高校教員の方へ

HOME高校教員の方へ出張講義一覧

出張講義一覧

出張講義可能な教員と講義内容の一覧です。

出張講義一覧

モチベーション行動科学部

テーマ:目標 × モチベーション

テーマ:学習 × モチベーション

テーマ:組織 × モチベーション

テーマ:ストレス × モチベーション

テーマ:人間関係 × モチベーション

テーマ:コミュニケーション × モチベーション

テーマ:感性 × モチベーション

テーマ:時間 × モチベーション

テーマ:オリンピック × モチベーション

こども心理学部

出張講義内容

※各教員の都合や本学から御校までの所要時間等の様々な要素から、上記日程でも講義希望に添えない場合がございますので、ご承知おきください。

モチベーション行動科学部

テーマ:目標 × モチベーション

講義名「知らず知らず」の心の働き
講義概要もっと早く期末試験の勉強を始めようと思っていたのに、結局また一夜漬け...「やろうやろう」と思っているのになぜかはかどらない...あの人のようになりたいけど、うまくいかないこうした経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。なぜ思ったこと(思考)と行動は一致しないのでしょうか?私たちの思考や行動は、身の回りの環境やその場の状況の影響を知らず知らずのうちに受けてしまうことがあります。知らず知らずの影響を具体的に知り、どうすれば目標達成につながる行動を引き出せるかを一緒に考えましょう。
講師名埴田 健司 (はにた けんじ) 埴田 健司
講師紹介一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。博士(社会学)。追手門学 院大学心理学部特任助教を経て現職。専門は社会心理学。研究テーマは、日常的な判断・行動の自動性、ステレオタイプ・偏見。趣味はサイクリング、旅行、料理。共著に「とても基本的な学習心理学」(おうふう)など。
講義名大学生だからできるマーケティング・プロジェクト
~心のブレーキを外して目標を高く!~
講義概要講師が仕掛け、指導した企業、行政を巻き込んだ学生プロジェクト事例を紹介するとともに、そのような活動を通して学生たちが、成長し、就職活動でも成果をあげ、社会人として活躍している様子を紹介します。また、彼らのモチベーションを高めたポイントを解説します。
プロジェクト事例
・「日清 やきそばできました。」商品開発プロジェクト
・タスコ・デザイナーズレストラン・プロジェクト(テレビ北海道番組)
・プロバスケ球団「レラカムイ北海道」創立プロジェクト
・「世界一のクリスマスツリー ギネスに挑戦」プロジェクト
・足立区でのプロジェクト(動画サイト「足立人図鑑」、ネット放送局番組運営、「アダ街!学生祭」)
講師名篠崎 雅春 (しのざき まさはる) 篠崎 雅春
講師紹介出身:慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程。MBA。 凸版印刷 消費行動研究室、たくぎん総合研究所 経営コンサルティング部。道都大学 経営学部を経て、2012年 東京未来大学 モチベーション行動科学部。
「大学生版プロジェクトXのシナリオライター兼プロデューサー」と呼ばれ、学生の就活や社会での活躍をサポートしています。

ページトップへ

テーマ:学習 × モチベーション

講義名心理学が解き明かす「学び」の科学
講義概要「どうしたら勉強する気になるのだろう?」 「勉強しても成績が上がらないなぁ。どうしたらよく覚えられるのだろう?」 「頭がよい人って一体どうしてあんなにデキルのだろう?」 学習場面で、このような悩みや疑問を感じたことのある人は多いでしょう。学習のメカニズムを探ることは、心理学の主要な研究テーマとなっています。本講義では、学習に対するモチベーションを高め、よりよく学習する方法を心理学の理論から探っていきます。
講師名小林 寛子 (こばやし ひろこ) 小林 寛子
講師紹介出身:東京大学大学院教育学研究科博士課程。博士(教育学)。日本学術振興会特別研究員PDを経て現職。教育心理学・認知心理学が専門。主な著書に『学力と学習支援の心理学』(分担執筆・放送大学教育振興会出版)、『授業の心理学-認知心理学から見た教育方法論-』(分担執筆・福村出版)。
小・中・高校や地域の中で、子どもたちや先生たちと共に、より良い学習の仕方を考えていくプロジェクトに携わっています。ぜひ一緒に考えてみませんか?
講義名日米大学生の学びのモチベーションの違い
~学ぶ意欲を高めるために必要なことは?~
講義概要アメリカの大学生はよく勉強をすると言われています。オフィスアワーには教員に質問をし、予習・復習のため、図書館や自習室で遅くまで勉強をしています。日本の大学生のように、学期中にバイトをする時間はあまりありません。どうしてこういう違いがあるのでしょうか。アメリカの大学生と日本の大学生は何が違うのでしょうか。アメリカの大学生から学ぶ意欲を高めるコツを探してみましょう。明日から、勉強が楽しくなるかもしれません。
講師名田中 真奈美 (たなか まなみ) 田中 真奈美
講師紹介出身:University of San Francisco教育学部国際多文化教育学科。Ed.D(教育学博士)。異文化適応とアイデンティティに関することを研究しています。在米22年間に、サンフランシスコのベイ・エリアで、幼稚園、小学校、高等学校、大学と幅広い教育経験があります。
アメリカでの教育経験から、学ぶことに関する意識の違いにも文化の違いが影響していることに気づきました。アメリカと日本の相違点を考えながら、文化の違いを通して学ぶことに対する意識の違いを考えてみたいと思います。

ページトップへ

テーマ:組織 × モチベーション

講義名使える!リーダーシップ ~メンバーのモチベーションに働きかけるには~
講義概要目標に向かうメンバーのモチベーションを高め、チームや集団が、そして組織が元気になるために、リーダーシップは欠かせません。リーダーシップのないリーダーはかえってメンバーのモチベーションを弱めてしまいます。リーダーに共通する資質はあるのでしょうか。リーダーにはどんな役割が期待されているのでしょうか。メンバーはどんなリーダーを望むのでしょうか。この授業では、心理学でのリーダーシップ研究の成果をもとに、リーダーになるための“鉄板”ポイントをあなたに伝授します。
講師名角山 剛 (かくやま たかし)
モチベ―ション行動科学部学部長・モチベーション研究所所長
角山 剛
講師紹介出身:立教大学大学院社会学研究科博士後期課程。専門は産業・組織心理学、社会心理学。産業・組織心理学会会長、日本社会心理学会理事などを歴任。現在、産業・組織心理学会常任理事、人材育成学会常任理事、日本応用心理学会常任理事など。主な著書に「産業・組織心理学ハンドブック」(丸善)「産業・組織心理学」(朝倉書店)など。ワーク・モチベーションに関する著書、論文多数。
講義名組織を元気にする素を探ろう!
講義概要「個人で行動することと、組織で行動するのはどう違うの?」「組織が元気でいられるには何が必要なの?」といった疑問をもつ人は多いのではないでしょうか?組織は個人の集まり。組織のかたちや運営の仕方、リーダーのタイプで、出せる成果は大きく変わってきます。皆さんは、部活やクラスで何かやる時、こんな組織だったら良かったなどと思った経験があるはずです。個人のモチベーションを上げられる組織のあり方を一緒に探求しましょう!
講師名郭 潔蓉 (かく いよ) 郭 潔蓉
講師紹介出身:筑波大学大学院社会科学研究科博士課程。博士(法学)。台湾出身の東京育ち。外資系コンサルティング会社勤務を経て大学教員に。東アジア・東南アジア地域の国際経営環境分析が専門。主に政治・経済・社会・技術の各方面からみた経営環境分析を行い、海外投資の可能性を探る。最近は、グローバル社会における人材育成、ダイバーシティ・マネジメントを主眼に研究を展開中。『グローバル教育の現在』(共著・ムイスリ出版、2015年4月)が最新作。

ページトップへ

テーマ:ストレス × モチベーション

講義名私たちはなぜ悩むの? ~心の安定とモチベーション~
講義概要「悩み事があって勉強しようというモチベーションがあがらない」。誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。気がかりなことや悩み事があって心が不安定だと、勉強どころか趣味や遊びですら(!)打ち込むことができません。「何に」悩んでいるかは人それぞれですが、それでは、私たちは「なぜ」悩むのでしょうか。皆さんは考えたことがありますか?本講義では、カウンセリングで私たちの「悩み」をどのように理解するのかについて紹介致します。「悩み」について理解し、モチベーションが十分に発揮できる心の安定とはどのようなものなのか、一緒に考えてみましょう。
講師名山極 和佳 (やまぎわ わか) 山極 和佳
講師紹介出身:早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程。人間科学(博士)。同大学助手、東京福祉大学講師、東京未来大学講師を経て現職。専門は臨床心理学。催眠やリラクセーションを中心とした意識状態について研究を行うとともに、臨床心理士として精神科クリニックにて、組織の中で学ぶ人々や、働く人々を主な対象としてカウンセリングの実践を行っています。
講義名東京オリンピック1964から2020へ -若者のモチベーションはどう変わったか?
講義概要意欲に関するテーマは、以前の日本ではほとんど問題とされなかったといえますが、現在ではもはや子どもから大人に至るまで共有の課題となっています。高度な人材育成にとって、子どもから若者の目標達成に対するモチベーションは今後の日本の未来を占う重要課題ともされています。
では、日本の子どもから若者のモチベーションは、低下しているのか?いないのか?どちらともいえないのか?人生のリスク回避に関わるモチベーションのあり方の変化の視点から、若者の意欲の変容について解説します。
講師名金塚 基 (かなつか もとい) 金塚 基
講師紹介出身:早稲田大学大学院教育学研究科博士後期課程。博士(教育学)。院生の頃から教育達成と家庭環境との関連をテーマに国内外において調査活動を実施。学習に対する意欲・やる気といったモチベーションを育む文化的環境と貧困などの人的・物的環境との相互作用や再生産に興味関心を持ち続けています。

ページトップへ

テーマ:人間関係 × モチベーション

講義名恋愛を成就する心理学 ~親密な関係を築くモチベーションを高めよう~
講義概要人を惹きつける、惹きつけられる心理的な力を「魅力」と言います。それは、親密な友人関係、恋愛関係を築く重要な手がかりであり、誰もが関心を持っています。その手がかりは、外見、パーソナリティなどの内面、環境、時間などについてこれまで多くのルールが発見されています。それをよく把握し、有効に使うことによって、誰もが満足できる親密な対人関係を築けます。主に恋愛をテーマとしながらそのルールを紹介します。
講師名大坊 郁夫 (だいぼう いくお)
東京未来大学学長
大坊 郁夫
講師紹介出身:北海道大学大学院文学研究科博士課程。札幌医科大学、山形大学、北星学園大学を経て、2000年大阪大学大学院人間科学研究科教授、2012年大阪大学名誉教授。日本心理学会理事、日本社会心理学会及び社会言語科学会元会長、日本顔学会及び日本感情心理学会顧問等 【主な著書】幸福を目指す対人社会心理学(ナカニシヤ出版)、魅力の心理学(ポーラ文化研究所)、しぐさのミュニケーション(サイエンス社)など

テーマ:人間関係 × モチベーション

講義名つながる力、つなげる力 ~人とのつながりでコミュニティのモチベーションを上げる~
講義概要なんとなく自分に自信が無くて、人とのかかわりで一歩前に進むことができない・・・そんな気持ちになること、ありますよね。でも、わずかな勇気をもって一歩踏み出すと会話が生まれ、会話が弾み、ついには人と人とのかかわりのなかで自分を大きく変化させることができます。その人間関係の輪が大きくなり、いくつもになると、自分のかかわるコミュニティを動かすことができる力になることも!豊かなコミュニティをつくるという視点から、人とつながることのモチベーションについて考えてみませんか。
講師名森下 一成 (もりした かずなり) 森下 一成
講師紹介出身:早稲田大学大学院政治学研究科及び理工学研究科修士課程。琉球大学大学院理工学研究科博士後期課程。博士(工学)。文京学院大学、群馬県立女子大学、上武大学准教授、同大ボランティアセンター副センター長を経て、現職。公共空間研究、コミュニティデザインを専門とし、現在は公民館などでの社会教育活動や地域活動を通じた「多世代共創」に注目しています。また、これらの活動に若い世代を参画させながら、彼らのシティズンシップを高め、キャリア選択に結びつける教育活動に力を入れています。

ページトップへ

テーマ:コミュニケーション × モチベーション

講義名思いを伝えるスキル
~コミュニケーションスキルで「人との関わり」へのモチベーションUP!~
講義概要「人との関わり」へのモチベーションを高めることこそ、良好な対人関係形成の第一歩です。それは、まず、自分の思いを伝えることから始まります。対面場面では、意識的、無意識的に、表情、視線、ジェスチャーなどのさまざまな「チャネル」を使って思いを伝えています。本授業ではゲームやグループワークを交えながら、コミュニケーション・チャネルがもつ特徴と、効果的な思いの伝え方を心理学の視点から解説し、コミュニケーション手法の引き出しを増やすお手伝いをしたいと思います。本授業を通して、自分自身のコミュニケーションを客観的に見つめ、「人との関わり」へのモチベーションを高めてみませんか。
講師名磯 友輝子 (いそ ゆきこ) 磯 友輝子
講師紹介出身:大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程。修士(人間科学)。同大学院助手、東京未来大学講師を経て現職。専門は対人社会心理学。研究テーマは対人コミュニケーション、社会的スキル・トレーニングプログラムの開発。趣味の人間観察も研究に活かしています。共著に「暮らしの中の社会心理学」「幸福を目指す対人社会心理学―対人コミュニケーションと対人関係の科学」(ナカニシヤ出版)等。
講義名新しいコミュニケーション手段は「人との関わり」へのモチベーションを高めていく
講義概要コミュニケーションは本来人間同士の間のものですが、メディアや機械との間まで広げて考えると、ブログやSNSなどにもあります。こうしたコンピュータを使用したコミュニケーションは、文字だけでは充分伝えきれない気持ちや感情を表現するために、絵文字やLineのスタンプのようなものが出現してきました。さらに、文字や音声だけでなく動画や映像もリアルタイムに送れるようになり、海外にいる家族や友人でも身近に感じることができるコミュニケーション手段になりました。近年では、遠くにいる高齢の人の動きや存在をあえてぼかして伝えるぬくもりのコミュニケーションや、視覚障害者ともボードゲームが楽しめる遠隔コミュニケーションゲーなどもあります。こうした新しいコミュニケーション手段は、「人との関わり」へのモチベーションをさらに高めていくことについて考えてみましょう。
講師名杉本 雅彦 (すぎもと まさひこ) 杉本 雅彦
講師紹介出身:信州大学大学院工学研究科博士後期課程。博士(工学)。明星大、長野県短大、拓殖大学北海道短大の教員を経て現職。専門はヒューマンインタフェース。現在はNICTの高度通信・放送研究開発委託研究/革新的な三次元映像による超臨場感コミュニケーション技術の研究開発に参画。趣味はスキーで、ゼミ学生とのスキー合宿や北海道カムイスキー場でのパウダースキーを楽しんでいます。

ページトップへ

テーマ:感性 × モチベーション

講義名色が与える心理的効果
講義概要身近な色の効果についてお話します。例えば、青は誠実な印象を与え、赤は情熱や熱意のある印象を与えると言われます。そのため、芸能人や政治家など、輻輳だけでなく、色にも気をつけています。これは、色の持つイメージを利用して、より魅力的に見せるように工夫しているためです。また、人物に限らず、商品パッケージや看板、標識など、色の特徴を利用した製品、商品が多くあります。色は、印象に限らず感情や気分にも影響を与えます。色を上手く利用することによって、モチベーションアップや集中力アップにつながるかも知れません。
講師名岩﨑 智史 (いわさき さとし) 岩﨑 智史
講師紹介出身:立正大学大学院文学研究科修士課程。立正大学大学院心理学研究科博士過程。博士(心理学)。認知心理学が専門。学生時代、自分の認知が解釈や理解に影響を与える性質(自己認知)に興味を持ち、認知心理学を学ぶ。最近の興味関心は、認知心理学から見た感性について。認知心理学では、ヒトの感覚や知覚をベースに、感性を捉えることが多く、ヒトの感覚、知覚が感性、認知の在り方にどう関わるか研究が進められており、非常に興味深い領域だと思います。
講義名売れるも売れないも、モチベーション次第!
講義概要どんなに良い製品あるいはサービスであっても、売れるとは限りません。売れるか売れないか、それを決めるのは消費者が買うか買わないか、であり、買うか買わないかを決めるのは、「買う気」という「やる気」に他なりません。「買う気」を高める学問は「マーケティング」といいますが、まさしく、ビジネスに関わるモチベーションの研究に他なりません。モチベーションをマーケティングの世界から解説します。
この講座を受講すれば、新発売された商品が売れるか売れないか、それを予想できるようになる自分に気が付くはずです。広告や販売促進の工夫の仕方についても触れることにしましょう!
講師名渡邊 隆之 (わたなべ たかゆき) 渡邊 隆之
講師紹介出身:早稲田大学大学院商学研究科博士前期課程。学習院大学大学院経営学研究科博士後期課程。(株)イトーヨーカ堂企画室を経て、(財)流通経済研究所、主席研究員、理事に。1992年から大学教員。専門はマーケティング。モットーは「大学に卒業はあっても、ナベゼミに卒業はなし!」 育てたゼミ生は400名を超え、各界で活躍中。売れる売場に関するこれまでの研究成果をまとめて2014年11月に出版しました。渡辺隆之著『売場の科学』芙蓉書房出版、2014

ページトップへ

テーマ:時間 × モチベーション

講義名「しあわせ」を求めて人は何をすべきか ~発達の課題とモチベーション~
講義概要人の時間からモチベーションを考えます。人生においてその時々に人は何を求め、何につまずくのか。「しあわせ」を求めて私たちはどこに行くのでしょうか。モノやお金に恵まれていても、「しあわせ」を実感できない人もたくさんいると言われています。そもそも「しあわせ」とは私たちにとって何でしょうか?
私たちは限られた時間の中で生きていくことを求められています。乳幼児期~青年期~高齢期のライフサイクルの中で、私たちに課せられた発達課題とその課題解決に向けて人を動かすモチベーションについて発達心理学の視点を通して考えてみたいと思います。
講師名高橋 一公 (たかはし いっこう) 高橋 一公
講師紹介明星大学大学院人文学研究科修士課程修了。一般企業で運転適性検査、就職適性検査等の企画開発担当を経て大学教員へ。専門は老年心理学、生涯発達心理学。臨床発達心理士、学校心理士、精神保健福祉士。専門は生涯発達心理学。著作に「図解雑学 発達心理学」(ナツメ社)、「生涯発達心理学15講」(北大路書房)など。
講義名人はなぜ歴史を学ぶのか ~先人から学ぶモチベーション~
講義概要なぜ我々は歴史を学ぶのでしょうか。私が専門とする歴史学は過去を対象とする学問ですが、過去そのものに意味があるわけではありません。我々が生きる現在にとって意味があるから歴史を学ぶのです。
私は主に江戸時代の歴史を研究していますが、江戸時代は260年間、平和で安定した時代でした。これほど長期にわたる平和と安定を維持した時代は、日本はもちろん、外国の歴史にも他に例がありません。こうした状態は自然発生的に現出したのではなく、江戸時代の人々の努力の賜物でした。すなわち、人々は社会に生起する様々な問題を高いモチベーションを持って乗り越えていたのです。現代社会も様々な問題を抱えています。そうした問題を克服するためのヒントが、江戸時代の歴史を学ぶことによって多く得られるのです。皆さんも、江戸時代の人々を動かしたモチベーションを学び、現代、さらには未来をよりよく生きるためのヒントを得てみませんか。
講師名山﨑 善弘 (やまさき よしひろ) 山﨑 善弘
講師紹介関西大学大学院博士課程後期課程修了。博士(文学)。神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター研究員、奈良教育大学教育学部特任准教授を経て現職。専門は日本近世史、社会科教育学。著作に『近世後期の領主支配と地域社会―「百姓成立」と中間層―』(清文堂出版)、『将軍と大名』(岩崎書店)など。

ページトップへ

テーマ:オリンピック × モチベーション

講義名スポーツが政治に利用される!?
講義概要これまでスポーツは、政治権力をもつ者によって様々な方法で利用されてきました。残念ながら、その使われ方も良いものばかりとはいえません。モチベーションを操作されてしまう危険さえあります。歴史をさかのぼって、スポーツと政治権力の関係をふりかえってみましょう!
選挙権を18歳以下に引き下げる法案の採択が現実味を帯びてきました。高校生が選挙で投票をする日もそう遠くはないでしょう。選挙権をもったばかりの若者も、政治権力に惑わされることのないよう、自分自身で政治について考える準備をしておかなければなりません。この授業を、その導入編として活用されてみてはいかがでしょうか?
講師名田澤 佳昭 (たざわ よしあき) 田澤 佳昭
講師紹介出身:日本大学大学院法学研究科博士後期課程。日本の領土をめぐる国際対立を研究しています。領土問題は、スポーツ同様、政治に利用されやすく、文献を読む際に執筆者の政治的な考えを差引いて理解しなければならないところに難しさがあります。日本の領土に関する指導が学校教育で重視される今、若者が領土問題について自ら考える力をもてるよう、指導を考えています。

ページトップへ

こども心理学部

講義名 物事をまっすぐに見据えて健康に生きる -理性・情動・行動療法
講義可能曜日木・金曜日
可能時間帯木曜日(午前8時半~午後5時)、金曜日(午後1時半~5時)
主な講義内容 1.出来事と受け止め方、感じ方の関係などを学ぶ。
2.理性・情動・行動療法の理論と方法を事例を挙げ分りやすく講義する。
3.参加者に自分のつらかった出来事やその時の気持ちなどを思い出してもらい、実地にそれに対応する方法(考え方)を学ぶ。
4.考え方を変えることで、感じ方にどのような変化があるかを実際に体験してもらう。
教員名 近藤 俊明 近藤 俊明
プロフィール 早稲田大学文学部哲学科卒、1981年~2001年の20年間、米国ニューヨーク市在住。NY市立大学にて修士号、ホフストラ大学(NY)にて博士号(Ph.D.)取得。NY州にて特別支援学校、病院などに勤務の後、NY市にて心理クリニック開業。東京福祉大学を経て、現在、東京未来大学教授。サイコロジスト(米国NY州ライセンス)、臨床心理士、現埼玉県スクールカウンセラー(カウンセリング歴:日・米合わせて27年)、日本比較文化学会理事

ページトップへ

講義名犯罪に挑む心理学
講義可能曜日ご相談ください。
可能時間帯ご相談ください。
講義概要最近、理解の難しい非日常的な犯罪が起こるたびに犯罪不安は高まる一方です。誰でもいつ犯罪被害者になるかわからない時代が到来しており、犯罪が身近な脅威となっています。また、最近は再び青少年の薬物乱用等が顕著に認められます。多くの青少年が遊び感覚で薬物に手を染めていく現状があり、その対策は急務です。本講義では、非行や犯罪の増加・一般化という現象について、犯罪心理学的な理解を促します。
講師名出口 保行 出口 保行
講師紹介1985年、東京学芸大学大学院修了後、国家公務員上級A種心理職として法務省入省。主には少年鑑別所首席専門官等として、非行・犯罪を心理学的に分析する資質鑑別に従事。専門は犯罪心理学。平成26年度内閣主催防犯指導者研修基調講演者。主著「犯罪に挑む心理学」、「少年非行の心理」、「犯罪の心理」等。また、全国の警察・自治体の要請に応えた防犯講演多数。日本テレビ・フジテレビのレギュラー出演に加え、TBS、テレビ東京、テレビ朝日を中心としたマスコミ出演多数。
※出口には年間70回程度のマスコミ出演依頼・講演依頼が全国からありますので、お早めにご予約ください。期日指定ですと講義希望に添えない場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ

講義名私たちのこれまで・これから ~心理学から考えてみよう~
講義可能曜日火・木曜日
可能時間帯ご相談ください。
講義概要心理学は私たちの生活にとても身近な学問です。友人関係、親子関係、進路の問題など、高校生のこの時期に皆さんが悩み、考えることは心理学的にはどういう意味があるのか・・・この時期の発達課題を踏まえながら、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。
講師名井梅 由美子 井梅 由美子
講師紹介お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程単位取得退学。精神科クリニック小児科等でカウンセラーとして勤務してきました。地域に根ざした子育て支援に興味があります。

ページトップへ

講義名保育者の仕事 -幼稚園、保育所、こども園、何が違うの?-
講義可能曜日ご相談ください。
可能時間帯ご相談ください。
講義概要子どもを教育、保育する施設として、幼稚園、保育所、こども園の3つがあります。この3つ…何が違うんでしょう?子どもの世話をして、色んなことを教えて、遊び相手になってあげる…でも3つも施設があってよく分からない、そんな保育者を目指す学生さんのために、それぞれの特徴、求められる機能などについて解説いたします!
講師名今井 康晴 今井 康晴
講師紹介広島大学大学院教育学教育研究科学習開発専攻博士後期過程単位取得後単位満期退学、武蔵野短期大学幼児教育学科専任講師を経て現職。現在は小学校での勤務経験を基に、幼保小連携の在り方について研究中です。

ページトップへ

講義名乱れた生活がこころとからだに及ぼす影響-生活リズムを見直してみよう!-
講義可能曜日月・金曜日
可能時間帯ご相談ください。
講義概要最近では、夜9時を過ぎているにもかかわらず、ファミリーレストランやコンビニ、居酒屋などでも、まだ幼い子どもの姿を目にします。私は、このような夜型化した生活が、子どものからだにとってどのような影響を及ぼしているのか調査・研究をしています。講義の中では、睡眠(休養)だけではなく、食事(栄養)やあそびの状況(運動)などについても触れて、近年の子どもの生活の乱れの実態やその影響について報告いたします。さらに、改善策についても取り上げ、皆さんとより良い改善策を考えていきたいです。
講師名泉 秀生 泉 秀生
講師紹介早稲田大学人間科学部卒業、同大学院博士課程修了。博士(人間科学)。早稲田大学人間科学部eスクール教育コーチ、社会福祉士。2012年より 郡山女子大学家政学部人間生活学科に勤務の後、2016年より現職。研究分野は、子どもの生活や生活リズム。

ページトップへ

講義名バリアフリーの街づくり
講義可能曜日火・水・木曜日
可能時間帯火・水曜日(ご相談ください。)、木曜日(終日)
講義概要物的・環境的バリアフリーとは高齢者や障がい者が街に出て、社会参加ができやすくすることです。もともと建築デザインの用語ですが、同じく建築デザインの用語であるユニバーサルデザイン(最初から誰もが使いやすくしようとする視点)と併せて、誰もが安全で安心して暮らせる街づくりについて、身近なバリアフリーから考えてみましょう。
講師名上田 征三 上田 征三
講師紹介筑波大学修士課程修了後、知的障害児・者施設に14年間勤務。その後、都内の障害者施設のソーシャルワーク部門設立に従事し、1998年から大学で「障害児教育論」、「障害者福祉論」等を担当。著書は「よくわかる障害児教育」(編者、ミネルヴァ書房)、「実践カウンセリングハンドブック」(編集委員、丸善)、「特別支援教育の展開とADHD児の支援」(編著、久美出版)等。

ページトップへ

講義名教育の原点 -特別支援教育から考える-
講義可能曜日火・水・木曜日
可能時間帯火・水曜日(ご相談ください。)、木曜日(終日)
講義概要学校教育の目的や教師の役割は、子どもたちの「自律的」な成長のために、最大限の支援をすることです。障害児教育は、そのために、「個に応じた」教育をとおして、まずは、言語の獲得を大きな目標とします。言語の獲得ができなければ、自分自身の「障がい」の認識もできません。ヘレン・ケラーもそうでした。「障がい」を理解することは、発達を理解し、人を理解することです。将来、教育や保育、社会福祉に関わろうとする皆さんや、そして、親になっていかれる皆さんと、教育の原点を考えます。
講師名上田 征三 上田 征三
講師紹介筑波大学修士課程修了後、知的障害児・者施設に14年間勤務。その後、都内の障害者施設のソーシャルワーク部門設立に従事し、1998年から大学で「障害児教育論」、「障害者福祉論」等を担当。著書は「よくわかる障害児教育」(編者、ミネルヴァ書房)、「実践カウンセリングハンドブック」(編集委員、丸善)、「特別支援教育の展開とADHD児の支援」(編著、久美出版)等。

ページトップへ

講義名学びと遊びとの関係
講義可能曜日月曜日
可能時間帯月曜日(午前のみ)
講義概要みなさんは「遊んでばかりいないで勉強しなさい」と言われた経験がありませんか?
「遊び」と「勉強」は別と思っているかもしれませんが、実は学びの基礎はみなさんが遊んだ経験の中にたくさん含まれているのです。子どものころの遊びを思い出しながら、子どもの遊びの魅力についていっしょに考えてみましょう。
講師名及川 留美 及川 留美
講師紹介大学院博士前・後期課程で保育学を専攻し、保育者養成の大学・短期大学・専門学校の非常勤講師を経て2012年度より現職。幼稚園や保育所、子育てひろばなどの現場(フィールド)を中心として研究を行っています。

ページトップへ

講義名生命刑に関する犯罪被害者の人権と犯罪加害者の権利について
講義可能曜日月・火
可能時間帯応相談
講義概要2009年年5月21日に施行された裁判員裁判において下された死刑判決は27件(2016年3月18日現在)に及びます。市民が裁判員裁判に参加して死刑判決を下す基準とは何かを考察します。そのうえで犯罪被害者と犯罪加害者それぞれの立場から人権のあり方を考え、死刑制度のあり方について受講者と共に考えていきたいです。
講師名大西 斎 大西 斎
講師紹介大阪大学大学院国際公共政策研究科博士後期課程修了 博士(国際公共政策)憲法、行政法を専門としています。

ページトップへ

講義名勉強に役立つ教育心理学~記憶のしくみ~
講義可能曜日月・火曜日
可能時間帯応相談
講義概要「どうやったらよく覚えられるのだろうか」学習場面では覚えなくてはいけないことが多いですが、記憶力が良い人と悪い人がいます。でもこれは個人差だけではなくテクニックの部分も大きいのです。
本授業では、模擬実験を取り入れながら「覚える」ことについて、心理学からアプローチします。
※講義にはパワーポイントとプロジェクターの使用を希望します。
講師名大橋 恵 大橋 恵
講師紹介東京大学大学院人文社会系研究科修了、博士(社会心理学)。放送大学、跡見学園女子大学などの非常勤講師を経て、現職。専門分野は、社会心理学・文化心理学。社会調査やアンケートや実験室を使っての実験を用いて、日本人の心理について研究している。

ページトップへ

講義名No!と言えない私 -人は多数意見に流される?-
講義可能曜日月・火曜日
可能時間帯応相談
講義概要人は「社会的な動物」だと言われており、ときおり他の人たちに流されます。これを専門用語で「同調」と呼びますが、 集団が持つ社会的圧力により、個人の意見や行動が特定の方向に変化することを「同調」と呼びます。今回はその同調が起こる理由と同調が起こりやすい条件について学びましょう。明日から、皆さんの日常生活に役立ててほしいと思います。
講師名大橋 恵 大橋 恵
講師紹介東京大学大学院人文社会系研究科修了、博士(社会心理学)。放送大学、跡見学園女子大学などの非常勤講師を経て、現職。専門分野は、社会心理学・文化心理学。社会調査やアンケートや実験室を使っての実験を用いて、日本人の心理について研究している。

ページトップへ

講義名こどもの得意なところを大切にする保育 -障害児保育の視点から-
講義可能曜日金曜日
可能時間帯金曜日(午後のみ)
講義概要この講義では、障害のあるこどもの障害についてどのように理解するのか、こどもの得意なところをどのように見つけるのか、一緒に考えたたいと思います。さらに、こどもの得意なところを大切にする保育について障害児保育の視点からお話しします。
こどもの苦手なところや難しいところ、障害だけに注目する保育ではなく、得意なところを大切にすることで、障害があってもなくても目の前のいるその子どもの「僕、○○したい」「私、○○やりたい」という気持ちを育む保育について考えるきっかけになればと思っています。
講師名岡本 明博 岡本 明博
講師紹介児童発達支援センターで障害児の発達支援及び保護者の相談援助に従事。筑波大学大学院教育研究科修了。その後、長崎純心大学人文学部准教授を経て現職。社会福祉士、臨床発達心理士、精神保健福祉士。専門は障害児保育。共著に「つながる・つなげる障害児保育」(保育出版)、「障害児心理入門」(ミネルヴァ書房)など。

ページトップへ

講義名一ランク上の、音読・朗読へ
講義可能曜日ご相談ください。
可能時間帯ご相談ください。
講義概要今の自分の音読・朗読のレベルをを一ランク上げることを目標にします。そのためにどんな練習をすればよいのか、具体的な詩や物語の音読・朗読練習を通して体験的に学びます。
講師名神部 秀一 神部 秀一
講師紹介※専門は国語科教育。
子どもが喜び、しかも確実に国語学力が身につく、そんな授業を開発することが趣味です。
現在、音読・朗読に興味をもっています。一ランク上の朗読を目指して修業中。
おもな著書は、『教育実践集 私の國語教室』(私家版)です。

ページトップへ

講義名「新聞切り抜き作品」を作ろう
講義可能曜日ご相談ください。
可能時間帯ご相談ください。
講義概要模造紙に、新聞記事を貼り付け、主張のある「新聞切り抜き作品」を作ります。テーマを決めて、15くらいの記事を集めます。模造紙にレイアウトを決めて、貼り付けます。見出しやコメントを書きます。模造紙に新聞の切り抜き作品を作る、その作り方を教えます。
講師名神部秀一 神部 秀一
講師紹介※専門は国語科教育。
子どもが喜び、しかも確実に国語学力が身につく、そんな授業を開発することが趣味です。
現在、音読・朗読に興味をもっています。一ランク上の朗読を目指して修業中。
おもな著書は、『教育実践集 私の國語教室』(私家版)です。

ページトップへ

講義名遊ぶことで何が育つか~子どもの経験内容/保育者の専門性に目を向けてみよう~
講義可能曜日火・木曜日
可能時間帯ご相談ください。
講義概要乳幼児期は、遊ぶことを通してさまざまなことを学びます。遊ぶことこそが大事だとされています。しかし、遊ぶことで“何が”育つのでしょうか?皆さん自身の、子どものころ好きだった遊びを思い出し、その遊びの中でどんなことが育ったのか、じっくり考えてみませんか?そのことを通して、保育の中で、なぜ、遊びが大事だとされているのか、が理解できると思います。また、保育者は、子どもの遊びをただ見ている人ではありません。子どもの経験内容をしっかり読み取り、援助をしています。保育者の専門性にも目を向けてみましょう。
講師名金 瑛珠 金 瑛珠
講師紹介大妻女子大学大学院家政学研究科児童学専攻修士課程終了後、幼稚園教育嘱託員として公立幼稚園にて勤務。その後、心理相談員、千葉明徳短期 大学で講師、准教授を経て、現職。保育者養成の傍らで保育所などで巡回保育相談を長年行っている。

ページトップへ

講義名知っているようで知らない算数・数学
講義可能曜日ご相談ください。
可能時間帯ご相談ください。
講義概要「数(かず)って何?」、「1+1はなぜ2になるの?」、「確率とは?」これまで学習してきたけれど、「あらため聞かれるとうまく答えられない」、「そういえば何だっけ?」こう感じる人も多いことでしょう。そんな算数・数学の内容を、これまでとは少し違った学問的な視点と教育的な視点から学びます。
講師名口分田 政史 口分田 政史
講師紹介京都教育大学大学院(教育学研究科)修士課程修了。京都府の公立高等学校に2年(非常勤)、滋賀県公立小学校に7年の勤務を経て現職。専門は数学教育学。研究テーマは、学校数学(算数)の教材・教育内容・カリキュラムの開発、効果的な授業研究の在り方など。

ページトップへ

講義名心はからだのどこにある?
講義可能曜日木・金曜日
可能時間帯ご相談ください。
講義概要私たちにとって大切な「こころ」、心のはたらきはどこで行われているのでしょうか。それは心臓で営まれると考えられた時代がありました。しかし、現在、「心」は脳の働きによってつくりだされるものであることがわかってきました。
朝起きてから夜寝るまで、脳が働いていないときはありません。顔を洗い、食事をとり、学校へ向かい、本を読み、スポーツをする。全て脳の命令に従っているのです。脳が働かなければ、私たちは何もできないのです。
この講義では、私たちの「心」をつくりだしている「脳」についてわかりやすく解説してゆきます。
講師名小谷 博子 小谷 博子
講師紹介東京大学大学院医学系研究科博士課程修了、博士(医学)。育児を科学的にとらえる「育児工学」の専門家。様々な親子との出会いや自身の育児経験をもとに、出産による女性の脳機能の変化について研究中。

ページトップへ

講義名教育方法の秘密(!?)
講義可能曜日木・金曜日
可能時間帯ご相談ください。
講義概要高校生の皆さんはこれまで、教育される立場にいることが多かったことと思います。この講義では、先生側の立場に立ってみましょう。歴史上の教育者や先生たち は、どのような考えで、どのような工夫で皆さんの教育にあたってきたのでしょうか。これからの学校生活の見方が少し変わるかもしれない、教育方法の秘密をお話しします。
講師名後藤 正矢 後藤 正矢
講師紹介東京大学大学院 教育学研究科修了後、公立小学校教諭、専修学校講師などを経て現職。専門は教育学。中でも教員養成・保育者養成教育研究を行う。

ページトップへ

講義名赤ちゃんの育ちとわらべうた
講義可能曜日木曜日
可能時間帯ご相談ください。
講義概要日本には多くのわらべうたがあります。長い年月、親から子へ、あるいは子どもたち同士の遊びの中で伝承されてきたものです。しかし、急激に環境が変化した現代、わらべうたは以前のように伝承されなくなってきています。さまざまなわらべうたを紹介するとともに、わらべうたが赤ちゃんの育ちにどのように関わっているのかをお話ししたいと思います。
講師名佐々木 由美子 佐々木 由美子
講師紹介白百合女子大学大学院博士課程単位取得満期退学。こどもという存在とこども独自の世界に惹かれ、こどもの文化・文学を中心に研究。主著書に『子どもの体と<食>』『保育者のための児童文化』など

ページトップへ

講義名英語の絵本を楽しむ
講義可能曜日ご相談ください。
可能時間帯ご相談ください。
講義概要英語の絵本を使った読み聞かせのテクニック。英語のリズムをつかんで英語を音読する楽しさを知ります。即興で自分の英語の絵本を作り読み聞かせをし、読み手の聞き手のコミュニケーションについて考えていきます。
講師名執行 智子 執行 智子
講師紹介第二言語習得、初等英語教育。日本の小学生から大学生までの英語学習を概観し、初等英語指導者に必要なことを研究。英語学習はどのようにしたら面白くなるかを考えています。

ページトップへ

講義名子どもと遊び ~こころとからだの育みを求めて~
講義可能曜日木・金曜日
可能時間帯ご相談ください。
講義概要真っ黒に日焼けして水の中を泳ぐ子ども、ほっぺを真っ赤にしながら走り回る子ども。遊びに夢中になっている子どもを見ているとこちらまでワクワクしてきませんか?遊ぶなかで子どもはさまざまな大切なことを学んでいきます。皆さんも遊びにのめり込んだ思い出を思い返しながら、遊びの世界に飛び込みませんか?
講師名篠原 俊明 篠原 俊明
講師紹介山梨大学大学院修士課程修了後、山梨大学大学院リサーチアシスタント、東海学院大学短期大学部を経て、現職。専門は、発育発達学、体育科教育学。
子どもの動きの発達過程や運動遊び、体育授業について研究しています。

ページトップへ

講義名アジアの教育と日本語
講義可能曜日月・水曜日
可能時間帯月曜日(午後のみ)、木曜日(午前のみ)
講義概要この授業では、日本がアジアで行ってきた教育を振り返る。明治以来、日本が植民地・海外で行ってきた教育を俯瞰し、具体的事例として、インドネシアと台湾のドキュメンタリー映像などを用いて、当時の様子を確かめる。一般に売られている図書には、アジアで行ってきたことを否定的に捉えているものが多いが、現地の人々が感じていることは必ずしもそうではない。この講義では、日本の「進出」がアジアの人々にもたらしたものをを考えるきっかけとしたい。
講師名所澤 潤 所澤 潤
講師紹介45年以上前、渋谷区立長谷戸小学校を卒業しました。東京の現場に関わりながら、学生のみなさんと一緒に教育学に取り組めることを嬉しく思っています。
学校の魅力を教育の過程・方法・歴史・国際比較から再確認したいと思います。

ページトップへ

講義名少子化と保育士不足:人口減少社会への対応
講義可能曜日月・木曜日
可能時間帯ご相談ください。
講義概要第2次ベビーブームを迎えた1970年以降、日本の出生数は右肩下がりの傾向にある。過去40年余り子どもの数が減っているにもかかわらず、近年は首都圏のみならず地方部でも保育士不足が深刻な問題となっている。本来、過去40年にも渡って子どもの数が減っているのであれば、保育士は現在余っていてもおかしくないはずである。だが、実際は真逆であり、保育士が不足している現状がある。長年少子化が続いているにもかかわらず、保育士が不足している現状から、現在の日本が抱えている問題を本講義では読み取り、高校生向けに概説する。
講師名白石 雅紀 白石 雅紀
講師紹介岩手県立大学社会福祉学研究科博士後期課程修了。研究テーマは国際福祉、貧困と機会の平等、少子化対策などです。近年は日本の少子化や貧困問題にフォーカスしていますが、もともと東南アジアの子どもの貧困問題に取り組んでいました。

ページトップへ

講義名理科における科学概念とミスコンセプション、小学校理科における飼育動物利用の戦前の歴史
講義可能曜日火曜日
可能時間帯ご相談ください。
講義概要教員養成の理科教育法に関する内容として、
(1)科学概念とミスコンセプションについて行います。理科授業において正しい科学概念を教師が意図して教えても児童・生徒はミスコンセプションを持つことが知られています。実際に事例を示しながら検討します。
(2)小学校理科における飼育動物利用について明治後期から昭和10年代まで事例を示しながら解説します。
その他、内容・講義可能日は相談に応じます。
講師名鈴木 哲也 鈴木 哲也
講師紹介筑波大学大学院博士課程教育学研究科満期退学、埼玉純真短期大学非常勤講師(他)、秀明大学学校教師学部専任講師を経て現職。自由の森学園中学・高等学校においても非常勤講師を経験。専門は理科教育学、生物教育学。

ページトップへ

講義名装いの心理学
講義可能曜日ご相談ください。
可能時間帯ご相談ください。
講義概要装いは、あらゆる文化で古今東西、老若男女がおこなう普遍的な行為です。
その装いにはどのような機能があるのか、心理的側面を中心に紹介したいと思います。
講師名鈴木 公啓 鈴木 公啓
講師紹介東洋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。博士(社会学)。東洋大学非常勤講師等を得て現職。専門はパーソナリティー心理学、社会心理学。

ページトップへ

講義名心理学 à la carte(心理学 ア・ラ・カルト)
講義可能曜日金曜日
可能時間帯ご相談ください。
講義概要「心」は誰もが持っていますが、それを「見る」ことはできません。本講義では、目には見えない「心」が織りなす「不思議」を実際に「目で見て」いただきます。心理学の面白さを「ア・ラ・カルト(少しずつたくさん)」形式でご紹介します。また、心理学の理論を使った「心理的支援」の例を、遊び心をもってご紹介します。講義の時間は約50分です。
講師名須田 誠 須田 誠
講師紹介慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。慶應義塾大学医学部非常勤講師、武蔵野大学通信教育部専任講師を経て現職。臨床心理士として、不登校およびひきこもりの当事者・家族・地域の支援を行っています。

ページトップへ

講義名こども美術 ~幼児・児童期における描画の発達段階と創作体験活動~
講義可能曜日金曜日
可能時間帯ご相談ください。
講義概要アートの分野の中でも原初的な「線を描く」ことについて、子どもの描画に見られる絵画意識が飛躍的に成長するプロセスをたどり、命名期、図式期、多視点描法の前写実期において、受容的な配慮が特に必要であることを確認する。実際にミニ造形や描画体験を通して、「もの」と「きもち」が融合する創作活動を体感する。
講師名高橋 文子 高橋 文子
講師紹介千葉大学教育学部卒業、茨城大学大学院修士課程修了 茨城県内の小中学校 茨城大学教育学部附属中学校教諭を経て、現職。美術科教育学会会員 感性と学び合いをテーマに授業実践・研究を続けている。

ページトップへ

講義名ケルト文様を描いてみよう
講義可能曜日金曜日
可能時間帯ご相談ください。
講義概要始めから終わりまで途切れない線は魂の旅の象徴であり、一筆描きのような様式は、世界中の古代文様に共通に見られる。本講座では紀元前5世紀前後にヨーロッパで生み出されたケルティックな組紐文様を取り上げ、その規則性、構造を読み解く。実際に色鉛筆を使って描くと共に、装飾文様研究の日本の第一人者である海野弘の著書「装飾空間論 かたちの始源への旅」(美術出版社:1973)を参照し、植物、動物、人間といった区別は絶対的なものではなく、あらゆるものは混じり合い、いれかわり、変身していくメタモルフォーゼを味わう。
講師名高橋 文子 高橋 文子
講師紹介千葉大学教育学部卒業、茨城大学大学院修士課程修了 茨城県内の小中学校 茨城大学教育学部附属中学校教諭を経て、現職。美術科教育学会会員 感性と学び合いをテーマに授業実践・研究を続けている。

ページトップへ

講義名思い出と記憶の心理学
講義可能曜日金曜日(春学期)
可能時間帯ご相談ください。
講義概要わたし達には子どもの頃の思い出がたくさんあります。幼稚園での運動会、小学校での遠足、中学校での修学旅行・・・などなど。思い出はそのままの形というよりも自分の中で再構成して記憶の中に留めていることが多いです。このような“思い出”を“記憶の心理学”から考えていきます。
◎講義には、パワーポイントとプロジェクターの使用を希望をいたします。
講師名坪井 寿子 坪井 寿子
講師紹介学習院大学大学院人文科学研究科心理学専攻博士前期課程修了、大学入試センター非常勤職員、日本電子専門学校非常勤講師、鎌倉女子大学講師を勤務。臨床発達心理士、学校心理士。著書に「子ども心理学入門(共著;北樹出版)」「心理学の基礎を学ぶ(共著:八千代出版)」他。

ページトップへ

講義名やる気と学習の心理学
講義可能曜日金曜日(春学期)
可能時間帯ご相談ください。
講義概要「やる気」の出てくる学習について、心理学の立場から紹介していきます。「Q1:ごほうびの効果はいつもあるの?」「Q2:どれくらい難しい課題のときに“やってみよう”という気持ちになるの?」「Q3:“やればできる”“どうせ無理”という気持ちはどんなときに感じるの?」などいくつか考えていきます。
◎講義には、パワーポイントとプロジェクターの使用を希望をいたします。
講師名坪井 寿子 坪井 寿子
講師紹介学習院大学大学院人文科学研究科心理学専攻博士前期課程修了、大学入試センター非常勤職員、日本電子専門学校非常勤講師、鎌倉女子大学講師を勤務。臨床発達心理士、学校心理士。著書に「子ども心理学入門(共著:北樹出版)」「心理学の基礎を学ぶ(共著:八千代出版)」他。

ページトップへ

講義名試合や試験前の不安との付き合い方
講義可能曜日ご相談ください。
可能時間帯ご相談ください。
講義概要大切な試合の前に、不安になる。大切な試験の前に必要以上にドキドキしてしまい、実力が発揮できない。
「不安」とどう付き合っていくか、森田療法の視点から「不安の付き合い方」についてワーク&講義を実施します。
講師名藤後 悦子 藤後 悦子
講師紹介筑波大学卒業、同大院教育研究科修了、東京学芸大学連合大学院単位修得満期退学、学術博士(筑波大学)、臨床心理士、臨床発達心理士、保育士。大学の学生相談、東京都スクールカウンセラー、保育カウンセラー、立教大学の非常勤講師などを経て現在に至る。主要図書:保育カウンセリング(編著、2010、ナカニシヤ出版)、中学生のナーチュランスを形成する発達教育プログラム(2012、風間書房)

ページトップへ

講義名人間関係における苦手意識 -苦手意識がラクになるヒント-
講義可能曜日月・火曜日
可能時間帯ご相談ください。
講義概要あなたには苦手な人がいませんか?苦手意識を無理に克服しようとすると、かえって苦手意識が増してしまうことがあります。苦手な人と上手につきあったり人間関係をスムーズにしたりするためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。苦手な人との付き合い方が楽になる「ヒント」を学びます。
講師名日向野 智子 日向野 智子
講師紹介専門領域は社会心理学、主たる研究テーマは対人関係における苦手意識です。近年では、苦手意識を適応のひとつとして捉え、苦手意識のポジティブな側面に着目して研究しています。

ページトップへ

講義名好きと嫌いの心理学
講義可能曜日月・火曜日
可能時間帯ご相談ください。
講義概要誰かを好きになったり嫌いになったりする心理は、「相手がどういう人か」、「自分と気が合うか合わないか」ということだけではなく、時には、単純な思い込みによっても生まれるものです。どのような時に人を好きになりやすく、どのようなときに人を嫌いになりやすいのか、日常例を紹介しながら解説します。
講師名日向野 智子 日向野 智子
講師紹介専門領域は社会心理学、主たる研究テーマは対人関係における苦手意識です。近年では、苦手意識を適応のひとつとして捉え、苦手意識のポジティブな側面に着目して研究しています。

ページトップへ

講義名健康とウエルビーイングについて考える
講義可能曜日木曜日
可能時間帯ご相談ください。
講義概要「あなたは健康ですか?」と問われたらみなさんはどのように答えるでしょうか?そしてその根拠は何でしょうか?この講義では、健康とは何か、病気や障害を抱えるということはどういうことか、そしてウエルビーイングについて一緒に考えていきたいと思います。
講師名平部 正樹 平部 正樹
講師紹介専門は臨床心理学、精神保健学。これまで、医療領域、教育領域、産業領域でも心理臨床活動を行ってきています。研究は、障害や慢性疾患を持つ人の生き方についての調査研究などを行っています。

ページトップへ

講義名子どもの心を理解する心理学
講義可能曜日月・木曜日
可能時間帯月曜日(午後)、木曜日
講義概要生まれてきたばかりの子どもは、どのようにコミュニケーションを始めるのでしょうか?そして、幼児期の子どもは何を考えているのでしょうか?発達心理学の観点から、子どもの発達、親子関係の影響などについて解説をします。
講師名藤本 昌樹 藤本 昌樹
講師紹介東京学芸大学大学院修了。東京医科歯科大学大学院修了。博士(看護学)、臨床心理士、学校心理士、社会福祉士。専門は、発達心理学、臨床心理学。
小児科等で子どもや家族への心理療法を実践。主な著書は『子どもの成長を支える発達教育相談』等他。

ページトップへ

講義名こどもの運動発達 ~器用・不器用の分かれ目~
講義可能曜日月・木曜日
可能時間帯いずれも午後となります。
講義概要運動が得意な子と不得意な子は何が違うのでしょうか?ヒトは成長していく中で、さまざまな運動を学習して(身につけて)いきます。効果的に運動を学習するためには、いつ、何をしたらよいのでしょうか。“運動が得意になる”ために必要な要素について考えてみたいと思います。
講師名真家 英俊 真家 英俊
講師紹介東京学芸大学大学院教育学研究科修了。体力医学研究所流動研究員、三幸学園リゾート&スポーツ専門学校教員を経て、2012年度から現職。専門分野は、運動生理学、スポーツバイオメカニクス、スポーツ医学。

ページトップへ

講義名運動生理学からみた身体機能の維持・向上
講義可能曜日月・木曜日
可能時間帯いずれも午後となります。
講義概要“TVをみながら楽に痩せられる・・・”本当でしょうか?運動やトレーニングなどによって、身体の中ではどのような変化が起きているのでしょう。運動やトレーニングによる身体のさまざまな適応現象(すなわち、トレーニング効果)と、そのメカニズムに関する最も新しい知見を紹介していきます。身体を知ることで、今までよりも効果的な運動やトレーニングをおこなえるかもしれません。
講師名真家 英俊 真家 英俊
講師紹介東京学芸大学大学院教育学研究科修了。体力医学研究所流動研究員、三幸学園リゾート&スポーツ専門学校教員を経て、2012年度から現職。専門分野は、運動生理学、スポーツバイオメカニクス、スポーツ医学。

ページトップへ

講義名音楽教科書今昔物語
講義可能曜日ご相談ください。
可能時間帯ご相談ください。
講義概要「歌は世につれ、世は歌につれ」といいますが、音楽の教科書にこれまで載せられてきた作品たちをみていくと、その時その時の日本の世が、くっきりと浮かび上がってきます。中には、現代では考えられないような内容の作品も。明治から現在までの教科書をたどる、タイムトラベルにでかけましょう。
講師名森 薫 森 薫
講師紹介東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科単位取得満期退学。専門は音楽科教育。
中学、高校、大学の教員養成課程での非常勤講師を経て現職。
音楽をわかるとはどのようなことなのか、人間にとって音楽とは何なのかに興味を持ち、研究しています。

ページトップへ

講義名こころの発達と問題
講義可能曜日木曜日
可能時間帯ご相談ください。
講義概要私たちにとって「こころ」とは何でしょうか?喜怒哀楽を当たり前のように感じ、意志や意欲をもって、毎日の生活を送っています。時には、何かに思い悩んだり、不安に感じたりすることもあるでしょう。このように、日常生活を送っている中で、常に私たちの「こころ」は動いています。ところが不思議なことに、身体の発達(身長や体重、運動能力など)は普段から気にすることが多いのですが、「こころ」の発達については普段はまったく意識しません。そこで「こころ」とは何か、「こころ」とはどのように育っていくのかなどについて、受講生の方と一緒に考える時間にできればと思っています。
講師名横畑 泰希 横畑 泰希
講師紹介東洋大学法学部卒業後一般企業で13年間会社員として勤務。その後、淑徳大学大学院総合福祉研究科博士後期課程満期退学。保育園・保育団体勤務等を経て現職。臨床発達心理士としてプレイセラピーやカウンセリング等の活動も行っている。

ページトップへ

講義名乳幼児発達心理学
講義可能曜日火・金曜日
可能時間帯いづれも午後となります。
講義概要(1)乳幼児を対象とした発達心理学の研究について平易に解説します。
(2)幼稚園、保育園など保育場面と発達心理学とのかかわりについて解説します。
講師名渡辺 千歳 渡辺 千歳
講師紹介お茶の水女子大学大学院博士課程修了。保健所や保育園で乳幼児の発達に関する相談業務に従事し、母親支援や保育者・教師へのコンサルテーションの経験を積む。臨床発達心理士。國學院大學栃木短期大学教授を経て現職。

ページトップへ

講義名心理学科で学べること
講義可能曜日火・金曜日
可能時間帯いづれも午後となります。
講義概要心理学が扱う領域、心理学の分野、一般に心理学科ではどのようなことを学ぶのか等について、高校生向けに概説します。
講師名渡辺 千歳 渡辺 千歳
講師紹介お茶の水女子大学大学院博士課程修了。保健所や保育園で乳幼児の発達に関する相談業務に従事し、母親支援や保育者・教師へのコンサルテーションの経験を積む。臨床発達心理士。國學院大學栃木短期大学教授を経て現職。

ページトップへ


PICK UPコンテンツ

  • Chigo Cafe ブログ

公式Twitterアカウント

Twitter
入試や各種イベント情報をリアルタイムで配信します。

ページトップへ