モチベーション行動科学部

HOMEモチベーション行動科学部人材育成プログラム

人材育成プログラム

感情をゆさぶる体験型の学び、「プロジェクト」。
授業内で行われるものだけがアクティブ・ラーニングではありません。
学生全員を、社会で活躍できる人材へ。楽しく刺激的に育てる「しくみ」なら、どの大学にも負けません。
6つのテーマ、24のしくみが、整っています。
人生にとって、本当に大切なことを、もれなく教えたい。その思いが本気だからこそ、具体的な「しくみ」へと実を結びました。
東京未来大学には、あいまいな人材育成観はありません。
生涯、胸を張って堂々と生き、社会で活躍しつづけるために、6つの育成テーマにもとづき、「24のしくみ」を構築しました。
人に働きかけ、人を勇気づけられる人材は、抽象的な想いでは育ちません。一貫したビジョンと体系が、人材育成の要なのです。

大学4年間を濃く生きる《しくみ》

1 2 3 4
入学前から卒業後まで。
生涯にわたり
学生の人生をサポート。
学業とプロジェクト。
両輪で走るからこそ、
生きた学びに。
あいさつからチームビルディングまで。入学前に学ぶ社会人への第一歩。 居場所があるから、
安心できる。
自由に学べる。
エンロールメント・
マネジメント
TFU人材育成
プログラム
スタートアップ
セミナー
担任のいるクラス制

柔軟な思考力・学力を養う《しくみ》

5 6 7 8
心理・コミュニケーション、経営、教育。異なる分野の学びが視野を広げる。 好きが見つかる。
夢中になるための
扉と階段がある。
頭も心も体も動かす。
主体的に学べる
体験型授業。
学生の成長を
本気で考え行動する
教員しかいません。
3分野の複合学習 興味・関心を
伸ばす学問領域
アクティブ・
ラーニング
人材育成にコミット
する教員陣

企業・組織で役立つスキルを学ぶ《しくみ》

9 10 11 12
人・組織・物事を
動かす難しさと
面白さを体感する。
予算獲得のプレゼンテーションからスタートする
というリアリティ。
オープンキャンパスで大学の魅力をPR。語る力・伝える力を鍛える。 企業に対して企画提案。
社会で通用する
実践力を磨く。
チームマネジメント
(三幸フェスティバル)
経営・事業運営
(未来祭)
企画・広報
(キャンパスクルー)
課題解決
(プレゼンテーション大会)

自分らしさを伸ばし就職する《しくみ》

13 14 15 16
個別面談をもとに、
学生の可能性を
伸ばす個別プランを。
自己分析から
業界研究まで。
「働く」を意識する日常を。
就職を
楽しく考える。
「キャリア専門のカフェ」
学部で目指せる資格から+αの資格まで盛りだくさん。未来への堅実なステップアップ。
1年次からはじまる
就職支援
年間100回の
キャリアガイダンス
キャリアカフェ 資格取得
サポート

大人とふれあい深く対話する《しくみ》

17 18 19 20
なんでも
相談できる
大学生活の伴走役。
教員との
会話の濃さが違う。
学びの充実度が違う。
社会で活躍する先輩に、
実際に働いてみないと
わからないことを聞く。
NPO法人と連携して、
高校生の心を
動かす取り組み。
キャンパス
アドバイザー制度
少人数ゼミ 社会人との座談会
「キャリアトーク」
特別プログラム
「カタリ場」

フィールドを飛び出して挑戦する《しくみ》

21 22 23 24
1年次春から、
有名大手企業や、
地元企業で就業体験。
足立区や他大学と連携し
合同文化祭などを
企画・運営。
たとえば、
地元企業とタッグを組み、
ヒット商品を目指す。
カンボジアで
小学校・孤児院の
子どものための活動を。
インターンシップ 地域連携 産学連携プロジェクト 海外ボランティア
TFU人材育成プログラム
アクティブな学びは授業だけにとどまりません。「プロジェクト」というもう一つの大きな軸を設け、授業中心の「教学」と、「プロジェクト」の両輪を回し続けることで学生の人材育成を行っています。
プロジェクトを通じて、小さな成功体験をくり返し、少しずつ自信をつけていく。仲間と助け合うなかでチームワークの大切さを知る。
一歩踏み出して挑戦することが、またひとつ自分を成長させる。
4年間で経験する感動体験は、“誰かの役に立ちたい”というマインドを育て、社会で必要とされる人財へと導きます。

point1 夢中に出会える扉、多数あり。

出会いが多くなければ、「夢中」は見つかりません。本学には、のめりこめるチャンスの扉が、たくさんあります。
街を歩く授業を通して、モノが売れる仕掛けをどれだけ体で学ぶだろう。季節のイベントを通じて、プロジェクトを動かす興奮をどれだけ味わうだろう。インターンシップや社会参加で、社会人の知恵をどれだけ吸収し、どれだけ豊かな人脈を築くだろう。
本学は、〈プロジェクトサイクル〉と〈教学サイクル〉との相乗効果により、知識だけではなく、体験で人間の幅を広げます。

point2 大学4年間の活動のすべてが、履歴書に書けます。

就職活動のための、不自然な課外活動はいりません。本学の学びには、人につい自慢したくなるような貴重な体験があふれています。人と人が語りあい、協力しあい、動かしあうプロジェクトが段取り力やチームで協働する力を育み、また、インターンシップや社会参加がコミュニケーション力や実践力を養います。これらの体験すべてがアルバイトや課外スクールに代わる経験となります。

point3 対話型の授業。みんなで授業をつくります。

アクティブ・ラーニング=能動的学習は、なにもプロジェクトやイベントだけを指すのではありません。代表的な手法は、対話型の授業です。間違ってもいい、「私はこう思います」「こんな経験があります」と学生が積極的に発言しやすいように、一方的な講義ではなく、学生が教壇に立ったり、発表したりする機会を設けています。学生全員で授業をつくる、というやり方です。



ページトップへ