モチベーション行動科学部

HOMEモチベーション行動科学部教員紹介大坊 郁夫

教員紹介

東京未来大学 学長 大坊 郁夫(Ikuo Daibo)

大坊 郁夫

経歴

北海道大学文学部卒業、同大学院文学研究科博士課程退学
札幌医科大学助手、山形大学教養部専任講師、助教授
北星学園大学文学部教授、社会福祉学部教授
大阪大学大学院人間科学研究科教授
同大学名誉教授、東京未来大学学長、教授

学位

文学修士

専門分野

対人・社会心理学

研究キーワード

対人コミュニケーション、社会的スキル、well-being

主な担当科目

心理学、社会心理学、ポジティブ心理学

研究業績

著書 対人社会心理学の研究レシピー実験実習の基礎から研究作法までー(大坊郁夫監修、北大路書房、2016年)
社会心理学研究の新展開―社会に生きる人々の心理と行動(高木 修監修、大坊郁夫、竹村和久編、北大路書房,2014年)
クローズアップ恋愛(大坊郁夫、谷口泰富編、福村出版、2013年)
GHQ精神健康調査票手引(増補版) (中川泰彬、大坊郁夫、日本文化科学社、2013年)
幸福を目指す対人社会心理学ー対人コミュニケーションと対人関係の科学(大坊郁夫監修、ナカニシヤ出版、2012年)
論文 毛 新華、大坊郁夫(2016).中国文化要素が配慮された社会的スキル・トレーニングプログラムの効果:中国人大学生の自他評価からみた意識と行動の変化を中心とする検討、社会心理学研究, 32, 21-40,
Ken Fujiwara & Ikuo Daibo(2016). Evaluating interpersonal synchrony:Wavelet transform toward an unstructured conversation. forontiers in Psychology(Methods), 7, Article 516, 1-9.
大坊郁夫、角山 剛(2016). well-beingに関連する勤労者の意欲~転職経験に着目して~, 東洋大学21世紀ヒューマン・インタラクション・リサーチ・センター研究年報, 13,75-80.
大坊郁夫(2015). 感情研究の彼岸はどこにある?ー感情心理学は新たな科学として飛翔するー,感情心理学研究, 22, 89-93.
朴 喜静、大坊郁夫(2014). 個人特性が嘘をつくときに表われる非言語行動に及ぼす影響, 応用心理学研究, 39, 215-224.
学会発表・報告、
その他の研究業績
翻訳:大坊郁夫監訳(2013).ことばにできない想いを伝えるー非言語コミュニケーションの心理学ー Patterson,M. L.(2011). "More than words: the power of nonverbal communication Editorial Aresta
大坊郁夫(2016). well-beingを目指すコミュニケーション研究, 日本応用心理学会第83回大会特別講演
大坊郁夫(2016). 愛を紡ぐこころ 円滑な男女関係のためのコミュニケーション., 立正大学心理学部創立15周年記念公開講座
Ikuo DAIBO, Kazumi OGAWA, Xinhua MAO, Ken FUJIWARA and Heejung PARK(2016). Accurate Nonverbal Communication in Interpersonal Settings., ICP2016, Yokohama
学会等および
社会における主な活動
日本心理学会理事
日本感情心理学会顧問
日本心理学諸学会連合心理学検定局顧問
日本顔学会顧問
大阪大学科研費相談員

マスコミ・報道関係の方へ

学位 文学修士
専門 対人社会心理学(対人コミュニケーション、対人関係の発展と崩壊、コミュニケーション・スキル・トレーニング)
コメント 職場やコミュニティでの対人関係のトラブルとその解消、世代閑のコミュニケーションのギャップ、それに関連するコミュニケーション力(スキル)の向上法、親密な対人関係の形成、回復について、また、顔の美意識等についての社会心理学的解説
ジャンル 心理/コミュニケーション(非言語)/恋愛/顔/対人関係 
<報道関連>
出演・掲載一覧
日本テレビ(所さんの目がテン)、朝日放送(ビーバップ!ハイヒール)、NHKBS、山形放送(TV、ラジオ)、朝日新聞(科学欄)、山形新聞 他
検索キーワード コミュニケーション力、対人関係、恋愛、魅力、顔


ページトップへ