大学案内

HOME大学案内心理学で広がる未来

心理学で広がる未来

東京未来大学は教授・講師の約半分が「心理」の専門家です。

※こども心理学部・モチベーション行動科学部専任教員55名中24名

様々な心理学の領域が学べます。

  • 学習・教育
    心理学
  • 社会
    心理学
  • 知覚・認知
    心理学
  • 発達
    心理学
  • 犯罪
    心理学
  • 臨床
    心理学

充実した心理学のカリキュラムをベースに、
将来の仕事に合わせた学びであなたの夢を実現します。

心理学

心理×こども

児童・幼児期の
心理を中心に学ぶ。

心理×保育

子どもの心理を専門的に学んだ、保育士・幼稚園教諭・小学校教諭をめざす。

心理×教育

中学校教諭
(社会)
高等学校教諭
(公民)

をめざす。

心理×コミュニケーション

心理×経営

こども心理学部 こども心理学科

こども心理専攻
幅広く心理学を学び、福祉・教育業界企業でも活躍できる心の専門家をめざす。
こども保育・教育専攻
幼保履修モデル
小幼履修モデル

モチベーション行動科学部 モチベーション行動科学科

心理・コミュニケーション、経営、教育の3分野から、モチベーションを科学的に学び、ビジネス界を中心に幅広く人や組織を動かす『人財』をめざす。

心理学を学び、心のプロフェッショナルになろう!

  • 心理×こども
  • 心理×教育
  • 心理×経営
【幅広い活躍の場】
心理学を学ぶと様々な業界で活躍する事ができます。
ひと口に心理学と言っても、学校心理学や犯罪心理学、スポーツ心理学、臨床心理学など、学ぶ専門性によって多岐に渡っています。基本的に人の心と行動を研究し、社会や産業などに生かすことを目的としているので、活躍の場も多岐に渡ります。カウンセラーや分析官として直接的Iな役割もあれば、心理学を生かして商品開発や広告戦略を練るなど、企業の中で生かすこともできます。

様々な職種を目指せます

  • 保育士
  • 幼稚園教諭
  • 小学校教諭
  • 中学校教諭
  • 高等学校教諭
  • NPO職員
  • 公務員
  • 商品企画
  • プランナー
  • 人事部
  • 経営者
  • 起業家

内定者インタビュー

公立保育所内定
東京都台東区職員(保育士)

石田 美咲さん

公務員対策講座、
先生との個人特訓、
キャンパスクルーの経験。
大学生活すべてが私の財産。

石田 美咲さん
2015年度こども心理学部卒業生
東京都 私立杉並学院高等学校出身

公立小学校内定
横浜市職員(小学校教員)

上杉 優実さん

小学生の可能性を
ぐんぐん大きく広げたい。
いろんなことが教えられる
柔軟な先生になりたい。

上杉 優実さん
2015年度こども心理学部卒業生
東京都 私立成立学園高等学校出身

私立幼稚園内定
学校法人志村学園 白山幼稚園(幼稚園教諭)

金乗 ひとみさん

ピアノと実習日誌をほめて
いただき自信がつきました。
子どもからも、大人からも、
信頼される先生を目指します。

金乗 ひとみさん
2015年度こども心理学部卒業生
神奈川県立 城郷高等学校出身

施設内定
社会福祉法人中心会(児童養護施設)

神崎 優花さん

好きな言葉は一期一会。
熱心な先生、頼もしい先輩。
いろんな出会いのおかげで、
長年の夢が叶いました。

神崎 優花さん
2015年度こども心理学部卒業生
神奈川県立 神奈川総合高等学校出身

一般企業内定
株式会社スタジオアリス

小野 実咲さん

手応えたっぷりの4年間。
大変だった実習も、
片道2時間かけての通学も、
ぜんぶ私のエネルギーに。

小野 実咲さん
2015年度こども心理学部卒業生
東京都 私立昭和第一学園高等学校出身

一般企業内定
第一生命保険株式会社

大河原 恵美さん

大変じゃない仕事はない。
大変なことを、努力して
乗り越えて、自立する。
私が目指す大人の姿です。

大河原 恵美さん
2015年度こども心理学部卒業生
東京都立 美原高等学校出身

一般企業内定
日産プリンス埼玉販売株式会社

石塚 隆志さん

クルマが好き。人が好き。
こども心理を学んだからこその
顧客満足プランを面接で提案。
お褒めの言葉をいただきました。

石塚 隆志さん
2015年度こども心理学部卒業生
埼玉県 私立浦和学院高等学校出身

大学院進学内定
川村学園女子大学大学院 人文科学研究科 心理学専攻臨床心理学領域

小杉 愛実さん

臨床心理士を目指す。
マイペースな性格の私が、
大学院に合格できたのは
先生の熱意のおかげです。

小杉 愛実さん
2015年度こども心理学部卒業生
東京都 私立日本音楽高等学校出身

保育・教育の現場だけでなく、サービス業界、医療・福祉業界などの幅広い業界で活躍

世間では「就職が厳しい」と言われていますが、東京未来大学では毎年90%を超える高い就職率を誇っています。4年間学んだことを活かして、心理職、民間企業、国家・地方公務員、保育・教育職など幅広い分野へ今年もたくさんの学生が旅立ちました。
※こども心理学部卒業生(モチベーション行動科学部は平成24年度4月開設)

就職実績(就職決定者/就職希望者)98.3% 2015年3月31日現在

専攻別の進路内訳(2015年3月31日現在)

  • こども保育・教育専攻 就職先内訳

    こども保育・教育専攻 就職先内訳
  • こども心理専攻 就職先内訳

    こども心理専攻 就職先内訳

初めて心理学に関心を持ったみなさんへ

心理学って何?

open

心理学とは、“目に見える行動”とそこから推測される“心の動き”を科学的に研究する学問です。
特に重要なのは「科学的に」という部分です。心には実体がないため、当然心の中を直接見ることはできません。表情や発話、行動などの目に見えるものがあって初めて人の気持ちを推測することが可能になります。
そこで、心理学では行動を観察したり実験を行ったりしてデータを集めていきます。そして、そうしたデータを基に「なぜそのような気持ちになったのか?」「なぜそのような行動をしたのか?」を把握しようとします。
実験・観察・調査・検査・面接といった方法を用いて客観的なデータを収集し分析することで、“こころ”という目に見えないものの実態を少しずつ明らかにしていく。それが心理学なのです。

心理学を学ぶとは?

open

皆さんは心理学についてどのようなイメージを持っているでしょうか。
最近は「心理テクニック」を扱っているテレビ番組などもありますね。中には「心理学を学べば人の心が読めるようになるのかな?」と思っている人もいるかもしれません。
ですが、残念ながら心理学は人の心が読めるようになるための学問ではありません。
心理学を学べば学ぶほど人間の心の奥深さに触れることになり、「人間の心なんて簡単に分かるものではない」と思うようになるでしょう。ですが、簡単には分からないからこそ疑問や興味が尽きることはなく、人間の心を探究し続ける面白さがあるのだとも言えます。
皆さんも一緒に、人間の心の不思議を探究してみませんか。

心理学ではどんなことを扱うの?

open

心理学は大変幅広く、人間がすることほぼ全てが研究対象になり得る学問です。
そのため「○○心理学」という名称を持つ学問分野は数多くありますが、大別すると以下の2つの方向性(分野)があります。
一つは「基礎心理学」と呼ばれる分野です。基礎心理学は人間の一般法則を研究するもので、社会心理学・発達心理学・認知心理学・学習心理学・異常心理学などがこれに該当します。
基礎心理学の研究方法は主に実験です。実験により得られたデータを統計的に処理することで、人の心理や認知(視覚・聴覚システムや記憶など)の仕組みを解き明かしていく分野です。日本では心理学が“文系”の学問だと思われがちですが、基礎心理学の研究はかなり“理系”に近いと言えます。
もう一つは「応用心理学」と呼ばれる分野です。こちらは基礎心理学の研究によって得られた法則や知識を実際の現場に役立てることが目的で、臨床心理学・教育心理学・産業心理学・犯罪心理学・コミュニティ心理学・スポーツ心理学などがこれに該当します。実用的な心理学なので、こちらの方が一般的な「心理学」のイメージに近く馴染み深いかもしれません。例えばカウンセリングなどはこちらに該当します。

心理学を学ぶと何か良いことがあるの?

open

心理学の研究者やカウンセラーにならない場合でも、心理学の知見を仕事や日常生活に役立てることは可能です。
人間の心の動きを科学的に研究する学問である心理学では、「人間の行動には必ず原因がある」という考え方をします。
したがって心理学を学ぶと、他者と接する時に「なぜ相手はそのような行動をとるのか」という原因を客観的に推測できるようになります。これは他者を理性的に深く理解することに繋がる重要なスキルであり、より良い対人関係を築くのに役立つと言えます。
また、心理学では「人間が外からの情報をどのように処理しているのか」についても学びます。したがって、「自分の意図を理解してくれない相手に対してどのように説明すれば伝わりやすいか?」といった状況をはじめ、日常生活の様々な場面でその知識やスキルを役立てることができます。

心理学を学ぶとどんな資格が取得できるの?

open

「○○心理士」「○○カウンセラー」という名前の資格は数多くありますが、いずれも学会や民間団体が認定する民間資格であり、国家資格は存在しません。なお、医師関連団体が提案する医療心理師(仮称)を中心に、医療・保健・福祉分野に活動領域を限定する方針の心理職国家資格を創設しようとする動きも出てきています。
心理系の資格の中で最も代表的なのは臨床心理士です。ただし、臨床心理士の資格は臨床心理学系修士号取得者もしくは医師免許取得者でないと取得できないため、ハードルはかなり高いと言えます(臨床心理士の資格取得を目指す「臨床心理学コース」を設置している大学院も存在します)。

臨床心理士以外の代表的な資格は?

open

その他代表的な民間資格としては、「学校心理士」「臨床発達心理士」「ガイダンスカウンセラー」「産業カウンセラー」「認定心理士」などがあります。これらの資格は応用心理学の様々な分野と結び付けられており、心理学の知見を実際に現場で役立てるための資格となっています。
例えば認定心理士は、日本心理学会が「心理学の専門家として仕事をするために必要な最小限の標準的な基礎学力と技能を修得している」と認定した人に与えられる資格です。心理学への期待が社会的に高まりつつある中、企業や医療・福祉施設など様々な場で人間心理に関わる業務を行う専門職として認定心理士が求められるようになっています。
ただし、前述の通り「○○心理士」「○○カウンセラー」と名付けられた資格は数多く存在します。したがって、心理と名の付く資格であれば何でも取得すれば良いという訳ではなく、各々の資格の重要性や社会的信頼性を見極めることが重要になると言えます。

心理学を活かした仕事とは?

open

上記のように直接的に心理学を活かした仕事以外でも、心理学を学ぶ中で身につけた知識やものの考え方を様々な職業で活かすことができます。
例えば、民間企業に就職する場合でも心理学という専攻を就職活動の場で役立てることは十分可能です。対人関係について専門的に学んだこと自体が企業でも評価されますし、心理学の実験や調査をグループで行う中で協働して一つのことを成し遂げるスキルも習得できます。民間企業の場合、企画調査・広報・人的資源開発(研修や教育など)の部門に心理学を学んだ人が多いようです。
また、心理学の専門性を活かして医療、福祉、教育の分野で働く人もいます。心理学の知見はより良い対人関係の構築に役立つためです。採用人数は決して多くありませんが、病院・介護施設・学校などの現場に公務員や団体職員という形で関わることにより、他者と接するスキルを活用することができます。家庭裁判所、少年鑑別所、児童相談所や療育センター、国公立病院などで働く心理専門職の仕事もあります。

大学院進学の現状は?

open

近年は大学院への進学も増えています。病院や施設、学校、企業で「心のスペシャリスト」として仕事をするためにはより高い専門性が要求されるからです。
例えば、前述のように臨床心理士の資格取得を目指す場合は修士課程への進学が必須となります。臨床心理士の資格を持っていれば、スクールカウンセラーやスクールアドバイザーといった形で医療、福祉、教育の現場に関わることも可能です。



ページトップへ