モチベーション行動科学部

HOMEモチベーション行動科学部教員紹介田澤 佳昭

教員紹介

田澤 佳昭(Yoshiaki Tazawa)

田澤 佳昭

経歴

日本大学 法学部 政治経済学科 卒業
日本大学大学院 法学研究科 政治学専攻 博士後期課程 単位取得退学
シドニー大学経済学部行政学科(国際関係論)及アジア研究学部 客員研究員
道都大学 短期大学部 経営科 専任講師
道都大学 経営学部 経営学科 専任講師・准教授を経て現職

学位

修士(政治学)

専門分野

国際政治、国際法

研究キーワード

東シナ海、南シナ海、海洋法、領土

主な担当科目

国際政治、国際法、クライシス・マネジメント

研究業績

分類 著書、論文等の名称 著者名 単著
共著
の別
発行
又は発表年月
発行所、発行雑誌
又は発表学会等の名称
論文 東シナ海・南シナ海沖合無人島嶼に対する中国の認識と管轄権行使/不行使の経緯 田澤 佳昭 単著 2014.4 『島嶼研究ジャーナル』vol.3,no.2, pp.67-89.
論文 東シナ海における空間価値の変遷 田澤 佳昭 単著 2006.3 『AURORA』no.12, pp.55-88.
論文 南シナ海問題の契機としてのプラタス群島問題 田澤 佳昭 単著 2005 『道都大学紀要』no.4,pp.17-25./論説資料保存会『中国関係論説資料』第51号採録
論文 国際政治秩序をもたらす海洋紛争解決の方向 田澤 佳昭 単著 2000.9 『AURORA』no.2, pp.33-36.
論文 海洋ナショナリズムの展開 田澤 佳昭 単著 2000.3 『AURORA』no.1, pp.26-31.
論文 Collaboration and Conflict over the South China Sea Islands in 1945-95 田澤 佳昭 単著 1999 『The Graduate School Law Review』no.28, pp.666-718.
論文 南海諸島をめぐる戦後国際紛争史 浦野起央・田澤佳昭 共著 1995.1-1995.10 『政経研究』vol.31,no.2,pp.1-84; no.3,pp.35-130; no.4,pp.37-130; vol.32,no.1,pp.57-86.
論文 南海諸島をめぐる国際紛争史 浦野起央・田澤佳昭 共著 1993.9-1994.3 『政経研究』vol.30,no.1,pp.1-89; no.2,pp.63-153; no.3,pp.57-157; no.4,pp.59-151.
報告 南シナ海・東シナ海における沖合島嶼の空間価値の変遷 田澤 佳昭 単独 2014.1 日本戦略フォーラム 海洋戦略研究会
報告 中国の南沙諸島問題への対応と東シナ海・尖閣諸島をめぐる問題 田澤 佳昭 単独 2009.3 中国情勢セミナー 於・法務省中央合同庁舎
報告 東シナ海・南シナ海における沖合島嶼の空間価値の変遷 田澤 佳昭 単独 2007.7 北海道大学スラブ研究所 科研「ユーラシア秩序の新形成」研究会「アジアとユーラシアの紛争と外交」
報告 南シナ海問題の契機としてのプラタス群島問題 田澤 佳昭 単独 2005.6 早稲田大学「現代アジア学の創生」文部科学省21世紀COEプログラム 中国研究会
報告 海洋紛争解決の方向性 -南シナ海紛争解決のための- 試案 田澤 佳昭 単独 2000.12 第5回国際経営文化学会(於麗澤大学)
報告 The South China Sea Disputes: Collaboration and Conflict over the South China Sea Islands in 1945-95 田澤 佳昭 単独 1998.11 客員研究員特別研究会(於シドニー大学経済学部行政学科)

社会活動(学会、研究会、法人、自治体等)

機関名・企業等名 役職等名 就任年月 退任年月
国際政治学会      
国際法学会      
オーストラリア学会 理事 2004.6 2013.6


ページトップへ