モチベーション行動科学部

HOMEモチベーション行動科学部プロジェクト紹介

プロジェクト紹介

東京未来大学の学びは、教室にとどまらない。
[プロジェクト体験]も教育の一環です。
仲間と意見しあいながら、フェスティバルを築く、動かす。企業や地域社会と連携しながら、新しい価値を創造し、発信する。
ときにはキャンパスどころか日本を飛び出して、海外で経験を積む。
体験型の学びには、アタマだけではなく、カラダで吸収できるダイレクトな手ごたえがあります。

PROJECT 01
スタートアップセミナー

入学前研修で、社会で生きる基礎を学ぼう。
入学前に行われるスタートアップセミナーでは、企業の新人研修をベースにしたオリジナルプログラムで、あいさつの仕方からプレゼンテーションやチーム運営の手法までを、社会へ近づく第一歩として学びます。
チーム対抗ゲームなど、自然に盛り上がる刺激的な内容です。
また、同級生や先生とも十分なコミュニケーションをとるので、入学式はもちろん、4月からの授業も安心して迎えることができます。

塙 駿介さん

大学生活のすべてのはじまり、スタセミ。
新入生をサポートすることで、自分自身も成長したい。
塙 駿介さん
3年
神奈川県立大原高等学校出身

ずっとスポーツ一筋。将来に向けて社会で役立つスキルを鍛えたいと考え、未来大へ。そんな大学生活の始まりがスタセミでした。不安と緊張でいっぱいだったのを察してサポートしてくれたのがスタセミスタッフの先輩たち。心強かったです。一年後、自分も新入生を支える側になりたいと、スタセミスタッフに。心がけたことは、新入生目線で話すこと。一年前自分が緊張したことを思い出しながら接しました。たった3日間だけど、クラスがまとまり、新入生の変化を感じるスタセミ。いつの間にかスタッフの自分も成長していました。

PROJECT 02
三幸フェスティバル

フィナーレでは、達成感で涙が。この経験を生涯の宝に。
東京未来大学の人材育成における最重要プロジェクトの一つ“三フェス”。全員が本気で参加し、学部学年を超えたチームメイトが、チーム対抗の「競技」「パフォーマンス」「応援」のパートで結束します。協働するなかで生まれる山や谷を乗り越えるからこそ、フィナーレでは達成感と感動で自然と涙がこぼれます。社会に出て仲間を巻き込み楽しく働くためにも、プロジェクトを企画・運営するダイゴ味を味わってください。

田島 明莉さん

みんなが練習に来てくれるには、どうしたらいい?
わたしの人見知りな性格に、ヒントが!
田島 明莉さん
3年
宮城県私立東北学院榴ケ岡高等学校出身

チームの総数95人。初期の練習参加人数は30人…。パフォーマンスリーダーだった私は、どうすればもっとみんなが興味を持ってくれるんだろうと悩みました。私はもともと人見知りで、前に出るタイプじゃない。でも、誘われたらやろうかなって思えるタイプ。私みたいな人もいるのかも?と考え、積極的に呼びかけに走ることに。すると、参加者が急増。本番も大成功。また来年もやりたいって言ってくれた後輩も!リーダーなんて柄でもなく、何をするにも一歩ひいていた私にとって、変わるきっかけになった忘れられない経験です。

PROJECT 03
未来祭

お客様満足を追求して利益創出。事業づくりのトレーニング。
大学祭「未来祭」は地域密着型イベントです。
地域の方々や両親、知人など参加者に広く楽しんでもらうために、イベントや模擬店を企画。未来祭1ヶ月前 、1・2年生は大学から【企画運営費】を獲得するために、協賛企業や教職員に企画内容を提案する「未来祭企画プレゼンテーション」があります。サービスモデルを練り上げ、運営組織をマネジメントし、どう利益を上げるかを考えぬく。
事業化の絶好のトレーニングになります。

久代 香帆さん

宣伝部、結成! TwitterやInstagramなど、
SNSフル活用で、最優秀賞ゲット。
久代 香帆さん
2年
私立あずさ第一高等学校出身

クラス対抗の未来祭。絶対に最優秀賞をとりたいと、私の発案でクラスの宣伝部なるものを結成。最近は企業もTwitter等のSNSを販促活動に活用している。それを、ここでも活かしたいなと。続けるうちに、オシャレな写真はウケがいいとか、地道な投稿でフォロワーが増える等といったことが判明。その成果が実ったのか、本番当日、私たちのチヂミ屋さんは大繁盛!そして見事最優秀賞に輝きました!最初、自分が宣伝部やるなんて恥ずかしくて言えなかった。でも、まわりが背中を押してくれた。母からは「よくしゃべるようになったね」と言われました。未来大に入って、本当によかったです。

PROJECT 04
産学公金連携プロジェクト[商品開発]

倉持 優子さん

お菓子を通じて、足立区をアピールしよう!新宿高島屋での
『大学は美味しい!!』フェアでも大好評でした。
倉持 優子さん
2016年度卒業生
東京都立江北高等学校出身

地元企業と地元の信用金庫と足立区役所の協力のもと、共同で商品企画のプロジェクトを実施。学生主体で新商品・新サービスのアイデアを出し合いました。老舗ポテトチップスメーカー菊水堂と組んで企画した『ふりポテ』は製品化され、新宿高島屋で行われた『大学は美味しい!!』フェアでも大好評。
未来祭でも販売しました。また屋形船の濱田屋とのプロジェクトでは、お土産の乗船記念コースターを提案。ふりポテもそうですが、自分がデザインしたものが世に出る達成感は大きな自信に。就活の場面でこの話をすると「普通じゃできない体験をしたんだね」と人事の方々に驚かれました。


  • 「袋をもんで、ふって、好きなおかずにかける」
    という新しいコンセプトのポテトチップス

  • 屋形船の背景に東京未来大学のキャンバスが描かれた
    乗船記念オリジナルコースター

PROJECT 05
地域連携プロジェクト[こどもみらい祭]

小林 侑華さん

小学生と作り上げる『こどもみらい祭』。
今年は1,000人の地域の子どもたちとご家族の素敵な笑顔に出会えました。
小林 侑華さん
2年
群馬県立板倉高等学校出身

足立区の小学校と連携し、小学生約100名が2ヶ月間経済を学び、自分たちのお店を出店するという地域連携プロジェクト『こどもみらい祭』。事前準備として、小学校に行き、仕入・売上・利益の仕組みなども指導します。私の担当は装飾リーダー。不安でしたが、CAの先生に「リーダーは嫌われてなんぼだよ!」と、アドバイスをもらい、言いたいことはきちんと伝えるように。「風船が割れると子どもが泣いちゃうから気をつけよう」など、子どもの視点を大事にした装飾は結果的に大好評。そして昨年比140%増の来場者数。みんなの努力が実りました。

PROJECT 06
カタリ場

杉本 侑依さん

高校生の心に火を灯す、カタリ場。つらかった経験は、成長のチャンスだ。前向きになるメソッドを、まずは自分で体験。
杉本 侑依さん
4年
東京都私立杉並学院高等学校出身

「高校生の心に火を灯す」ことを目指すNPO法人カタリバと東京未来大学の特別プログラム。この取り組みの中には、自分の過去のつらかった経験を人前で紙芝居のように発表するというプログラムがあるのですが、最初は苦手でした。でも、泣きながら話す人や、意外な一面を見せる人の姿に、心が動かされた。高校生の中には、自分と似たような子もいるんです。相手の気持ちを考えるうちに、自分も一歩踏み出してみようと思えるように。地域活性のNPOに興味があり、行動しようと決めました。変わるきっかけの大切さ、身をもって実感しています。

PROJECT 07
海外留学

松野 和さん

サンフランシスコ、4週間。知らない文化にふれた。視界が広がった。言葉より意欲が大事だって教えてもらった。
松野 和さん
4年
東京都私立日本橋女学館高等学校出身

語学中心のプログラム。年齢も国籍もちがう個性あふれるメンバーと一緒に学びました。発表の時に声が小さくなってしまう私に「言葉の正しさより、意欲を前にだしたほうがいいよ」とのアドバイスが。語学力の不安は、やる気でカバーしよう。気持ちを切り替えました。ホームステイ先のご家族とは、水族館やキャンプなどいろんな場所へ。「ベビーシャワー」という赤ちゃんが産まれる前に祝うセレモニーにも参加。日本にはない文化でとても新鮮でした。帰国後、アルバイト先の雑貨屋の店長から「話し方が変わったね、イキイキしてるよ」と一言。留学の成果だったら嬉しいです。



ページトップへ