こども心理学部

HOMEこども心理学部教員紹介鈴木 公啓

教員紹介

鈴木 公啓(Tomohiro Suzuki)

鈴木 公啓

経歴

東洋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。
東洋大学や明治学院大学等の非常勤講師、東洋大学HIRC21のPD研究員を経て現職。

学位

博士(社会学)

専門分野

心理学

研究キーワード

装い,身体,身体性

主な担当科目

パーソナリティ心理学、心理学基礎実験

座右の銘

泰然自若

趣味

料理

研究業績

分類 著書、論文等の名称 著者名 単著
共著
の別
発行
又は発表年月
発行所、発行雑誌
又は発表学会等の名称
著書 子どもをめぐる22のキーワード 日向野智子・鈴木公啓・他 共著 2017.4 ミネルヴァ書房
論文 上を向いて歩こう? -歩行時の頭部の上下の傾きが心理・生理状態に及ぼす影響- 鈴木公啓・真家英俊・山口慎史・川田裕次郎 共著 2017.12 東京未来大学研究紀要
論文 美容医療(美容整形およびプチ整形)に対する態度 -経験の有無や興味の程度による比較- 鈴木公啓 単著 2017.12 東京未来大学研究紀要
論文 過食性障害(binge-eating disorder)患者のボディイメージの検討 -客観的シルエット図を用いて- 鈴木公啓・中井義勝 共著 2017.9 臨床精神医学 46,1443-1447
論文 繊維の知識や生地の接触判別と家庭科の学習との関係 小林久美・鈴木公啓 共著 2017.9 未来の保育と教育,4,31-37.
論文 医療面接の紙上応答訓練ワークシートの開発と導入 
山﨑晴美・上原任・三澤麻衣子・鈴木公啓・尾崎哲則・桑田文幸・藤田之彦・穴澤万里子・中島一郎 共著 2017.4 日本歯科医学教育学会雑誌,33,45-52.
学会発表 The effect of healthy diet strategies and drive for thinness on overeating : The differences between self-conscious cognitions and behaviors on diet practice. YAZAWA, M. & SUZUKI, T. 共同 2017.11 ABCT 51st Annual Convention.
学会発表 体型印象管理予期と痩身願望の関連における調整要因 -痩身評価の有無を調整要因とした検討- 鈴木公啓 単独 2017.10 日本社会心理学会第58会大会発表論文集,P111
学会発表 ダイエット実践における自覚的な認知と行動の一致,不一致の影響 -気質,過食,痩身願望との関連から- 矢澤美香子・鈴木公啓 共同 2017.9 日本パーソナリティ心理学会第26回大会発表論文集,83
学会発表 不審者事前検知ソフトの検証(2) -メンタルチェッカーと自己評価による特性指標の関連- 大久保智生・谷伊織・鈴木公啓 共同 2017.9 日本パーソナリティ心理学会第26回大会発表論文集,115
学会発表 いれずみを入れる人は何を求めているのか -効用の予期と結果が満足度や後悔そして今後の意図に及ぼす影響- 鈴木公啓・大久保智 共同 2017.9 日本パーソナリティ心理学会第26回大会発表論文集,64
学会発表 なぜ人は身体変工を行うのか? -永続的な装いの心理学 鈴木公啓他 共同 2017.9 日本心理学会第73回大会公募シンポジウム
学会発表 Body Appreciation and Intuitive Eating among Japanese high school boys. Namatame, H., Suzuki, T. & Sawamiya, Y. 共同 2017.9 23rd International Conference on
Adolescent Medicine & Child Psychology, 58.
学会発表 医療面接紙上応答訓練ワークシートにおける学生の共感的言語表現について 山﨑晴美・上原任・三澤麻衣子・鈴木公啓・尾﨑哲則・桑田文幸・藤田之彦・穴澤万里子・中島一郎 共同 2017.7 第36回日本歯科医学教育学会総会および学術大会プログラム P2-26
講演 テイ・エス・テック TStech株式会社2017年12月度ワークショップセミナー「身体と心のつながり -自己と他者への影響-」講師 鈴木公啓 2017.12 TStech株式会社

社会活動(学会、研究会、法人、自治体等)

機関名・企業等名 役職等名 就任年月 退任年月
日本応用心理学会 第82回大会大会事務局長 2015.3 2015.12
日本心理学諸学会連合認定心理学検定局 検定局員 2015.1 現在に至る
日本パーソナリティ心理学会経常的研究交流委員会 委員 2014.1 2017.9
日本パーソナリティ心理学会機関誌編集委員会 常任編集委員 2014.1 2016.9
日本社会心理学会 事務局幹事 2009.4 2010.3


ページトップへ