モチベーション行動科学部

HOMEモチベーション行動科学部インターンシップ

インターンシップ

Q. 1年生のインターンシップ参加率が100%って本当ですか?

本当です。
1年生から段階的に「シゴト体験」を
積んでいくしくみがあります。
大学生活にも慣れてきた1年生の夏。
本学とも縁の深い企業、株式会社リンクアンドモチベーションに
クラスメイトみんなで訪問します。
「働くとはどういうことか」「仕事で感じるやりがいとは」。
社員の方々から伺う熱のこもった話に大いに刺激を受けます。
まだまだ先だと思っていた“働く”ことを
意識するキッカケになります。
この他、希望者には様々な業界のインターンシップを準備。
みんなと行くからこわくない。
自分のペースでチャレンジしながら
就職力で他大生に差をつけよう。

インターンシップのしくみ

実際のインターンシップ、どうやって参加するの?モチベ限定!全員参加型インターンシップ

モチベーション行動科学部全員で参加するインターンシップ。1年生の8月という早い時期から“働く”を体感します。仕事とは、会社とは、社会人とは。スタンスや基礎知識などの働く基本を吸収します。

企業を知る・人を知る

1年生 8月訪問型1DAYインターンシップ

リンクアンドモチベーション
1年生全員で本社のあるGINZASIXへ。コンサルティング企業ならではの企業を考察する視点や社員の実態に触れる新鮮な1日。若手社員の方との座談会も盛り上がります。

仕事を知る・ビジネスを知る

2年生 2月大学内1DAYインターンシップ

小売サービス企業
実際のリアルなデータを用いながらマーケティングや戦略プランニングなどを疑似体験。日々の授業でもおなじみのグループワーク。仕事とビジネスに触れる濃い1日です。

※2015・2016年度実績:ローソン

1~3年希望者 大学推薦インターンシップ

東京未来大学の学生用に参加枠を設けていただいている企業のインターンシップ。金融、人材コンサル、不動産、ホテル、教育業界など、自分が興味のある業界のインターンシップに1年次からチャレンジできます。未来大生のみのオリジナルプログラムもあれば、他大学の学生に混じって参加するプログラムもあります。希望すれば何社でも参加可能。

6月説明会

どんな企業の募集があるのか、どんなプログラムがあるかを知る。気になるものがあれば、志望理由書を提出する。

7月学内選考

各社定員があるため希望者が多い場合は選考があります。

7月事前研修

知っておくべき企業情報を事前にインプットするなど、安心して当日を迎えられるように徹底した前準備をおこないます。

8月・9月 (夏休み)インターンシップ

インターンシップ本番。実際のお客様訪問や、他大学の学生とのグループワークなど、企業によってプログラムは異なります。

インターンシップ協力企業(50音順)

10月事後研修

経験したことをしっかり振り返ることで経験を学びとして定着させます。就職活動本番に向けて、自分の強み・弱みを整理するきっかけにも。

11月成果報告会

成果報告会企業の方をお招きしてインターンシップの成果を発表。

1年次から段階的に
「働く」と向き合うしくみで
就職意識を育みます。

インターンシップに参加するということは、自分に合う仕事や、自分らしい働き方を発見することでもある。
1年次から自分のペースで参加できるからこそ、自分らしい未来のフィールドを見つけることができます。

杉田さんの場合

百聞は一見に如かず。
ブライダル、金融、コンサル、ホテル。
いろんな業界、のぞいてみました。

杉田 百合夢さん 4年 千葉県立 市川昴高等学校出身

1年の夏に3社経験。自信はありませんでしたが、未来大の学生用の参加枠があったので、「いっちゃえ!」と勢いで参加できたことが良かったです。プレゼン、グループワークなど、日々の授業の内容が活きることも実感しました。3年になると、就職を意識して、仕事やワークスタイルなど未来を想像しながらの参加。今は、自分らしく長く続けられる仕事がいいなと思っています。

江ノ島にコンセプト寮?
企画開発にチャレンジ。
他大学の学生とチームになり、新しいコンセプトの寮を企画するワーク。江ノ島にある実際の寮を見学し取材しながら、どんな寮を作ろうか想像を膨らませました。企画・開発の仕事は、具体的に作る前に、利用する人・働く人の思いを汲み取ることが大事なんだと実感。企画の仕事にも興味が出てきました。

阿部 みずきさん

難しいから、面白い。
高校や大学へのブランディング企画提案。
高校や大学を訪問し、困りごとなどをヒアリングしながら、提案のタネを探しました。利用されていない施設の活用やブランディングなど様々な企画を考えてみたものの、予算など現実的なハードルにぶつかり、提案営業の難しさと面白さを実感。他大学の学生とチームになって取り組んだことも大きな刺激に。

阿部 みずきさん 4年
千葉県立 国分高等学校出身

遠藤 雅之さん

お客様と事業、自分自身のためにも。
ブレない軸を持とう。
毎朝の日経新聞の読み合わせに始まり、東証や大手町本社の見学、証券市場や投資に関する講話、そしてグループワーク&発表という濃密な3日間。プロになるには、世の中を見つめる大きな視点も重要だし、一人のお客様を見つめる視点も重要だと実感。ブレない軸を持つ社会人になりたいです。

遠藤 雅之さん 4年
東京都 私立駒込高等学校出身

坂本 梨紗さん

私たちの社会を支えるインフラ企業は、
丁寧な仕事でできている。
ガスに関することやリフォームなど、取り扱う商材の多い会社。個人宅だけでなく老人ホームなど法人顧客にも同行。慎重に作業されている社員の方の横でただ見ているだけじゃ申し訳ないので、散らばるネジを拾い、整理して手渡し。褒めていただきました。プロの仕事を間近で見ることができ、学びの多い5日間でした。

坂本 梨紗さん 2年
埼玉県 私立浦和学院高等学校出身

金井 菜桜 さん

地域密着企業としての
「お客様のために」が息づく職場。
地域に関わる仕事に興味があり参加を決意。実際にお客様が見える窓口の裏で新規の通帳を作らせていただいたりと臨場感たっぷりのプログラムでした。「窓口だけでなく、一人ひとりが支店の顔。落ち着いた正確な事務と明るい表情を心がけています」と職員の方。顧客志向とは何かを体感できる職場でした。

金井 菜桜 さん 2年
群馬県 太田市立太田高等学校出身

三浦 栞奈さん

漏れないお弁当箱?
アイデアを形にする商品企画の舞台裏。
企画開発、営業、品質管理。各部門にインタビュー。全員が口を揃えておっしゃったのは、仕事が楽しいということ。「汁が漏れないお弁当箱」の企画では様々な意見交換を目の当たりに。風通しが良く一人ひとりが前向きな組織だからこそ、ユニークな商品をつくることができるのだと思いました。

三浦 栞奈さん 4年
千葉県 私立昭和学院高等学校出身

笹部 海希子さん

ただのお世話ではない。
人生を尊重することの大切さを感じながら。
訪問介護やデイサービスをおこなうわかばケアセンターでの5日間。食事や入浴の介助など様々な現場に同行。一番印象に残ったのは、利用者さんがこれまで歩まれた人生を尊重するという徹底したスタンス。私も人を想いやり、人に貢献できる仕事に就きたいと思いました。

笹部 海希子さん 2年
私立大東文化大学第一高等学校出身



ページトップへ