情報の公表について

HOME情報の公表について教育研究活動等状況教育研究上の目的

教育研究活動等状況

教育研究上の目的

大学の目的

本学は、教育基本法に則り、学校教育法の定めるところに従い、技能と心の調和を教育の基本の理念に掲げ、高度な専門的知識・技能、人間性豊かな心、高い意欲を持ち続け、自ら考え、自ら行動することで、社会に貢献する人材を養成することを目的とする。

ページトップへ

ページトップへ

入学定員等

学部 学科・専攻・課程 修業
年限
入学
定員
編入学
定員
収容
定員
こども心理学部 こども心理学科
こども心理専攻
4年 80人 320人
こども心理学科
こども保育・教育専攻
4年 200人 800人
(720人)
こども心理学科
通信教育課程
4年 75人 900人
2年 第3年次
300人
(小計) 355人 第3年次
300人
2,020人
(1,940人)
モチベーション行動科学部 モチベーション行動科学科 4年 60人 240人
(320人)
モチベーション行動科学科
通信教育課程
4年 20人 120人
(280人)
2年 第3年次
20人
(小計) 80人 第3年次
250人
360人
(600人)
(合計) 435人 第3年次
320人
2,380人
(2,540人)

ページトップへ

学位

学部 学科・専攻・課程 学位 専攻分野の名称 専攻分野の名称(英語表記)
こども心理学部 こども心理学科
こども心理専攻
学士 心理学 Bachelor of Psychology
こども心理学科
こども保育・教育専攻
学士 保育・教育学 Bachelor of Childcare and Education
こども心理学科
通信教育課程
学士 こども心理学 Bachelor of Child Psychology
モチベーション行動科学部 モチベーション行動科学科 学士 行動科学 Bachelor of Behavioral Sciences
モチベーション行動科学科
通信教育課程
学士 行動科学 Bachelor of Behavioral Sciences

ページトップへ

人材の養成に関する目的及びその他教育研究上の目的

こども心理学部 こども心理学科

こども心理専攻
心理学の基礎的概念を修得しながら子ども心理学の理論や方法論に依拠した科学者-実践家モデルを基盤に、子どもたちの健全な成長・発達・学びを促すための理論的理解と実践力を養い、「高度な専門的知識と技能」とともに豊かな心を合わせ持った人材を育成する。
こども保育・教育専攻
未来を担う子どもたちの健全な成長・発達・学びを促すために必要となる、子ども理解に根ざした「高度な専門的知識と技能」とともに「豊かな心」を併せ持った人材を養成する。授業および実習を通して理論的理解と実践力を併せ持った保育者・教育者を養成する。

モチベーション行動科学部 モチベーション行動科学科

社会で必要とされる「組織成員として組織の健康な発展に貢献するモチベーション」「他者を理解し円滑な対人関係を志向するモチベーション」「広い関心と学びへのモチベーション」を学び、理解することにより、自己を含め、所属する集団や組織、地域・社会とその成員に対して影響力を与え、活性化を促すことができる人材を養成する。

通信教育部

こども心理学部
日本の未来を担う子どもの豊かな成長を、家庭、学校、地域社会、および、それらをとりまく文化との相互関係という視点から捉え、単に知識や技能を習得するにとどまらず、人間性を高める教育を併せて展開することにより、真に社会に役立つ人材を育成する。
モチベーション行動科学部
社会で必要とされる、「組織成員として組織の健全な発展に貢献するモチベーション」、「他者を理解し円滑な対人関係を志向するモチベーション」、「広い関心と学びへのモチベーション」を学び、理解することにより、自己を含め、所属する集団や組織、地域・社会とその成員に対して影響力を与え、活性化を促すことができる人材の養成を目的とする。

PICK UPコンテンツ

  • ハリキリほりきり通信
  • Chigo Cafe ブログ

公式Twitterアカウント

Twitter
入試や各種イベント情報をリアルタイムで配信します。

ページトップへ