こども心理学部

HOMEこども心理学部学び紹介

学び紹介

面白い大学とは、学びが面白い大学のことですよ。
こども心理学部は、先生たちの研究テーマがユニークな学部です。
こども心理学部。またの名を、不思議発見学部と呼ぶ。
子どもの心、人間の心は、不思議がいっぱいです。
子どもを通して人間の心理や行動を学ぶということは、
人間の不思議を論理的に解き明かすということ。
学びの好奇心が、どんどんあふれてきます。

犯罪者が子どもを狙う時間帯って、何時くらいだろう?

出口保行先生が、答えます。

夕方の公園は子どもでいっぱい。だから犯罪者が狙っている。みなさんは、そう思っているかもしれません。薄暗くなる時間が危険な気がして、母親たちも「暗くなる前に帰ってきなさい」と子どもに忠告する。
ところがデータを見ると子どもを狙う犯罪の多くは、じつは「15時台の通学路」、つまり小学校の下校時間で起きているのです。犯罪や少年非行には、このように間違った思い込みがたくさんあります。
また、そのような思い込みを根拠に、間違った防犯対策をとってしまっていることも少なくありません。
犯罪心理学の授業では、犯罪や犯罪者について正しく理解し、そのうえで犯罪や少年非行を未然に防ぐ方法を考察していきます。

担当授業
  • 少年非行の心理学
  • 犯罪の心理学
  • 非行犯罪特別講義
刑務所や少年鑑別所で、1万人の犯罪者を心理分析。足立区の防犯専門アドバイザーをつとめ、地域の犯罪予防に貢献。テレビ番組にも多数出演。元法務省心理職。

出産で女性が手にする幸せ。赤ちゃんの他に、なにがあるの?

小谷博子先生が教えます

出産で得られる幸せは、じつは赤ちゃんだけではなく、他にもたくさんの幸せやメリットがあるのです。ぜひ知っていて欲しいのは次の3つです。
一つは、女性の身体にいいということ。身体は出産によって再構成され、より丈夫に健康に、そして美しく生まれ変わります。二つ目は、ビジネスにも役立つスキルが身につくこと。育児経験によって、決められた時間の中で、繁雑に絡み合う多くのことを確実に迅速に処理する能力、人を上手に動かすマネジメント能力が身につくのです。三つ目は、精神的な安らぎを得られることです。子どものためにやっていることが、実はママのストレスを軽減し、リラックスした精神状態へと導いてくれます。
赤ちゃんはあなたへのたくさんのプレゼントを持って産まれてくるのです。

担当授業
  • 発達障害学
  • 発達生理心理学I・II
博士(医学)。育児を科学的にとらえる「育児工学」の専門家。出産による女性の脳機能の変化について研究中。

電車で急に眠くなったことない?それはね、電車がママの胎内と似ているからだって。

竹内貞一先生が、答えます。

それまでは眠くなかったのに、電車に座ったとたんモーレツに眠くなったこと、きっと誰もがあるのではないですか。あれには心理学的な理由があるのです。
ゴー、カタンカタンという電車が走る音が、じつは母親の胎内の音によく似ているのですね。「ゴー」は母親の血流の音で、「カタンカタン」は母親の脈拍の音。それが人間の深層心理に残っていて、耳にすると胎児時代に退行してしまうのです。
親が発する音の幼児への影響は大きく、たとえば親が抑揚をつけて語りかけるだけで、赤ちゃんは手足をバタバタとさせます。
このように、子どもは元来、音楽的な存在なのだととらえ、音楽は子どもの発達とともにある、と考えることが重要です。

担当授業
  • 子ども音楽
  • 音楽表現指導法
専門分野は、音楽教育、音楽心理学、芸術療法。臨床心理士として、スクールカウンセラーや教育相談、小児医療における心理療法・査定に携わる。

空気を読める人、読めない人。違いはどこから?どっちがいいの?

大橋恵先生が教えます

なぜ日本人は、自分の主義主張ではなく、その場の流れや空気に同調する傾向が強いのか?なぜ日本人は謙遜するのだろう。その方が好感をもたれるからだろうか?私の授業では、空気を読むとは何か?なぜ空気を読んでその空気にあわせる同調が起こるのか?そのメカニズムを学んだり、集団の力や没個性化について考察したりします。
社会心理学の基本テーゼは、ずばり、「人は状況の影響を強く受けている」です。たとえば、授業中に先生が書いた字が間違っていたとき、あなたは「違っていますよ」と発言しますか。
それとも、変だなと思いつつも、周りのクラスメイトたちが黙っているから、自分も静かにノートを取りつづけますか。自分自身の行動や感情を振り返りつつ、状況が与える影響力について考えていきましょう。

担当授業
  • 集団の心理学
  • 社会的認知
  • 文化心理学 など
博士(社会心理学)。専門分野は、社会心理学、文化心理学。社会調査やアンケートや実験室を使っての実験を用いて、日本人の心理について研究している。

眼球運動で、トラウマが治るの?心って不思議だなあ。

藤本昌樹先生が教えます

私は子どもの発達やトラウマ治療、家族への支援を研究していますが、じつは心の状態を改善するのは言葉によるカウンセリングだけではありません。身体的な刺激や働きかけで、心の状態は改善するのです。
特に子どもは言葉を駆使することが難しいので、身体への働きかけは効果的ですね。たとえば、眼球運動をつかったEMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)。WHO(世界保健機関)で認められた先進的心理療法も取り入れています。
EMDRとは、動く光の点を目で追いながら、過去の出来事を想い起こし、心や体の変化を感じたらそれに焦点を合わせて、トラウマを処理していく方法です。体に働きかけると、成長がいちじるしい子どもにはすぐ反応が見られるのです。

担当授業
  • 家族の心理学
  • 心理療法基礎
  • 乳幼児心理学(演習)など
博士(看護学)、臨床心理士、社会福祉士、精神保健福祉士。スクールカウンセラーや、小児科等で子どもと家族へのカウンセリング・心理療法を実践。主な著書は「子どもの成長を支える発達教育相談」など。

切って、貼って、描いて、塗って。図工作品から、子どもの心がわかるんだって。

木内菜保子先生が教えます

低年齢の教育者や、子ども関連の仕事に従事する人は、子どもを見る目を鍛えなくてはなりません。その子の将来の可能性を担っているのですから、その子の個性を理解せず、あいまいに接するのは無責任です。
私が教える子ども美術では、子どもが遊びでつくるような図画工作を、学生が実際に体験することで、幼少期の気持ちを思い出してもらい、子ども目線でモノゴトを考えるきっかけにしてもらいます。
子どもの図工を体験することで、子どもと遊ぶ手段を学び、作品を心理学的に分析することで作り手である子どもの個性を知るのです。図工作品は、子どもの想いの写し鏡なのです。子どもを理解するうえで、重視しなければなりません。さらには、道具の使い方で子どもの成長を感じ、「上手だね」と達成感を与えることの大切さを学ぶなど、教育者として必要な能力も同時に身につけていきます。

担当授業
  • 子ども美術
  • 造形表現指導法
  • 幼稚園教育実習 など
子どもと作るワークショップやビジュアル言語をテーマに表現教育を研究している。「チャレンジすることで得られるものの大切さを、学生と分かち合いたい」が教育方針。

子どもが字を早く覚えること。いいとは限らないって、どうして?

佐々木由美子先生が教えます

最近は小さな子どもに早くから教育を行う家庭が増えてきました。3歳で字が読めるという例も少なくありません。では、そんな子どもが増えると、何が起こるのでしょうか。
たとえば絵本を与えたとします。まだ文字が読めない子どもであれば、物語を読んでもらいながら絵を楽しみます。絵から自分の世界を作り、何度も同じ絵本を楽しむのです。しかし文字が読めるようになると、文字に気を取られ、言葉のリズムを楽しむことや、絵から想像することが少なくなります。これって子どもにとって本当にいいことでしょうか?
子どもの時期には、子どもらしく遊ぶことがとても大事。実際子どもらしくたくさん遊んだ子のほうが、学力が高いという調査結果も出ています。早期からの勉強も重要ですが、子どもには子ども時代にしかできない体験を多くさせることが大切なのです。

担当授業
  • 子どもと言葉
  • 環境指導法
  • 子ども文化
子どもという存在と子ども独自の世界に惹かれ、子どもの文化・文学を中心に研究。子どもの物語受容のあり方や、こどもの育ちと文化の関わりが研究テーマ。著書は『保育における子ども文化』(共著)わかば社、他。


ページトップへ