モチベーション行動科学部

HOMEモチベーション行動科学部インターンシップ

インターンシップ

Q. 1年生のインターンシップ参加率が100%って本当ですか?

本当です。
クラスメイトみんなで参加するから、
安心して「シゴト体験」ができます。
大学生活にもすっかり慣れた1年生の終わり頃。本学とも縁の深い会社、株式会社リンクアンドモチベーションにクラスメイトみんなで訪問します。「働くとはどういうことか」「仕事で感じるやりがいとは」社員の方々から伺う熱のこもった話に大いに刺激を受けます。まだまだ先だと思っていた“働く”ことを意識するキッカケになります。そして次は2 年生の2 月、株式会社ローソンのインターンシップです。訪問型ではなく、学内開催で、人事の方が本格的なプログラムを用意してくださいます。程よい緊張感の中で触れる「ビジネスの実像」に多くの学びや発見を得ることができます。この他、希望者には様々な業界のインターンシップを準備。自分のペースでチャレンジができます。
本学部のインターンシップは、1年生から
ホップ・ステップ・ジャンプ! でシゴト体験が
できる仕組み。就職力で、他大生に差をつけよう。

モデルケース紹介

実際のインターンシップは、どんなスケジュールでどんなことをするの?

1年次の春から、さっそくスタートです。

松田一将さんの場合
4年 東京都 私立昭和第一高等学校出身

所属ゼミ
教育系ゼミ
インターンシップ経験
4社
興味のある業界
まだしぼれていない
将来像
仕事のデキるダンディな大人

1年生 2月 まずは行ってみる!

リンクアンドモチベーション 【経営コンサルタント】
スーツを着て、クラス全員で銀座へ。
銀座のど真ん中ですが、いつもの仲間と一緒なので心強い。アルバイト先の先輩から「1年のうちからインターンシップなんてすごい!」と驚かれました。とても貴重な経験なんだと改めて実感。

2年生 2月 仕事を知る!

LAWSON 【コンビニエンスストア】
いつもの教室で参加する学内インターンシップ。
人事の方が店舗経営者で学生は社員(経営コンサルタント)という設定で、店舗改善を提案する実践的なグループワーク。丁寧なFBをいただき、いい経験に。他大生とやることをイメージすると、危機感も芽生えてきた。

3年生 8月 他大生に混じって挑戦!

三井住友銀行【都市銀行】
エントリー型のインターンシップに、勇気を出してチャレンジ。
未来大には希望者向けのインターンシップの枠もたくさんあります。金融、人材コンサル、不動産、ブライダル、教育業界など、自分が興味のある業界のインターンシップに挑戦できます。早い人は1年の夏から、何社でも可能。僕は三井住友銀行のインターンシップへ。

インターンシップを終えての感想
自分のペースで階段を登ったので、毎回成長が実感できた。
すべての景色が新鮮だったリンクアンドモチベーション。社会人の方とはじめて1対1で話をしたローソン。他大生とはじめて一緒になった三井住友銀行。参加してみて思ったことは「未来大で学んだことは通用する」ということです。1年次必修の「プレゼンテーション」の授業で学んだ企画書づくりのスキルや、数々の人前で発表する機会など、役に立つことばかり。他大生とのグループワークも怖くありませんでした。これから就職活動が始まりますが、金融業界にも興味が。三井住友銀行の方にお会いして「あんな大人になりたい」と憧れを抱いたからです。働くことへの意欲がどんどん高まってきました。

マイインターンシップ

日本に何校あるのかな。有名企業のシゴト体験を、学生に用意できる大学。
東京未来大学の母体である「学校法人三幸学園」が築き上げた信頼関係をベースに、業界をリードする多くの国内有名企業が中身の濃いプログラムを提供。毎年たくさんの学生が、リアルビジネスにふれることで、かけがえのない経験と自信を手に入れています。
ACQUA GRAZIE 株式会社ツカダ・グローバルホールディング
華やかさの裏側で目撃したのは、努力を感じさせない努力。
プロフェッショナルの美しさです。

阿部 みずきさん

ブライダルという華やかな世界。しかしながら、実際の仕事現場を見て感じたことは「花嫁さんのサポートは大変だ!」ということです。まず、大切なセレモニーを彩るお仕事なので、マナーや礼儀が大切。立ち姿、髪型、服装などすべてが美しく整えられていることが大前提。一番驚いたことは、ドレスがとっても重いということ。華やかなイメージの裏側には、プロフェッショナルの“努力を感じさせない努力”があるんだと実感しました。

阿部 みずきさん(2年)
千葉県立 国分高等学校出身

野村證券株式会社
変わり続ける世界の中で、正しい知識を持つことの大切さ。
課題をたくさん持って帰ってきました。

杉田 百合夢さん

「1年生から野村證券のインターンシップに行けるチャンスがあるなんて、絶対にチャレンジしたほうがいい。」背中を押してくれたのは父でした。東京証券取引所見学など、普段見ることのない風景はとても新鮮でした。一方で自分の課題も浮き彫りに。社員のみなさんの知識量や視野の広さに圧倒されたんです。私も普段から新聞やニュースをしっかりチェックしようと反省。何よりも大きな収穫でした。

杉田 百合夢さん(2年)
千葉県立 市川昴高等学校出身

佐藤 らんかさん

東京オリンピックが終わったあとの日本の未来を考える。
金融業界のことや証券会社の仕事についての講義にはじまり、日銀や情報通信社の見学など、盛りだくさんの内容。印象に残ったのは「オリンピックに向けた日本の課題」というテーマでのディスカッション。社会の動きを知り、自分で考えることの大切さを改めて感じました。

佐藤 らんかさん(4年)
神奈川県立 横浜桜陽高等学校出身

村山 勇太さん

なんとなくのイメージが、ハッキリした現実に。
未来を具体的に考えた。
不動産業界の仕組みと仕事。ぼんやりしていたイメージが明確になり、具体化して考えられるように。また、普段会えないような社会人の方との出会いも新鮮でした。「興味があるとかないとか、よく知らないうちに決めないほうがいい。迷ったら行っとけ!」と、背中を押してくれたCAの先生の言う通りでした。

村山 勇太さん(4年)
東京都立 橘高等学校出身

鎌形 透伊さん

僕らが生きる地域社会は人と企業の地道な努力で、
支えられている。
たとえば、地元のお菓子メーカーさんの展示会を兼ねたビジネス交流会を主催する現場。市場でお客様に寄り添って支援している現場。信金ならではのやり方で地域と連携し地域の活性化に取り組む姿に感銘を受けました。百聞は一見に如かずとはまさにこのことだと思いました。

鎌形 透伊さん(4年)
東京都 私立和光高等学校出身

藤牧 紗江さん

大阪府の中学生の学力向上のためには、何をすべき?
2週間のプログラム。あえて苦手な「調査研究コース」を選択しました。分析など数字には苦手意識がありましたが、やってみると案外おもしろい実際の学力調査のデータを使い「大阪府の中学生の学力向上」の提案をおこないました。他大の学生とも一致団結でき、忘れられない経験に。

藤牧 紗江さん(4年)
静岡県立 大井川高等学校出身

加世堂 楓さん

いつもの授業、スタセミスタッフの経験、
ぜんぶ役に立ちました。
有名大学の学生に囲まれて一瞬びっくり。でも進めていくと、未来大の学びが通用するんだということを実感。PREP法など知っていることはどんどん共有しました。また、自分はアイデアを考えることが得意なんだということもわかってきた。自信をつけることのできた5日間でした。

加世堂 楓さん(4年)
熊本県立 水俣高等学校出身

成田 萌子さん

企画100本ノック。
実践的に課題を解決する面白いグループワーク。
「筋肉質な男性ばかりの会社に女性を採用するには?」「化粧品会社で男性社員に入社してもらうためには?」など、リアリティのある採用課題に対して解決策を導き出すグループワーク。人材業界にはざっくりしたイメージしか持っていませんでしたが、企画の仕事の面白さを実感。

成田 萌子さん(4年)
東京都立 江北高等学校出身



ページトップへ