻そうと、パフォーマンスリーダーに立候補。しかしスケジュール管理が苦手でタスクをノートに書き出すことからはじめた頼りないリーダーでした。一番力を入れたことは一体感づくりです。学年間の壁を取っ払いたくて、練習の前には必ずコミュニケーションの時間を設けました。するとスムーズに進行するようになったから不思議。当日は140人が結束して良い演技をすることができ、見事黄団優勝!リベンジ、大成功です。

PROJECT 4
未来祭

お客様満足を追求して利益創出。事業づくりのトレーニング。
ただの大学祭ではありません。大学から〔企画運営費〕を獲得するため、教職員に企画内容を提案する「未来祭企画プレゼンテーション」から準備がスタート。サービスモデルを練り上げ、運営組織をマネジメントし、どう利益を上げるのかを考え抜く。ビジネスの絶好のトレーニングです。

古川 蓮さん

プレゼンが苦手な私が部長?粘りに粘ってつくりあげたステージ。
古川 蓮さん
3年 私立飛鳥未来高等学校出身

ステージ部として2年連続の実行委員。昨年は大失敗して足を引っ張った私ですが今年は部長。大役です。しかし、せっかく部員が考えたステージ企画を会議で通せないふがいない部長。「安全性に問題アリでは?」など想定外の質問に対応できず、持ち帰っては改善して再提案の繰り返し。そして迎えた当日、これがすごく盛り上がったんですよ。後輩が「古川さんが部長でよかったです」と言ってくれて本当にやってよかったと思いました。

地元企業や地域と未来大生のコラボプロジェクト

手をつなぐから、面白いことができる!

地元企業 × 未来大 = 産学連携プロジェクト
カードゲーム開発プロジェクト「ほめじょーず」

カードゲーム開発プロジェクトカードゲーム開発プロジェクト

モチベーションをアップさせる「ほめる」カードゲーム誕生。
足立区の老舗印刷会社しまや出版と「ほめる」をテーマにしたカードゲームを共同製作。クラウドファンディングでは予想以上の資金が集まり、様々なメディアにも掲載され話題に。現在、企業の新人研修や福祉施設などでのコミュニケーションツールとしても使用されています。

鈴木 蒼汰さん

足立区役所の方から「こんな成功事例他にないよ!」とお褒めの言葉をいただきました。
鈴木 蒼汰さん
4年 東京都 私立京華商業高等学校出身

社長とは毎週のように打ち合わせをして、ゲームの仕様について議論。複数のカードを引いて組み合わせてほめる形式を考案しました。これが意外に難しくて面白い。長所を見つける観察眼や表現力を求められるのです。僕自身もこの取り組みを通じて、大きな自信に。大人数を前に説明したり、企業の方と交渉したりと、半年前には信じられない成長です。これからも周囲のみなさんと協力しながらこの商品を広めていきたいです。

地元企業 × 未来大 = 産学連携プロジェクト
雷おこしプロジェクト「みらいおこし」

雷おこしプロジェクト雷おこしプロジェクト

大学生がつくった地元の新銘菓、ギフト商品も好評です。
足立区の製菓メーカーと共同開発した、こしょう味、甘酒味、うなぎのタレ味などユニークな味の雷おこし「みらいおこし」。地元のお茶屋さんからもコラボ商品をつくりたいとの声がかかり贈答用も登場。未来祭でも完売御礼。地元百貨店での販売もおこないました。

地元企業 × 未来大 = 産学連携プロジェクト
和菓子プロジェクト「みらいのあん」

和菓子プロジェクト和菓子プロジェクト

世界中のどこにもない、面白い和菓子を目指そう!
足立区の和菓子屋さんと新しい和菓子を共同開発。「絵具のようにあんこの色を選べる」「あんを溶かすとドリンクにもなる」というアイデアを商品化した「みらいのあん」。いちごや梅などのユニークな味わいが特徴です。区の広報誌にも掲載されました。

薄井 沙奈さん

計画と現実のギャップをどう乗り越えるか。就職活動の面接も盛り上がります。
薄井 沙奈さん
4年 茨城県立 水戸第二高等学校出身

コンセプト企画、サンプル製作、テスト販売、パッケージ開発など一連のプロセスを体験。製造の際のロット数や在庫管理など一般消費者には見えない裏側の努力があることや、お客様が買いたいと思える価格でつくる難しさなど、ビジネスの大原則を体感しながら学ぶことができました。机上で計画を組み立てることと、実行する現実との間には、ギャップがある。それをどう乗り越えるかが大事。面接の場で話すと、興味深く聞いていただくことが多いです。

地域・子どもたち × 未来大 = 地域連携プロジェクト
こどもみらい祭

こどもみらい祭こどもみらい祭

子どもたちが主役のお祭り、今年も大盛況でした。
足立区の小学校と連携し、小学生約90名が2ヶ月間経済を学び、自分たちのお店を出すという地域連携プロジェクト「こどもみらい祭」。事前準備として、小学生には仕入れ・売上の仕組みなどを指導します。当日は、外部の企業・団体と協力したブースも多数出店。キャンパスに子どもたちの声が響く賑やかな一日になりました。

筒井 千捺さん

「雨だったらどうする?」当日の現場対応も超重要ミッション。
筒井 千捺さん
2年 東京都立 葛西南高等学校出身

地域連携推進委員会の活動は、たとえ1年生であっても主体性ありき。こどもみらい祭では、私はケージボールというアクティビティ コーナーの担当に。子どもの年齢や発達に応じてルールを決めたり、安全にプレーしてもらうためのサポート体制を整えたりと準備に奔走。当日雨が降って急遽体育館に変更になりバタバタしましたが、元気いっぱい走り回る子どもたちを見たら苦労なんか吹き飛んでしまいました。

地域・子どもたち × 未来大 = 地域連携プロジェクト
クリスマスフェスタ

クリスマスフェスタクリスマスフェスタ

夢のような時間を演出します。心温まる伝統フェスティバル。
東京未来大学開学当時から続く伝統イベント『クリスマスフェスタ』。親子で楽しめる参加型のコンサートや、手作りワークショップなどを開催しています。事前予約制のコンサートは口コミで広がり、数日で予約が埋まるほどの人気ぶり。劇のシナリオから会場装飾まで、学生たちが心を込めて準備しています。

加藤 さくらさん

「お客様が喜んでくれるかどうか」を一番に考えて活動しています。
加藤 さくらさん
2年 千葉県 私立中央学院高等学校出身

地域連携の取り組みで最も大事にしていることはお客様視点。クリスマスフェスタでは、私はお菓子屋さんとのコラボブースの担当に。メニュー考案では様々な案が出ましたが、当日のオペレーションが回らなかったら夢の空間も台無しですよね。限られたスタッフでどこまで対応可能かなど、当日をシミュレーションしながらの準備。本番ではたくさんのお客様が私たちのキッチンカーを囲んでくださり嬉しかったです。

PAGETOP