モチベーション行動科学部
モチベーション行動科学科

学び方の特徴

「理論」と「実践」2つの学び方で。
人間どうしをポジティブにつなぐ。社会で役立つ『心理学』を学ぼう。
モチベーション行動科学部の学び方はユニーク。少人数の『参加型授業』で“理論”を学び、『プロジェクト体験』という“実践”を通じて、心を躍らせながら、頭だけではなく全身で吸収することができます。考える。動く。この2つがあるからこそ、学びは楽しい。
他大学にはない学びの本質と醍醐味が、本学にはあります。

大学での学びは「教室」だけでするもの。そう思い込んでいる人は、びっくりします。
アタマで学ぶ「理論」と カラダで学ぶ「実践」。
この2つが、モチベーション 行動科学部の学びです。

1.心理学の理論
人間どうしの関係を
どうよくするか
なぜ人はそう行動するのか
動機はなにか
2.経営学の理論
どうしたらチームは成長し発展するか どう仲間をまとめれば、仕事がうまくいくか
なぜ、人はその商品を選ぶのか
3.教育学の理論
人をどう伸ばすか
チームをどう元気にするか
自分を育てるための方法とは
1.大学祭(未来祭)
プロジェクト
クラスで企画して運営もする
2.三幸フェスティバル
200名近いメンバーが
一丸となり競う
3.インターンシップ
ビジネスの現場に触れる
4.地域や企業との
連携プロジェクト
地域活性を考える
企業の新商品を企画する

※プロジェクト等は2019年度実績

理論の学びと、プロジェクトの実践。この2つがあるから、本学部の学生は、頭だけではなくカラダでも学ぶのです。人とどんな関係を、どうつくれば、モノゴトがスムーズに進むのか。なにをやれば参加者みんながよろこぶのか。
それを身につけたあなたは、
きっと社会でイキイキと活躍できます。

【センパイの体験レポート】「理論と実践」ってすごい。こんなに成長できましたよ。~理論を学ぶ。実践してみる。2つを並行しておこなうと、驚くほど自分を伸ばすことができる。3名の先輩の体験レポートを通じて、成長の足どりを知ってください。~

心理系ゼミ 迎田 柊さんのケース

BEFORE
心理学を学んでみたい。
高校は音楽科。これまで声楽一筋だったけど、大学では違うことを学んでみたくなり、心理学に着目。大きな大学だと埋もれてしまうと考え、少人数のクラス制でしっかり学べそうな未来大へ。
AFTER
みんなを裏方で支えるサポート職に。
迎田 柊さん
迎田 柊さん 4年
埼玉県立 芸術総合高等学校出身

理論

社会・集団・家族心理学B(集団)
人にはそれ以上踏み込まれると不快な気持ちになるパーソナルスペースというテリトリーがあるなど、対人や集団の中での人の意識や行動について学ぶ授業。
社会・集団・家族心理学B(集団)
心理調査課題演習(フィールドワーク)
グループで1本の研究に取り組む授業。私たちのグループのテーマは浮気された時の嫉妬について。アンケート作成、集計、分析、レポート。卒論と同じプロセスを踏み、みんなで議論も重ねたので深い考察に。
コーチング
質問にはYESとNOで答えられるクローズドクエスチョンと、そうではないオープンクエスチョンがある。インターンシップなど初対面で会う時には、アルバイトの時には、と質問の使い分けを意識するように。
専門演習(ゼミ)
様々なケーススタディが載っている社会心理学の入門書を使ってディスカッション。特に興味を持ったのは集団規範。なぜ定時退社は気まずいのかといった「暗黙の了解」について調べています。

実践

学友会自治委員
学生の生活を長期的にサポートする活動がしたいと自治委員に。大学の授業改革につながる組織づくりのために他大学に訪問したりして、裏方で支えることの面白さに気づく。
学友会自治委員
インターンシップ
2年の後期から積極的に参加しはじめた。保険、商社、フィットネスなど回ってみて、商社の一般職に興味を持った。
インターンシップ
資格取得
大学の掲示板に資格講座のお知らせが掲示されるので、気になる資格がないか日々チェック。社会調査士、秘書検定、日本語検定などに挑戦。コツコツ頑張るのが好きだと気づきました。

埴田健司ゼミ

埴田健司ゼミ
メリハリがあって、明るく元気な埴田先生。ユーモアでみんなを笑わせてくれます。

これからについて一言自分が先頭に立ってリーダーシップを発揮するというよりも、後ろに構えてみんなをサポートするのが好きなんだと気づいた。具体的には、営業サポートや、商社の一般職など。派手じゃないけど、コツコツ地道に努力できる強みを活かせる仕事につけたらいいなと思っています。

経営系ゼミ 坂本 梨紗さんのケース

BEFORE
自分らしい道を見つけたい。
高校時代はやってみたい仕事がたくさんあり絞れなかった。心理・経営・教育の3分野を学べるこの学部なら、自分に合った道を見つけられるのではないかと未来大へ。1・2年の授業から経営に興味を持つように。
AFTER
信頼関係を大事にする職場で挑戦したい。
坂本 梨紗さん
坂本 梨紗さん 4年
埼玉県 私立浦和学院高等学校出身

理論

企業と管理
会社には企業文化があり、良い影響を与える場合もあれば、そうではない場合も。企業風土にとらわれて、新しいチャレンジができない例などを、実際のケーススタディを見ながら学んだ。
企業と管理
モチベーション論
「負け続きのサッカーチーム、あなたならどう指導しますか?」など面白いテーマが満載の授業。達成できそうな目標を立てて、勝ち癖をつけると良いなど、自分の日常にも役立ちます。
企業と社会的責任
実際に起こった事件をテーマに企業の社会的責任について学んだ。たとえば、不正行為とはどういうことなのか、大学のプロジェクトになぞらえて解説。理解しやすかった。
国際理解教育論
世界の学校教育から、日本における帰国子女の受け入れ方まで、国際教育や多文化教育の基礎を学べる授業。文化の違いを考えるきっかけに。教育の役割や重要性を実感。

実践

キャンパスクルー
オープンキャンパスで高校生を受け入れるための会場準備、当日の案内、対話とコミュニケーション。1から10まで在学生がおこなうので力になる。映画館のアルバイトにすごく役立った。
キャンパスクルー
インターンシップ
インフラ、金融、コンサル、フィットネス、人材、飲食、ブライダル、ホテル。1年生の頃は大学推薦や学部全員参加で、2年生から自分で探して行くように。グループワークが楽しかった。
インターンシップ
アルバイト
ラーメン屋さんでは、チームワークやリーダーシップなど経営系の授業内容が役立った。アパレル販売ではお客様との対話があるので、心理・コミュニケーション系の授業の内容が役立った。

郭潔蓉ゼミ

郭潔蓉ゼミ
入学時から名前を覚えて声をかけてくれた郭先生、尊敬しています。

これからについて一言インターンシップでは業界問わず、いろんな企業に訪問。興味がある会社とそうでない会社が、白黒はっきりするタイプなんだと実感しました。トップの発信力が強い会社よりも、現場の力で成長していく社風のほうが自分には合っていると思いました。世界遺産検定などの資格取得にも興味あり。自分の世界を広げられる仕事につきたい。

教育系ゼミ 増田 莉央さんのケース

BEFORE
よくばりに学んで成長したい。
将来は人と関わる仕事につきたいとぼんやり考えていたが、3分野を広く学ぶことで自分に合うものを見つけたいと未来大へ。授業の内容は難しいけど、一番ワクワクした教育系ゼミを選択。
AFTER
ITを学んで視野が広がった。
増田 莉央さん
増田 莉央さん 4年
埼玉県立 川口高等学校出身

理論

プレゼンテーション
最初に結論を述べるなどの具体的な方法論から、スライド作成のポイント、実際のプレゼンまで、とても実践的な授業。他の授業の基礎となるため、1年次にみっちり。
売り場の科学
どうすれば売上が上がるのか。学んだことを活かし、アルバイト先で新商品の販売促進プロモーションに挑戦。お客様の導線を想定したポスターの配置など参考になりました。
コミュニケーションの心理学
コミュニケーションは双方向のキャッチボール。得意だと思っていたが一方的に喋っていただけなのかもしれないと反省。片方が無言になる実験では、話の聞き役の重要性を実感。
コンピューターと人間の接点
ITがいかに私たちの生活に入り込んでいるか、未来を変える可能性があるかなど、ワクワクする内容。VRなど今まで興味がなかっただけに、得るものが多いと実感。
コンピューターと人間の接点

実践

アルバイト
居酒屋のホールスタッフ。長く続けているので任されることも多く、学んだことを実践できる。ドリンクなどの販売促進では経営系の授業が、接客ではコミュニケーションなど心理系の授業が役立った。
三幸フェスティバル
2年連続で応援団にチャレンジ。どうすれば一致団結して一つの目標を達成できるか。一人で黙々と打ち込むよりはみんなと頑張る方が好きなタイプなんだと発見も。
三幸フェスティバル
未来祭実行委員
ミスコンなどのイベントを企画する本部企画部の部長として、部の意見をまとめて、企画書を作成し、みんなの前でプレゼン。考えるのは面白かったが企画が通らず悪戦苦闘。社会人に向けての良い経験に。
未来祭実行委員

杉本雅彦ゼミ

杉本雅彦ゼミ
杉本先生は優しくて、何でもわかりやすく教えてくださるので、たくさん質問しています。

これからについて一言経営系のゼミの方が就活に近道だと思われがちだけど、教育系のゼミでも社会・企業について学ぶことができる。今まであまり知らなかったITを学べたことで自分の視野を広げられた。人の幸せのために頑張れる、企画ができる、自分の持ち味のガッツを活かせる、という軸で考えると、最近ではブライダル業界に興味が出てきた。

PAGETOP